行政書士の基礎知識

■庶民の味方!? 一番身近な町の法律家
例えばあなたが、ラーメン店を開業したいと考えているとしましょう。長年研究を重ねた味には自信があるし、不動産屋さんで店舗に最適な物件も見つけました。内装やイス、テーブルなど店舗に必要な物品も手配しています。

さて、営業の許可はどこでもらえばよいのでしょうか?

そんなときに、気軽に相談に乗ってくれるのが行政書士です。
行政書士は、飲食店の開業や会社の設立、建設業や産業廃棄物業の営業許可が必要な場合などに、依頼主に代わって書類を作成したり、その書類を役所に申請したりといった業務を行います。もっと身近なお仕事もあります。自動車の車庫証明や、相続・遺言に関すること、各種の契約書の作成などもあり、細かな書類も含めると、数千から1万種類もの書類の作成を行うと言われています。

主な仕事の内容は以下のようになります。

  • 会社の設立
  • 建設業許可申請
  • 風俗営業許可申請
  • 産業廃棄物業許可申請
  • 飲食店許可申請
  • 自動車関連
  • 外国人のビザ申請
  • 交通事故損害賠償請求
  • 相続、遺言関係
  • 各種契約書の作成
こうしてみると、行政書士の仕事がいろいろな分野に渡っていることがよく分かります。しかし、ここに書き出したものは、ほんの一部にしか過ぎません。
行政書士の仕事は、単なる書類の代書屋の枠を超え、依頼主の利益を守るために法律や条令の知識を駆使して奮闘する“一番身近な町の法律家”なのです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら