仕事内容

行政書士の仕事とは、実際にはどのようなものなのか。
基本は大事ですから、オフィシャルなサイトを見てみましょう。『日本行政書士連合会』です。ここに記されている行政書士の定義というのは、「他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。」といった内容です。

どうです、わかりましたか? よくわかりませんよね(笑)

では、具体的な仕事はというと、最も身近なものでは車庫証明があります。
また、新興住宅地などでは、住宅に隣接して農地が点在していることがあります。例えば、地主さんが持っている農地を転用する際に必要な申請書類を作ったり、申請代行を行ったりするのも行政書士の仕事です。
他にも、飲食店や喫茶店の開店準備、廃棄物処理業や自動車解体開業を始める場合などに、複雑な申請手続きが必要となるものを代行することもあります。これらは「民」の立場で役に立つ(わからないことを代わりにやってくれる)ばかりでなく、「官」の側からも業務の効率化が図れる(素人に手続き方法を一から教える必要がない)ので、行政書士は重宝がられるんですね。
例えば、さまざまな活動を行うNPO法人が注目されていますが、その設立に関わることもありますし、株式会社や社会福祉法人、医療法人、学校、組合などの設立手続きの代理業務も重要な役目です。
市民と行政をつなぐジョイントとして、幅広い業務をこなすのが「行政書士」と言えます。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら