開業と就職に関する注意点

行政書士の難易度といったら、普通は試験の難易度のことをイメージしますよね。
でも、行政書士の試験を受ける目的は何でしょうか。
普通は、行政書士の資格を得て働くことでしょうし、働くからには成功する行政書士になりたいでしょう。
少なくとも、前職より収入も増えて、やりがいもあって、自分で働いている実感を得られるような仕事にしたいはずです。私の場合はそうでした。

そのため、行政書士試験に合格した後のこと、求人等の実態も考えておかなければいけません。

■行政書士の求人や開業の難易度も低くはないことに注意
行政書士に受かるまでもハードですが、実は資格を得てからも意外とハードです。行政書士の年収がときどき話題になっていますが、思いのほか低かったりします…資格を上手く活用できていないケースが多いのです。
行政書士の資格を検討するときは、試験の難易度のほかに合格後の人生の歩み方の難易度も検討してみたほうが良いかもしれません。

■行政書士に登録後、求人や独立の手立ては多いか少ないか?
試験合格後に行政書士の資格を正式に得るためには、各都道府県の行政書士会に登録する必要があります。
その手続きが終われば行政書士と名乗ることができますが、その後はどうやって仕事をすれば良いのでしょうか。

他の資格を眺めていくと、「企業内で働いて、その知識を活かせる仕事をする」という例が多いようです。
でも行政書士の場合、あまりその手が有効ではありません。

  1. 求人を見て、行政書士の資格や能力を活かせる仕事を一般企業で探す場合
  2. どこかの行政書士事務所で職を探す場合
いずれも簡単だとはいえませんが、もともと「社内行政書士」というものは認められていないのです(登録をしないで、行政書士に受かったことだけをPRして採用されれば、それも良いのですが)。
しかし、どこかの行政書士事務所に就職したいと思っても、他の行政書士を雇うような仕事量のある事務所はそれほど多いとは考えられません。


■行政書士は、求人よりも独立を早くから考えた方がよい資格
以上のような事情があるため、行政書士は独立向きの資格だと言われます。
いきなり独立をするのはなかなか勇気がいることかもしれませんが、行政書士の資格を狙う場合、日本の現状(特に、行政書士の求人が増える見込みがないという現状)を考えると、独立・開業が主なゴールになるということを頭に刻み付けておいたほうがよいでしょう。

学校や通信講座では、合格した人の体験談や、実際に行政書士として仕事をしている人の話が多くでてきますので、それらを参考にして、イメージを膨らませながら勉強も進めていければ良いと思います。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら