行政書士の講座選びでおすすめの選定方法

行政書士の通信講座や通学講座は、他人の意見や口コミを聞くだけではいけません。必ず自分の目と耳で、確かめてから決めることが大事でしょう。

それでは、具体的にどのようなチェック方法が行政書士受験者には使えるでしょうか。

1 行政書士通学講座
体験授業のような企画をやっているところはよく見かけます。これに出席することはやはり大切ですね。説明会やセミナーのようなイベントも、チャンスがあれば出てみるとよいでしょう。
そのほかに、通学講座を確かめに行ったときにできれば見ておきたいのは以下のポイントでしょう。
自宅等からの距離・交通費
これは当然ですね。勤務先から直行するなら、そこからの時間等も大事です。
あくまでも、自分にとって重荷にならない距離や交通費で行けるところに通うべきです。
開講方法
何のことだかわからないかもしれませんが、講師が必ず生の授業を実施するとは限らないのがいまどきの通学講座です。
別室で、抗議映像を見るだけというパターンがありますから、注意が必要です。
自習室の有無
見せてくれないかも知れませんが、見せてもらえるならどんなところで自習できるのか確かめましょう。
また、普通の机やテーブルが用意されている自習室のほかに、機材がついていて講義映像等の再生ができるスペースが用意されていることもあります(これは、欠席した場合に、その日の講義を収録しておいて見せてくれるシステムを持っているところに限られますが)。

2 行政書士通信講座
通信講座のときは、どこかに見に行って決めるわけではありませんね。
資料
これは通学講座と同じですが、ただで入手できる資料があるなら当然目を通すに越したことはありません。
各講座のスケジュールや費用、そして担当講師や各回の講義の内容等をはじめ、いろいろな情報をなるべく注意深く読んで参考材料にしましょう。
教材
これは特に大事です。資料の中に一部が入っているならよくチェックしましょう。
また、インターネット上でテキストの一部や講義映像の一部を公開する通信講座が増えています。
これも大きな参考材料ですから忘れずにチェックしてください。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら