行政書士独学の実態

このサイトを見てくれている方の多くは、独学で勉強しようとしていることでしょう。
そこで、行政書士に独学で勉強した場合の実態を説明していこうと思います。

まず、行政書士に独学で勉強する方の多くが勘違いしていることがあります。
それは、市販されているテキストや過去問を理解すれば、合格できると思っていることです。
しかし、残念ながら市販教材では限界があります。

秘密があるんです。
一般に販売されている行政書士の教材は、誰が作っているかわかりますか?
その多くは、資格学校が発行していますね。

よく考えれば分かると思いますが、資格学校は、受講者に通学してもらって、はじめて学校経営がなりたちます。
それにも関わらず、自ら発行している教材で合格者をバンバン輩出してしまったら、教材を発行している意味はありません。学校経営にとってもマイナスになってしまいます。

勘の良い方なら分かると思いますが、市販されている教材は、あくまでも宣伝を目的としているものです。
それを使って勉強する人たちを合格させるためのものではありません。
もっと言ってしまえば、市販の教材だけでは合格できないと分かっているのです。ですから、あれらの教材の中身は、簡単な基礎知識だけになっています。細かなテクニックや学習法は載せていません。というよりも、ページ数や文字数の関係で全て載せることはできないのです。

そのような理由から内容が薄くなっている教材であるために、逆にそれを分かりやすい感じて、その教材を良いと思い込んでしまう人も多いようです。しかし、その教材で勉強しても、ほとんど合格できません。


そもそも、独学で勉強する事がどれだけ大変か、多くの方は理解できていないと思います。
例えるなら、国立大学に、塾や学校にも行かず、テキストだけで合格するようなものです。

このサイトを見てくれている皆さんは、これまで塾の講師や学校の先生から学びながら勉強していたはずですので、まったく独学で勉強した経験はないはずです。
それにもかかわらず、資格の勉強になると途端に独学で勉強しようとするのです。

それでも独学で合格しようとするなら、最低でも2年くらいは、仕事、食事、睡眠、お風呂といった生活に最低限必要な時間以外、すべて勉強するだけの覚悟が必要です。
ですが、大抵の人はそれに耐えられません。挫折してしまいます。
それが独学の実態です。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら