合格するための教材の選び方

行政書士は広い範囲を勉強をしなくてはいけないので、出題範囲を絞って、効率よく知識を吸収できる教材を用意しなければなりません。
そのために、テキストや問題集だけではなく、できればDVD、それが無理ならばCDで講義を聞けるようにするべきだと思います。

具体的なポイントをまとめていくと…


■テキストのポイント

・図表、イラストが適度に入っているか?
文字だけのテキストだとやる気が起きず、モチベーションを下げる原因にもなります。
しかし図表やイタストが入っていると、理解しやすく記憶にも残りやすく、集中も続きやすくなります。

・色がフルカラーになっているか?
フルカラーの良いところは、脳に刺激を与え、記憶に残りやすくできることです。一方、白黒だと読みにくく、印象にも残らないため、覚えづらくなります。

・適度な厚さになっているか?
1科目で1,000ページを超えるテキストは、全範囲を網羅している内容になっています。確かにすべてを覚えられれば良いのですが…とても覚えきれる量ではありません。 無理はしないで自分が覚えられる範囲のものにして下さい。

・わかりやすいか?
これが一番重要だと思います。自分が読んでわかりやすそうな物が一番です。周りが良いと言っていても自分には合わないということもありますので、自分の目で確かめてください。


■問題集のポイント

・テキストに沿った問題集であるか?
問題集とテキストがバラバラだと内容を確認する際にわかりにくいですし、項目を探すのにも手間がかかります。連動したものにしましょう。

・過去問は5年~10年くらいの内容になっているか?
私の考えとしては、過去5年分くらいで十分だと思います。でも10年分あれば無難ですね。だたし、広く浅く勉強するよりも、できる範囲を繰り返し解く方が効果的だと考えています。

・基礎問題集を用意する
いきなり過去問を解くのは難しいですから、どうしても勉強のモチベーションが下がります。できれば簡単な基礎問題集を用意して、問題を解くことに慣れましょう。そのあとで、過去問に取り組んだ方が効率的です。


■DVD講義のポイント

・講義がわかりやすいか?
当たり前ですが、講義がわかりにくければ意味がありません。
できるだけ、自分で聞いてわかりやすいものを選んでください。でも、DVD講義は独学では用意するのが難しいでしょう。通信講座を受講する場合、ホームページ、もしくは資料請求したらサンプルをもらえるところもあると思います。

・ハイビジョン撮影しているか?
私はDVD講義もたくさん見ましたが、これは意外と重要な点です。
通常のビデオカメラで固定で撮っているものは、退屈で30分くらい観ていると眠気が襲ってきます。一方、ハイビジョン撮影している物は、画面に迫力があり、臨場感ある講義を受講する事が出来ます。
各学校のホームページや資料にハイビジョン撮影していれば内容が載っているはずですので、そちらで確認して下さい。


以上が、私が実際に勉強してみて役に立ったもの、必要だと感じたものです。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら