効果的な勉強法②覚える

「学ぶ」の次は「覚える」です。
「学んだこと」は忘れます。でも、覚えたことは忘れません。つまり、忘れないように頭にしまうという作業が「覚える」ということでしょう。

「覚える」時の勉強法は単純です。繰り返すというだけ。
一度見たDVDをもう一度見る、一度やった部分のテキストを再度読む、覚えられない法律用語をノートに書く。どれもはっきり言って退屈な勉強ですよね。しかも疲れます。私にとっては、最も脳を使ったという疲労感を味わう作業でした。行政書士の勉強は法律を覚えるのが中心だから、正確な解釈が求められますし、解釈以前の基礎知識を詰め込まなくてはなりません。

「学ぶ」のに比べて、一度やった部分を繰り返すのは難しいことでした。話の大半は頭に入っているから、もうわかったよという気分になってしまうし、一回目に見て面白いと感じた話も繰り返しているとつまらなくなります。新鮮な気持ちで見ることはできませんし、そもそも行政書士の知識は、すごく愉快というものではありませんから。でも、覚えられていなければ、覚えるまできちんとやるしかありません。

私は、気に入った長編小説は間をあけて2度読むようにしています。一度目はストーリーが気になって、先を知りたいという気持ちですいすい読んでしまいます。でも、二回目に読み直してみると、前半にクライマックスにつながるヒントが出ていたり、何かの導入があったりするし、細かい表現の美しさに気づくこともあります。結末を知っているだけに、詳細な部分に神経が行き届くようになるんです。

これを「覚える」勉強法に当てはめて考えると、一度目には見落とした部分や覚えきれなかった部分を探す作業として見ることができます。つまり、違った角度から見るということです。すると、一度見たものでも面白くなります。うる覚えだった箇所が鮮明になり、もやもやしていたものがなくなっていって、だんだんと、晴れ晴れしい気持ちになっていく感覚があります。

「覚える」時は、積極的に五感を使うように心がけました。これもフォーサイトから学んだことのひとつです。音楽を聴きながら勉強したり、自宅だけでなく、カフェやファミレスでと場所を変えたり、テキストを音読したり、自分で音読したテープを聴いたりしました。テープから聞こえる自分の声は、他人の声に聞こえました。フォーサイトの教材では、DVDを見たり、CDを聞いたり、テキストを読んだり、同じ箇所の繰り返しでも、シチュエーションや方法を変えることで、より記憶に定着するようになります。

いつも、これってなんだっけとか、ここで先生笑うんだよなとか、何でもいいから考えながらやるようにしました。すると、「覚える」作業をしながら、考えていることに対する答え合わせができて楽しくなります。

そして最終的には、どんな工夫をしても飽きてしまうときがきます。それが、その箇所を「覚えた」ということです。全ての内容がそのようになったら、ほぼ完成と言えるのかもしれません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら