勉強するための時間活用術<朝>

次は朝。やっぱり朝も勉強時間を作らないと…と思うようになりました。独学の時には考えませんでしが、通信講座なら進捗状況が分かるので、どうしても勉強時間を増やしたくなります。良い効果ですね。

私はもともと朝が弱くて、目覚ましがなってもなかなか起きられません。でも、朝の勉強時間も確保したい。受大学験のときには、朝型が良いと言われて実行していました。でいないはずはありません。

はじめに、朝5時に起きる練習をしてみました。起きたらテレビもつけず、とにかく机に向かってテキストを開きます。眠くてもまずは勉強しようとしてみることから。どうしても目が開かないときはシャワーを浴びました。はじめはボーっとしているけれど、字を追っていると頭が働くようになっていきました。
朝早いと、自然と夜は眠くなるので、夜の勉強が終わるとすぐにぐっすり眠ることができました。

これで朝の勉強時間を90分確保しました。夜の90分2セットと合わせて、平日4.5時間の勉強時間です。それまでは1日なんてあっという間で、勉強する時間なんてないと思っていたけれど、やる気になればこんなにたくさんの時間が生まれるんです。

朝の時間については、最初は自宅での勉強を習慣にしたのですが、そのうちに会社の近くのドトールで勉強することが多くなりました。理由は、早い時間は電車がすいていて、移動時間でもテキストを読めることに気づいたのと、家でやるより緊張感があること、会社に行くぎりぎりまで勉強できることです。

ちなみに、週末も同じ時刻に起きるように心がけました。せっかくの習慣が、週末ごとに乱されるのは良くないと思ったのと、週末だからと朝寝してしまうと、結局勉強時間が減ってしまうから。
ただ週末だけは、どうしても眠ければ少し昼寝もしました。もちろん、夜はいつもと同じくらいの時間に寝るようにして。一度自分のルールを決めてしまえば守るのは簡単で、逆にそれ以外の時間は自由という考えになります。

行政書士の勉強をしているということは、そんなに多くの人に話したわけではありませんが、それでも、「そこまでして…」という人もいました。確かに私自身、独学で勉強していたときには、ここまで時間を割くようになるとは思っていませんでした。
でも、絶対に合格したかった。人生にはメリハリが必要なんだと思います。だらだら過ごしていた日々だって、もちろん楽しかったんです。でもこの時は、行政書士になりたいという気持ちが強かったので、自分の時間が勉強一色になっても苦になりませんでした。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら