受験スケジュールと試験内容

行政書士の資格を取得するには、大きく分けて3つの方法があります。

  1. 行政書士試験に合格すること
  2. 弁護士・弁理士・公認会計士・税理士の資格があること
  3. 国家公務員または地方公務員として20年(高卒以上は17年)以上の経験があること
2と3については、行政書士としても業務に支障がない知識や経験をすでに持っていると判断される人たちです。そのため、あらためて試験を受ける必要がないとされています。

しかし、行政書士を目指す20~30代の人たちのほとんどは、2と3の条件に当てはまりません。したがって、試験を受けなければならないわけです。


まずは、受験スケジュールと行政書士試験内容を把握しておきましょう。

受験スケジュールと試験案内


【受験スケジュール】
8月上旬~
受験願書の配布  ※全国各地の配布場所で配布されます

8月上旬~9月上旬
受験願書の提出  ※インターネットによる申し込みもできます

10月中旬
受験票の交付   ※受験票が郵送されます

11月第2日曜日
試験       ※全国の会場で13時~16時まで行われます

1月第5週
合格発表     ※受験者全員に合否通知書が郵送されます

2月下旬
合格証の発送   ※合格者には合格証が郵送されます


【行政書士試験案内(抜粋)】

★受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

★試験の科目
《行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)》
・憲法・行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする)・民法・商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、(その年の)4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
《行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)》
政治・経済・社会・情報通信・個人情報保護・文章理解

★試験の方法
試験は、筆記試験によって行います。出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式です。記述式は40字程度で記述するものを出題します。

★合格発表
行政書士試験研究センターの掲示板やホームページで発表されます。なお、受験者全員に合否通知書が郵送されます。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら