行政書士って何ですか?

行政書士とは、役所に提出する書類を作成するのをお仕事にしている人です。
単に書類を作成するといっても、世の中はあらゆる法律によって形作られていますから、法律知識がないと務まりません。
そういった知識を学び証明するために、行政書士の国家資格をとります。

たとえば、想像しやすいところで例をあげると、皆さんが個人事業を始めるとします。そのとき、どこに何を申請すればよいか知っていますか? 基本としては、国税局、地方税事務所に届出を出せばOKです。
これくらいの知識は、インターネットや書籍で簡単に知ることができます。
でも、事業の内容が化粧品の製造・販売だとします。そのときは、化粧品関係の法律、販売に関する法律などに則った申請をし、認可を得る必要があるでしょう。
このレベルの専門的な部分については、行政書士に依頼することがほとんどです。
そうでなければ、どこに、何を、どんな形式で、いつまでに、書類を提出する必要があるのがわかりませんよね? 当然のことながら、必要な手続きを踏まずに営業をすると、違法業者になってしまいます。

これはほんの一例ですが、目に見える部分はシンプルな社会でも、細かく複雑なルールの上に成り立っているのです。
行政書士は、そういった手続きのプロとも言えます。

ただし、行政書士しか扱えない案件があるわけではありません。
先ほど例としてあげた個人事業の開始申請は、個人でできることです。化粧品事業のことについてもそうです。行政書士を使わずとも手続きを行うことはできます。

では、行政書士は必要ないのでしょうか? そんなことはありません。
簡単に得られる知識であれば、自分で(個人でも会社でも)行う気になりますが、そうでなければ難しいのです。本業は化粧品の製造や販売なのに、手続きにばかり時間をかけていては仕事になりません。そのため、特に複雑な手続きを要する場合の多くは、行政書士を使うことになります。

このように、行政書士が独占的に活躍できる場があります。
また、書類作成業務のほかに、相談業務や代理業務を行う場合もあります。
契約書作成業務などを行うケースもあります。
行政書士の出番は非常に幅広く用意されています。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら