試験の傾向と対策

試験は、一定の時間内で問題を解かなければなりません。つまり、問題をスピーディに解く力⇒問題解決力とスピード処理能力が必要となります。これを習得するのに最適なのが過去問です。

行政書士試験のように出題範囲が決まっているものは、試験の問題として出題できる箇所が決まっています。
また、毎年の受験生を正確に判定するには、同じような問題を出題するしかありません。そのため、過去問を徹底的に解くことが合格への近道となります。

また、行政書士試験は13時~16時の3時間、休憩なしで行われます。
試験は1つの問題文が長いため、読むだけでも労力がかかり、しかも、3時間も問題を解き続けなくてはいけないため、かなりの集中力と体力が必要とされます。私自身、1回目の試験では、集中力が切れてしまい、試験の途中で諦めてしまったほどでした。
普段から気を付けて、集中力と体力をつける訓練をしておきましょう。複雑で長い過去問をたくさん解くのは、そのためにも良いと思います。


【試験形式について】

行政書士試験の形式は、
5つの選択肢から正解を1つ選ぶ『5肢択一式』
文章中の複数の空欄に当てはまる語句をそれぞれ選ぶ『多肢選択式』
回答を40文字程度でまとめる『記述式』
の、3つに分かれます。とくに、記述式は各20点が3問で計60点と配点が高いため、絶対に落とせない問題です。

記述式を解くために重要なのは、

  1. 記述式は、基礎知識が身についていることが前提
  2. 問題集はあくまでも例文。どんな角度から問われても答えられるようにしておくこと
  3. 40字程度でまとめるクセをつける
ということです。とくに、日ごろから40字でまとめる訓練をしておくことが必要になります。
記述式は配点が高い分、問題を解くには、基礎知識と応用力が身についていないと解けないようにつくられています。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら