ステップアップと収入アップ

行政書士資格を取ると決めたとき、やはり気になった「行政書士の年収」も調べました。すると、同じ資格を持っていても年収はバラバラ。
平均的な数字としては4~500万円ぐらいで、稼ぐ人は1,000万円以上の年収も可能だということがわかりました。

行政書士の主な業務は書類の作成です。弁護士や司法書士、税理士、弁理士でなければダメという、各士業法で制限されるもの以外は行政書士の業務範囲であり、扱える書類の数は1万点以上あると言われています。
正直なところ行政書士として仕事をしていても、どこにどんな仕事が潜んでいるのか把握しきれてはいません。報酬についても裁量は任されていますから、「低単価の仕事を数多くこなして稼ぐ」か、「高単価の仕事を選んで稼ぐ」か、自分で自分の方針を決めることもできます。

ただ、アドバイスを聞いてなるほどと思ったのが、早めに専門分野を見つけたほうがいいということです。
例えば「起業のお手伝い」。会社設立に関われば、初期の手続きから事業開始後も長く付き合いが続きます。信頼を得れば、新規のオーナーと知り合う機会も増えて安定収入が見込めるわけです。扱える分野が広すぎるので、一人ですべてをこなすのは不可能です。専門分野をつくったほうがお客さんも呼びやすいし、長いお付き合いもできるんだよと聞いて、そのとおりだと思いました。

また、行政書士は独立開業型の資格ですが、全員が独立開業しているわけではありません。
意外なことに別の仕事(従来の仕事)の傍ら、アルバイトで仕事をこなしているケースがあるのです。ピンとこないかもしれませんが、資格取得直後からしばらくの間、先輩行政書士に弟子入りして稼ぐこともあります。
その間にスキルアップと営業努力も重ねれば、スムーズな独立開業ができる、というわけですね。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら