開業のススメ

■行政書士は、開業するしか道がない!?
行政書士という資格は、独立開業型に分類されている資格です。
サラリーマンをしながら副業として開業するということが許されていないので、この資格を活かして働くとすれば、行政書士事務所に就職するか、会社を辞めて独立するしかないわけです。
行政書士事務所の求人がそれほど多いわけではありませんし、事務所に所属している人も、数年経験を積んだら独立することがほとんどのようです。ということは、苦労してこの資格を取得しても、独立開業しなければほとんど意味がないということになります。

そこで、ほとんどの行政書士さんが通る道、開業時の準備や当初の営業方法について、説明しておきましょう。
行政書士として開業する際のポイントとなるのは、以下の3つです。


●初期費用はできるだけ少なく抑えて乗り切る
開業時の一番の問題は、やはり収入面です。開業当初はまだ実務に慣れていませんし、仕事の依頼は皆無でしょう。当然、金銭的に厳しい状態に陥ることは必至です。
幸い行政書士という職種は、ほかの自営業と違って、材料の仕入れや人件費などの経費がほとんどかかりません。せいぜい事務所の家賃ぐらいでしょうか。
ということは、開業当初の1~2年ぐらいは、1件3万円程度の契約書の作成や内容証明郵便の作成などを地道にこなしていき、毎月30万円ぐらいの収入が得られれば、経費を引いても何とか生活費は確保できる計算になる、というところです。
ただしこれは、ごく初期の話。
これだけの収入では、毎月食べていくだけでやっとです。早く売り上げが上がるように、営業努力が必要になってきます。


●仕事内容を明記した名刺を必携して、いつでもどこでも営業を!
営業のポイントは、自分がどのような仕事をしているかを、いかに広く知ってもらえるか、というところにあります。
顧客側からすると、「行政書士」という肩書きを聞いただけでは、具体的にどんなことをしているのか分かりにくいものです。そこで、自分が主に行う業務を具体的に明記した名刺を用意して(自分の顔写真や事務所の地図なども入っているとよい)、出会う人すべてに渡すぐらいの気持ちで営業しましょう。
ご近所さんや友人、子供のクラスメイトの親など、名刺を配って仕事内容を広く普及しておけば、今まで行政書士に縁の無かったような人でも、ちょっとした相談事などを持ち込んできてくれるかも知れません。
合わせて、周辺の士業(弁護士・司法書士など)の先生にも、挨拶に行っておくと良いと言われています。意外なところでは、先輩の行政書士に挨拶しておいたら、得意分野以外の仕事を回してくれるようになった、という話も聞きます。


●自分の専門分野を確立せよ!
行政書士が扱う書類は1万種類。ジャンルは多岐に渡っています。
その中で、特に自分はどのジャンルの仕事を主にしていくのか、自分の専門分野を上手に絞り込めるかどうかが成功の鍵を握っています。
依頼主の立場から見れば分かるのですが、たくさんあるジャンルの“あれもこれも何でもやります”という行政書士より、“○○の分野にかけてはエキスパートです”という行政書士の方が、信頼できるような気がするでしょう?

専門を決定するにあたって、自分が開業する地域の特性や、自分の適性などから判断したり、これからニーズが高まるであろう分野を先読みする眼力も大切になってきます。
専門というからには、その分野の仕事をうまくこなすだけではなく、その分野について日々勉強を重ね、知識を重ねていく努力ができるかどうかが重要です。
生涯を通じで学んで生きたいと思う分野に出会えるかどうか、そこが行政書士として成功するためのポイントともなってくるでしょう。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法を試しましょう

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら