効果的な勉強法④過去問

行政書士試験の勉強法の最後は、「過去問」で締めくくります。
「学ぶ」「覚える」「確かめる」は、3つでセットのものでした。でも、「過去問」は独立しています。独立しているんですが、「過去問」自体の中に、「確かめる」→「学ぶ」→「覚える」が含まれてもいます。だから締めくくりという言葉を使ってしまったけれど、まとめですね。私の場合、全体の勉強量の半分以上を占めるのが「過去問」でした。

行政書士試験対策では、過去問は完全にできるようにならなくてはいけません。その理由は二つあって、ひとつは、似たような問題が毎年出題されるからで、もうひとつは、問題の解き方をマスターしなければならないからです。
過去問が完璧にできるようになれば、かなり合格に近づいていると言えます。

過去問を解くときは、はじめのうち、その答えを出した根拠も書き出していきましょう。これはフォーサイトから伝授されたことです。時間がかかっても、記憶をしっかり確認することができるから、それで力がつくといいます。

「過去問」にはすごく苦労しました。まず、問題を読むだけで時間がかかります。文章自体を理解して、問題の意図を読み解かなければなりません。それがけっこう大変で、かなり高い集中力をもって取り組まないと、文章の意味が全く頭に入ってきません。

「過去問」に取り組む前にも必死で勉強したけれど、試験問題を解くという段階は全く新しい行為です。変な話、知識があっても間違えることだってあります。何度も繰り返して、慣れていかなければ解けません。行政書士の試験が難しい理由のひとつは、この問題の形にもあると思います。知識だけではなく、解答力が求められるようになっていますから。

フォーサイトの教材では、「過去問」についても専用のテキストとDVDがありました。だから、安心して取り組むことができます。ここまでには勉強が進んで、それなりに努力してきたはずなのに、「過去問」にぶつかってみると難しくて、自信をなくしかけました。でも、それは私だけではないと思い直し、過去問も繰り返し勉強しました。

「過去問」を解くときは、テレビも音楽も消して、注意深く行うようにしました。試験と同じような状況をつくって練習するのが良いと思えたからです。とにかく、集中力、注意力、神経を研ぎ澄ませて取り組む時間になるはずです。もちろん、それ以前に知識が不足しているなら解けませんから、何度も戻って「覚える」作業をします。中途半端な知識では、行政書士試験をパスすることはできないんです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら