行政書士に独学で合格したい方へ

行政書士に独学で合格するのは難しいと思います。私には無理でした。それでも独学で合格したい方へ、ポイントを紹介していきます。

まず、時間がかかることは覚悟して下さい。
これはどうしようもないところです。通信講座や予備校を利用しても、1年で合格できるかもわからない試験です。独学で短期合格するのは厳しいでしょう。
もちろん、独学でも短期合格する人もいます。しかし、そうした人達は学生時代に専門的に法律を学んだ人か、もしくは学習能力の高い人達ですので、その他大勢の人はそうはいきません。独学で挑戦する皆さんは一日の勉強時間を増やし、長いスパンで学習計画を立てることが必要です。

次のポイントは、過去問演習です。
どうしても、市販されているテキストでは十分な知識を得ることはできませんので、過去問を何度も繰り返し解いて、足りない知識を補う必要があります。
そこで重要になるのが、テキストと過去問がセットになっている教材です。バラバラの物を使えば、テキストと問題集の整合性が取れませんので、せっかく覚えた知識が 理解できなくなります。その際にも、あれもこれも手をつけないで、まずは一つのテキストと問題集を完璧に終わらせることです。そうしなければ知識が定着しません。この繰り返しで勉強していくことが、独学で合格する唯一の方法だと思います。

また、教材の選び方は、自分がわかりやすいと思ったものを選んで下さい。
正直、予備校や通信講座が発行しているものなら、どれも大差はありません。これならできると思う、自分のフィーリングで構わないと思います。
それでもあえてポイントを言うなら、問題集の解答ができるだけ詳しく書いてあるものを選んでください。答えしか書いていなくて、根拠となる解説が何も載っていない問題集では勉強にはなりません。

以上が、私が考える、独学で合格するためのポイントです。

しかし、再三申し上げているように何か特別な事情がない限り、通信講座か予備校を利用して下さい。
何年も時間をかけて勉強するメリットは何もありません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら