予備校に通学するべきか

行政書士の試験を受けるに当たり、予備校に通学するべきか迷うところだと思います。
受講料が高い上、時間も拘束されるので、リスクも非常に高いので迷ってしまいますよね。それでも確実に合格する可能性を上げたいのなら、予備校も検討してよいと思います。

ただし、予備校が行っている通信講座は避けたほうが良いと思います。予備校を受講するなら、必ず通学して、生の講義を聞かなければ効果が薄いと思います。

というのも、予備校は通学の生徒を合格させるノウハウがあっても、通信の生徒を合格させるノウハウはないからです。なぜなら、予備校は講義が中心となり、多少教材が悪かったとしてもそれで成り立ってしまうので、教材の質がそれほど高くないのです。
例えば、テキストは白黒で文字が中心となり、DVD講義にしても撮影方法が悪く、それを長時間見て勉強することは困難です。

さらに受講料は通学と同等の金額設定をしているので、通信講座専門の学校と比べ、非常に高くなります。
これにも理由があります。予備校というのは学校を持っていて、しかも駅前の好立地にあるので賃料が高く、講師も常駐させなければいけないので人件費もかかります。そうなってくると、通信の受講料を安くしてしまえば、そちらに生徒が流れ、通学してくれなくなり、経営が成り立たなくなります。だから受講料が高いのです。
一般的には、高ければ良いもの、安ければそれなりのもの、というイメージがありますが、資格学校の世界ではその常識は通用しないようです。予備校を利用する場合は、必ず通学しなければ期待するだけの効果はありません。

また、もう一つ注意してほしいのが、生の講義を聞けるかということです。
学校や通学する時間帯によってはビデオ講義しか受けられないところもあり、それでは高いお金を払って通学している意味はなくなります。
必ず、受講する前に生の講義が聞けるか確認して下さい。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら