仕事内容の実例

数年前にテレビで放送されたドラマに『カバチタレ!』というものがありました。主人公が行政書士で、その仕事がドラマの題材になっていたのですが、ドラマの中で取り扱われたテーマが以下がこれらです(※ストーリーは省略します)。

  • 内容証明・緊急避難・違法性の阻却(第1回)
  • 競売(第2回)
  • 労災保険・示談(第3回)
  • 心裡留保(第4回)
  • 道路交通法(第5回)
  • 供託(第6回)
  • 債務不履行・因果関係(第7回)
  • 偽装離婚・私文書偽造罪・親族相盗例(第8回)
  • 親権・監護権・略取・誘拐罪(第9回)
  • 強制わいせつ罪・傷害罪・暴行罪・非弁行為(第10回)
  • 正当防衛・不法侵入・監禁罪(最終回)
普通にドラマを観ている人たちは、これら個々の法律について理解してはいないはずです。さらにドラマの中でも、どこまでが行政書士の仕事なのか、正確にわかるようにはなっていません。
ただ、何となく“人の暮らしがあればそこには行政書士が関わる場面がある”んだな、と感じられるようにはなっていたはずです。題材だけ見ると弁護士か刑事ドラマのようですが、行政書士が主役でも、こんなにテーマがあるのです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら