行政書士試験科目とカリキュラム

行政書士試験の試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等の科目として、
憲法、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法、民法、商法、基礎法学が出題され、

行政書士業務に関連する一般知識科目として、
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解の問題が出題されます。

このように試験科目は多岐にわたり、幅広い学習と試験対策が必要となる。また、学力と知識量だけでなく、法律科目の問題数は46問で、一般知識科目の問題数は14問で計60問を3時間で、集中力と時間計算とバランス感覚が必要となります。


法律系科目だけでも、9科目あり法律系の資格というだけで、法律の条文をすべて暗記しなければ合格できないと誤解している人がいます。でも、これは大きな間違いです。世の中のごく一部の天才を除いて、全ての法文・条文を暗記することなど不可能です。
憲法だけでも全103条、民法は全1044条、全ての条文を丸暗記することは不可能ですから。

では、合格者はどのようにして試験に受かっているのでしょう。
これは、繰り返し学習することにより、法律の趣旨や意味を理解することで、条文は暗記していなくても自然と問題が解けるようになる方法です。これは条文すべてを一言一句丸暗記するよりもはるかに簡単なことです。ただし、法律の仕組み・システム・趣旨・法律の意味を理解するには、段階的に学習する効率的なカリキュラムが必要なのです。
その為には自らの理解の度合いに沿って、繰り返し学習できる環境こそが大事で、一人一人のペースに合ったカリキュラムこそが合格への早道です。一人一人の理解のスピード、ペースは、個人によって異なるため、授業を通して全受講生に一斉に理解を求めるという方法は、教える側の論理であって、学ぶ者にとっては不便を強いられるものです。
それに比べて、通信講座では自分のペースで自分の好きな時間に自分の好きな範囲で繰り返し学習できるという環境が整っています。行政書士という自分で決めた目標に、自分のペースで、自分の力で合格を掴み取ることが、本当のスキルアップなのではないかと思っています。
そのために通信教育というカリキュラムで学習するということは合格のための手段・選択肢の一つとして、大きな可能性を秘めているのでしょう。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら