勉強を始める前にすべきこと

2回目の不合格に直面しても、私の決心は変わりませんでした。
でも、このまま独学で同じ勉強方法を続けていても、ずっと合格できないんじゃないかと感じました。まず、勉強方法から見直さないとダメだと。

もう一度インターネットを使って勉強法を調べるところから、3年目の挑戦を始めました。
どうすれば受かるのか。教材について検索すると、独学は難しいから、予備校に通うか、通信講座を受講するか、どちらかにしたほうが良いという意見が圧倒的でした。
予備校については考えたことがありましたが、会社を辞めないと通えません。合格するまでは会社は辞めたくなかったので、あきらめていました。
でも、通信講座については全く考えていませんでした。一度調べてみようと思い、見つかった通信教育の会社10社ほどについて、学費、教材の内容、フォロー体制、各講座の標準学習時間などを比較しました。ほとんど聞いたことのない会社ばかりだったから、それくらいやらないと何が良いのか、何が違うのか、わかりませんでした。

その後、良さそうな数社に資料請求をしました。資料が届くのを待つ間は、口コミをチェックしました。普段はあまり口コミは信用しませんが、行政書士については相談できる友人もいないので、自分の力で良し悪しを見極めなければならないと思いました。
資料が届いて、口コミもチェックして、行政書士の勉強のことや通信教育の会社について詳しくなりました。こんなにたくさんの通信講座があり、それぞれ特色のある教育を提供しているということに少し驚きました。こんなにニーズがあるということは、私のように独学で失敗している人がたくさんいるということなんでしょう。

送られてきた資料を比較して、私はフォーサイトという会社に決めました。

教材は、テキストのほかに、DVDとCDがついています。教材の内容は、講座選びの決め手になった項目のひとつでした。

3年目にしてようやく準備が整ったような気がしました。独学で勉強していたときとは全く気持ちが違います。
後は勉強するだけ、というような安心感を持ちました。独学だと、これを勉強すれば大丈夫だ、という気持ちになれなかったものですから…
あとは勉強時間の確保でした。やはり独学の間は勉強時間自体も足りていなかったらしく、今度は計画的にすすめなければなりません。送られてきた教材の中から、受講ガイドと試験の戦略について書かれた本を参考にして、計画を立てました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら