稼げる可能性が高い行政書士

行政書士を目指す皆さんにとって、開業後の収入は大いに気になることですよね。

きちんとした公共機関が調査したものはないので、実際のところの年収はわかりません。平均で年収300万とか、500万とか、700万円以上とか、いろいろな調査結果が発表されています。
実際のところ、私の印象でも、非常に幅が広そうだということは言えます。さすがに私も、大きな事務所を持っている行政書士さんに収入を聞けるほど仲良くなれていませんので(笑)

しかし、1つだけいえるのは、稼げる可能性が高い、ということです。

というのも、行政書士のお客様になる対象は、個人・法人を問いません。
その上、取り扱える書類の数は1万以上あり、仕事は無数に存在します。
つまり、需要がたくさんあるのです。

実際に稼いでいる行政書士は、その特徴を理解しているので、競合がまだ少ない自分の専門分野を発掘して仕事をしている人が多いようです。他の人には頼めない分野があれば、それはもう独占ですからね。
さらに、行政書士の報酬は好きなように設定できます。大体1つの書類作成で10万円くらいが相場です。
しかも原価はほとんどかからないので、その報酬がそのまま自分の収入となります。
結果、年収が1千万円以上の人はそんなに珍しくなく、中には2千万、3千万稼いでいる人も多くいます。
オーバーに聞こえるかもしれませんがそれが行政書士の実態です。

行政書士は稼げないと耳にすることもありますが、そんなことはありません(笑)
もちろん稼げない人もいますが…しっかりと稼いでいる行政書士がたくさんいることも本当です。

どんな業界でも、稼いでいる人もいれば、稼げない人もいます。
一時期はバブルとまで言われたインターネットの世界でさえ、実際に稼げている人は1割程度といわれています。
これは資本主義の原理なので仕方のない事です。ただ、行政書士は稼ぐと言う意味では、他の業界に比べてハードルが低く、誰にでもチャンスがあるのは間違いないと思います。

あとは、どうやったら年収を上げられるか、しっかりと考える事です。
資格を取得しただけではお客様は寄ってこないので、そこは個人の努力次第なのでしょう。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら