行政書士の取り扱える仕事の範囲

行政書士は、多岐に渡った幅広い仕事を請け負えます。
行政書士の仕事は、お客様からの依頼を受けて、役所に提出する書類作成をおこなうことが主になります。具体的には、遺言書を作成したい、会社を設立したい、喫茶店を開業したいなど。取り扱える書類の種類は1万を超えると言われています。

その代表的な書類の例は…

  • 建設業許可
  • 会社設立
  • 自動車登録・車庫証明
  • 風俗営業許可
  • 相続・遺言関係
  • 契約書関連
  • 交通事故損害賠償関係
これはほんの一部ですが、例えば上記のような法律的な書類作成をしています。
しかし、何も書類作成だけが仕事ではありません。実際にはお客様と何度も打ち合わせを繰り返し、要望を聞き入れ、世の中の動向に合わせながら、許可申請をしていくようになります。

そのためには関連する様々な情報を集めることも必要ですし、自分自身も勉強しなくてはいけません。時には、業務と直接関係なくとも法律的なアドバイスをすることだってあります。
例えば自動車メーカーなら、自動車を開発する前に競合他社の製品、お客様のニーズ、部品、デザインなど様々なリサーチをしてから、はじめて開発する事ができるでしょう。行政書士もそれと同じ事で、本来の仕事の周りに、たくさんの必要な業務が生まれるのです。
要するに、書類作成は報酬を得るためのツールで、実際にはその事前準備に相当な労力が必要なのです。だからその分やりがいも感じるのかもしれません。

さらに将来性も大いに感じます。
規制緩和の流れで新しい法律ができて、その分だけ様々な手続きが必要になり、行政書士の取り扱える書類の数も増えてきています。法律もどんどん改正されて複雑になってくるので、専門的知識を有した行政書士がもっと必要になるはずです。
今後も行政とのやり取りがなくなる事はありませんので、安定した仕事の需要があるはずです。
行政書士のやりがい、需要、将来性も、試験勉強の一つの励みになると良いのですが。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら