勉強するための時間活用術<夜>

やはり勉強時間を増やすことから始めなければなりませんでした。
とはいえ、週末はともかく、平日は今のままでは時間を増やすことはできません。朝は苦手だし、夜はすでに勉強が習慣になっている。電車はいつも満員でテキストを開く余裕はないし、お昼休みは会社の人にランチに誘われることが多いから勉強できそうにない。どこで増やせばいいだろう…

まずは、仕事を早く終わらせて帰ることを考えました。いつもだらだら残業になってしまうので、それをやめれば、その時間で勉強ができるはずです。
会社で信頼している先輩の彩さんに時間活用の話を聞いたことがあるのを思い出しました。
仕事は、①重要で緊急のもの、②重要だが緊急ではないもの、③重要ではないが緊急のもの、④重要ではなく緊急でもないもの、4つの種類に分けられるという話。本来は、②に時間をかけるべきなのに、多くの人は①と③に追われているということでした。

事務や雑用の多いわたしは、指示された順番のままで処理して、緊急といわれたときだけ順番を入れ替えていました。まずはこの部分を改善しようと、自分の仕事の中でも、頭を使う仕事や時間がかかる仕事を優先して朝から取り掛かるようにしました。時間の決められたルーティンワークを除いて、急ぎでないものは後に回して、できるだけ途中で話しかけられないように、真剣に仕事をしているというオーラを出して。頭を使う必要がある、時間のかかる仕事が終わってしまえば、その他の小さな仕事をこなしていくだけです。次の日でも良いものは、次の日にまわしました。

これだけのことで、定時に帰れる日が増えました。私の仕事は正確さだけが求められていて、早ければ早いほど良いという内容ですから、残業を減らしても誰に迷惑をかけることもなく、効率がアップしてむしろ良い結果となりました。
それから、お昼休みの時間が無駄なように思えてきました。行政書士に合格したら会社は辞めるつもりでしたから、おしゃべりばかりしていられません。だから、食事をすませた後は、早めにデスクに戻って仕事をしました。
残念ながらというべきなのか、仕事の効率が上がったので上司にほめられましたが、だからといって重要な仕事を任されるわけではなく、少し雑用が増えただけでした。やはり、ずっとこの会社にいても仕方がないと思わされました。
18時半ころ職場を出て、急いで家に帰ります。家についたらまず90分勉強。それから食事をしながら一休みして、22時すぎくらいからまた90分勉強。お酒は外食のとき以外はやめました。
この習慣が定着すると、夜の時間帯だけで、1時間くらいは勉強時間が増えました。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら