独学か通信か。効果的な勉強法は?

新卒での就職がますます厳しくなるニッポン。政府は雇用対策を重視すると言いながら、まったく明るい兆しは見えてこないのが現状です。新卒採用だけでなく、転職組や第二新卒者にとっても厳しい状況に変わりはありません。
そこで、「資格を取って自分をアピールしたい」
「将来、独立するために資格を取りたい」、そう考える人が増えています。
でも、そう簡単なことではありませんよね。

まずは、「なぜ、自分は資格を取りたいのか」
「どうやって目標(合格)を達成しようとしているのか」を真剣に考えてください。
でなければ、すぐに挫折してしまいます。
簡単に諦めてしまいます。
資格取得、とくに行政書士資格は、確かにハードルは高いですが、だからこそやりがいがあり、大きな達成感を味わうことができます。しかも、自分で道を切り開くことができるのです。

行政書士試験の合格率は高くありません。平均すると7%ほどです。
受験者数は毎年6万人を超える人気の資格でもあります。受験者の年齢や職業は千差万別、受験動機もさまざまなことが考えられます。ただ、受験生はみんな必死の思いで勉強し、合格を目指していることは間違いありません。合格を目指すなら、決意を固めてチャレンジしてください。私も勉強し始めた最初は弱気になりましたが、合格率が低いのは覚悟の上での挑戦でした。

どれだけしっかりと準備をし、自信を持って試験に臨めるかが大事です。正直なところ、すぐに良策が見つかったわけではありません。合格までに2年以上もかかってしまいました。でも、ひとつの出合いと意識の転換がきっかけになり、合格できたのです。
合格へのポイントは絶対に勉強法!
私は独学と通信講座を試しました。結果的にはフォーサイトの通信講座で成功しました。


ちなみにフォーサイトの講義ってこんな感じでした。ずっと先生が語りかけてくれてる感じで進みます。



行政書士試験に合格するためには何も通信講座にこわだる必要ありません。独学で勉強してもいいわけです。
では、本当に効果的な勉強法はどちらなのでしょう。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら