合格法は確立されています

行政書士の難易度を考えるにあたって、合格率や見た目の難しさにとらわれていてもよくありません。
しかし、行政書士の資格に関心を感じても、具体的な勉強をやる前にあきらめてしまう人も多いそうです。
テキストや問題集を開けてみて、「そこに並んでいる項目に関心が持てない」または「難しそうでついていけない」なんて理由であきらめる人もいるでしょう。


■行政書士試験の難易度は高くても、あきらめる必要はなし
確かに、実際にやることを見て、自分にできそうか判断するのは大切です。ただし、すべての人にとってそれが正しい判断方法だとはいえません。本当は受かる素質があるのにあきらめてしまう人もいるからです。

行政書士の試験問題の難易度を高くしてるのは、いろいろな要素がありますが、普通の人にとって試験問題や法律用語に馴染みがないことも大きいでしょう。
「大学で法学部専攻だった人」「法律事務所で働いた経験がある人」といった特殊な事情のある人を除外すると、最初はなかなかスムーズに入り込めなくても不思議ではありません。


■なぜ行政書士の試験問題は難易度が高そうに見えるのか
行政書士の試験問題は次のようになっています。

法令に関する問題:憲法、民法、行政法、商法、基礎法学
一般教養に関する問題:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
忘れてはいけないのは、平成17年度までは「法令に関する問題」に入っていた行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等…も、「一般教養に関する問題」として出題される可能性があることです。

こうしてみると、行政書士の試験問題は「難易度が高い」「親しみが持てない」という点もあるでしょうが、「勉強しないといけない範囲が広い」ことが一目瞭然ですね。
特に法令に関しては、こんなにたくさんの法律を勉強しないといけないのかと思うと気が遠くなってくるかもしれません。法学部等の出身者でもそれは同じでしょう。


■行政書士試験の難易度は高いが適切な勉強法を教われば可能性はある
しかし、現役の行政書士も最初から抵抗を感じなかった人ばかりではありません。
むしろ、プレッシャーを感じた人のほうが多いでしょう。
それでも、最初はテキストを読んでもほとんご頭に入ってこなかった事柄でも、正しい勉強法を続けることで、だんだんと順応し、試験で使えるレベルの知識に変えることはできます。多くの行政書士はそうやって受かってきたはずです。自力でそれを達成するのは難しくても、良い講師のいる学校や通信教育に頼れば、試験の難易度に圧倒されずに行政書士への道をうまくたどっていくことも不可能ではありません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら