行政書士になるには

国家資格である行政書士。なるのは簡単ではありません。
行政書士になるための条件は下のように、いくつかあります。まずは年1回の試験に合格する①か、②以下の「いずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。」というのが条件です。しかし、実は最も手っ取り早いのが①の資格試験です。

  1. 行政書士試験に合格した者
  2. 弁護士となる資格を有する者
  3. 弁理士となる資格を有する者
  4. 公認会計士となる資格を有する者
  5. 税理士となる資格を有する者
  6. 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した者(長期の実務経験が必要になります)
②~⑤はいわゆるダブルライセンス。これは、私のようなフリーターもどきには現実的ではありません。一つ目の資格を取らければ話になりませんから、行政書士を目標に設定して勉強した方がいいですね。⑥については、実際に公務員として行政の現場で長年働いた人が、行政書士として独立するようなイメージです。実はこれが一番大変かもしれません。

多くの人にとって目標となるのが行政書士試験ということになりますね。行政書士には受験資格というものがありません。年齢・学歴・国籍に関係なく、誰でも受験することができます。つまり、誰にでも開かれている職業とも言えます。そうわかった途端、やる気が湧いてきましたね。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら