独学か通信講座か

■迷わず通信講座を選ぼう! 独学なら長期戦の覚悟を
本屋さんの資格関連本コーナーへ行ってみると、資格試験対策のテキストがずらりと並んでいるでしょう。
これらの市販本は気軽に安い値段で手にすることができますし、表紙のタイトルを見ていると、それだけで合格できそうな気分にさせられますね。
しかし、実際のところはどうなのでしょう。

難関と言われている行政書士試験に、市販のテキストを使った独学だけで、果たして合格できるのでしょうか?
答えは、もちろんYES。
合格することは可能でしょう。
ただし、気が遠くなるような長い時間をかければ、の話ですが…

実は私も、独学で二度、不合格になっています。
なぜ独学では時間がかかってしまうのでしょうか…
まず挙げられるのは、テキスト選びに意外と手間取ること。というより、自分一人ではできませんでした…
法令7科目に一般知識、過去問や模擬試験など、そろえなければならないテキストや問題集は山のようにあります。それらを一冊一冊吟味して選んだ末、しばらく読んでから良くなかった、などと気づいたりするんです。自分が苦手だと思う科目のテキストを選んでは買い足し、足りないと思う科目をまた選んで買い足し…を繰り返しているだけで、ぜんぜん勉強が進まない、なんていうことになりました。

さらに、市販のテキスト自体の問題が挙げられます。市販のテキストのほとんどは、大手の資格予備校の講師さんが書いています。合格するために必要な知識やノウハウを市販テキストにすべて詰め込んでしまっては、わざわざ高いお金を払ってスクールを受講する生徒は減ってしまうかもしれませんよね。そのせいか、市販テキストには合格のために必要な情報が、いまひとつ欠けているような印象を受けるのです。

独学で合格するためには、超えなければならない壁がほかにもたくさん存在しています。
試験に合格するためだけに体力や時間を浪費しているヒマがあるのだったら、さっさと試験をパスしてその後の開業準備や実務に目を向けた方がずっと今後のためになると思います。
少々の出費には目をつぶって、試験のプロである通信講座の力を借りる、というのが最も効率のよい方法なのではないでしょうか。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら