効果的な勉強法③確かめる

続いてのパートは「確かめる」です。
これには、「覚えたこと」が本当に覚えられているか確かめることと、その覚えたことを長期記憶として定着させる2つの目的があります。

「確かめる」ためには、もっぱら問題を解きます。フォーサイトの教材で言えば、確認テストの部分です。私の場合はそれ以外に、自分で覚えられない用語の暗記カードのようなものを作っていました。行政書士の知識は覚えることが多いから、確かめないと自分でも順調に勉強が進んでいるのかどうかわからなくなってしまうんです。

「確かめる」作業自体は簡単なことです。頭に入っているものを出すだけだから、すぐにできますし、できなかったらすぐにわかります。頭に入れるよりもはるかに単純で、その分体力も使いませんし、緊張感もありません。だから、長時間耐えられる勉強でもあります。問題を解くのは楽しいし、「覚える」作業は長時間の集中力を保つのが本当に大変ですからね。

最初に書いた2つの目的のうち、覚えたことを長期記憶として定着させる、というのは、正解することができればとりあえずOKと考えました。だから、それ以上の体力は奪われません。

問題はもうひとつの、本当に覚えられているか確認することです。
本当に覚えられているか確認した結果、覚えていたならそれで良いのですが、覚えられていなかったら、そこから「覚える」作業をしなくてはなりません。覚えていなかったということを発見したら、その場で解決しなければなりません。比較的楽な勉強である問題を解くということから一転して、「覚える」作業に戻らなければなりませんから、体力を使うことになります。でも、「確認する」作業の中で、もっとも重要なのはこの部分だと思います。覚えないわけにいきませんから。

もう一つ、当たり前のことだけれど、正解すればよいというものではありません。あてずっぽうで正解したものについては、覚える作業に戻ります。ここで自分を甘やかすと、結局は勉強が進まないことになります。「確認する」ことは、問題を解いた後が本番です。行政書士試験に出るような法律知識は、適当に覚えていたのでは役に立ちません。

「学ぶ」「覚える」「確認する」「覚える」「確認する」「覚える」「確認する」…。この繰り返しを、納得できるまで何度も行うことになります。繰り返すたびに、「覚える」ことがだんだんと減っていって、「確認」が、本来の意味である単なる「確認」に変わっていきます。
問題を解くのは、脳にとってはアウトプットです。それまでのインプットの勉強と逆の方向なので、ある意味脳を休ませることにもなると、私は考えていました。だから、ちょっとした空き時間を使って確認テストをやってみることもありました。でも、間違った箇所については、きちんと覚えるために、後で時間を設定して、神経を集中させて取り組みました。

勉強の環境としては、「覚える」作業と同様にいろんなシチュエーションでやってみました。問題を解くだけなら時間も場所もわりと自由になりますから。いつも机に向かっているのが勉強だと思い込んでしまっていたら、もしからしたらこれだけの時間数の勉強はできなかったかもしれません。五感を使って勉強することを教えてくれたフォーサイトのおかげでもあります。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら