行政書士試験の合格のカギは過去問の使い方にあり!

行政書士の勉強では、とにかく過去問を手に入れてやり込むことが大事です。
独学でも過去問は手に入りますし、しっかり勉強することができます。学校や通信でも、きちんとしている運営元であれば、過去問に関してしっかりした指示があるでしょう。


■行政書士受験では過去問プラス数種類の教材を入手しよう
もっとも、過去問以外にも当然、行政書士のための教材が数種類必要ですね。
メインで使うテキストと過去問のほかに、予想問題集や行政書士六法、そして時事用語集や法律用語解説本が考えられます。


■行政書士の、過去問以外の教材はこう選ぼう
この中で、時事用語集や法律用語解説本は、参考書程度の必要性があります。買ったほうがいいのですが、優先度でいえば過去問やテキストのほうが重要です。
それでも、時事用語集は一般教養対策での必要性が高く、法律用語解説本も分からない箇所がでてきたときには六法とセットで使いたいものです。
なお行政書士六法は、判例がたっぷりと載っているものでないといけません。憲法や民法は判例を読まないと覚えにくいですし、判例がそのまま試験に出されることもあるからです。


■過去問は行政書士受験では必須の教材/繰り返し解こう
過去問は最低でも5年、できれば10年分、さかのぼって手に入れないといけません。そして重要なのが解説です。解説の内容が「法令の条文から掘り下げて説明しているもの」でないと、おそらく役に立ちません。それに加えて、例年の出題の特徴まで解析しているものがベストです。

過去問も予想問題集も、どんなに時間がない場合でも最低3~4回は繰り返して解くべきだと思います。
特に選択問題については、どうしてそれが正答で、どうしてそれが誤答なのか、ちゃんと考えながらやっていくことが大事です。


■過去問と同様に、行政書士試験の予行演習ができる「模擬試験」
試験に適応するという意味では、模擬試験も大事です。
9月くらいになると毎年各地の学校で本番の試験と同じ要領で実施されます。学校に通っていなくとも、これを受けないといけません。どれくらいのペースで解答を書かないといけないのか、どれくらい体力が必要なのか、体験しなければわからないことがたくさんありますから。


行政書士受験に必要な教材はこれくらいになるかと思います。
でも私の場合、独学で勉強しているときには、これらをすべて入手できていたわけではありませんでした。通信講座に切り替えてから、送られてくる教材に含まれていて、ああ、こういうものも必要だったんだ…と初めて気づくものがたくさんありました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら