行政書士試験の科目と通信講座の有用性

行政書士は、大正3年から国家資格化されて以降、毎年、5万人以上の人が受験している人気の資格です。
人気の理由は、独立開業できる国家資格としての性質であることはもちろん、受験科目の汎用性も人気です。

行政書士の法律系試験科目は、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学ですが、これらの科目は法学部の大学生にとっては必修科目であることも多く、法学部の授業と共に並行して勉強することができるわけです。
また、公務員試験の法律系の科目では憲法、民法、行政法、商法が同じ科目となっているので、同時に理解を深めることができます。
司法書士試験では憲法、民法、商法が同一科目、司法試験や司法試験予備試験、法科大学院(ロースクール)受験においても、憲法、民法、行政法、商法は受験科目となっているので、他の資格を目指しながらも行政書士の試験対策ができるので、受験者数が多く人気が続くのでしょう。

これは、逆から考えると将来的に公務員試験や法科大学院を検討している人や、法学部の学生にとっては、新たな科目を勉強することなく受験できるということでもあります。
行政書士の試験勉強をすることで、憲法や民法、商法、行政法といった科目の理解が深まり、他の資格試験や大学法学部の成績向上にもつながるのはもちろんです。ほかの資格や法科大学院を目指している人や、法学部の学生に行政書士試験の受験をおすすめしたい理由もここにあります。

基礎的勉強をしてきた人達は、えてして学校で使っている試験科目の教科書を買っていたり、すでにテキストを持っていたりすることがあります。すると、基本的理解があるのであれば、あとは問題に慣れれば大丈夫。通信講座では試験対策・問題演習を重点的に対策するコースもあるので、行政書士試験のために、予備校に通ったり家庭教師をつけたりするのは気が引けるという人、行政書士試験のために新しい教科書を買いたくないという人でも、今までの勉強の延長線上としてより試験科目の理解を深めるために、自宅で問題演習だけでもできる通信講座を利用してみるというのもいいかもしれません。

問題演習・答案練習をするだけで、問題の解き方がわかることはもちろん、苦手分野、苦手科目が見えてきます。
苦手なところが分かれば、その部分だけ勉強しなおせば行政書士だけでなく、大学の授業や他の資格試験にとっても有利になります。
これまで行政書士試験に興味のない人たちも、通信講座の試験対策から、苦手科目克服の足掛かりとするのもおすすめです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら