7月, 2014

行政書士試験の科目と通信講座の有用性

行政書士は、大正3年から国家資格化されて以降、毎年、5万人以上の人が受験している人気の資格です。
人気の理由は、独立開業できる国家資格としての性質であることはもちろん、受験科目の汎用性も人気です。

行政書士の法律系試験科目は、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学ですが、これらの科目は法学部の大学生にとっては必修科目であることも多く、法学部の授業と共に並行して勉強することができるわけです。
また、公務員試験の法律系の科目では憲法、民法、行政法、商法が同じ科目となっているので、同時に理解を深めることができます。
司法書士試験では憲法、民法、商法が同一科目、司法試験や司法試験予備試験、法科大学院(ロースクール)受験においても、憲法、民法、行政法、商法は受験科目となっているので、他の資格を目指しながらも行政書士の試験対策ができるので、受験者数が多く人気が続くのでしょう。

これは、逆から考えると将来的に公務員試験や法科大学院を検討している人や、法学部の学生にとっては、新たな科目を勉強することなく受験できるということでもあります。
行政書士の試験勉強をすることで、憲法や民法、商法、行政法といった科目の理解が深まり、他の資格試験や大学法学部の成績向上にもつながるのはもちろんです。ほかの資格や法科大学院を目指している人や、法学部の学生に行政書士試験の受験をおすすめしたい理由もここにあります。

基礎的勉強をしてきた人達は、えてして学校で使っている試験科目の教科書を買っていたり、すでにテキストを持っていたりすることがあります。すると、基本的理解があるのであれば、あとは問題に慣れれば大丈夫。通信講座では試験対策・問題演習を重点的に対策するコースもあるので、行政書士試験のために、予備校に通ったり家庭教師をつけたりするのは気が引けるという人、行政書士試験のために新しい教科書を買いたくないという人でも、今までの勉強の延長線上としてより試験科目の理解を深めるために、自宅で問題演習だけでもできる通信講座を利用してみるというのもいいかもしれません。

問題演習・答案練習をするだけで、問題の解き方がわかることはもちろん、苦手分野、苦手科目が見えてきます。
苦手なところが分かれば、その部分だけ勉強しなおせば行政書士だけでなく、大学の授業や他の資格試験にとっても有利になります。
これまで行政書士試験に興味のない人たちも、通信講座の試験対策から、苦手科目克服の足掛かりとするのもおすすめです。

行政書士の学習に掛かる費用と選択肢

法律に興味があって行政書士になってみたいが、お金を掛けたくない。
最も安い費用で行政書士になるには、どんな方法があるのでしょうか。

その方法を考えるために、まず行政書士法を紐解いてみましょう。
行政書士法2条各号には、行政書士となる資格を有するものが列挙されています。行政書士になれるものは、行政書士としての資格を有しなければなりません。行政書士法2条では、どんな者が行政書士になれるのかが、規定されています。
詳しくは条文を参照して読んでもらうとして、行政書士は法律系の資格だから、必ず難しい試験に受からなければならないと思っている人がいるかもしれません。でも、実は絶対という訳ではなく、特に公務員として長年勤務していた人たちは、無試験で行政書士になれることもあります。

しかし、一般的には元公務員が行政書士をしているのは少なく、行政書士となるために行政書士試験に合格した人がほとんどです。
やはり試験を受けるとなると、費用を抑えて受かるためにはどうすればいいのかを考えなければなりません。

独学、予備校への通学、家庭教師、通信講座などなど行政書士試験の為の教材には、沢山の選択肢があります。
もちろん、人それぞれ、自分に合った勉強法を選択するのがベストです。でも、費用・コストという観点から考えると、通信講座による勉強法が総合的に安いはずです。もちろん独学ならもっと安くすむ可能性はあるのですが、通信講座では、どの教科書で勉強すれば良いのか迷う必要もなく、これまでのノウハウが凝縮された教材が自宅までやってきます。
通学のための定期券代金も不要で、たくさんの教科書を買い込む必要も、本屋に行く必要もなく、自宅で勉強する環境が整う。コストとは、ただ支払う費用だけではなく、予備校やテキストを選ぶまでの時間や迷う精神的な負担、勉強に必要な時間も含まれます。通信講座であれば、苦手な科目だけ受講することも可能なので、本当に必要な科目だけ、必要な勉強量を自分で選択できます。
今から勉強をスタートする人も、苦手科目がある人も、勉強に行き詰っている人も、とりあえず少しだけでも通信講座を受講してみてはいかがでしょう。自分に合った新しい勉強方法が見つかるかもしれませんよ。

行政書士試験対策には効率のよい通信講座がおすすめ!

法律系の国家資格である行政書士は、就職や転職に有利なだけでなく、少ない資金で独立開業もできることから、大変人気がある資格の1つです。

行政書士になるためには、年に1回行われる行政書士試験に合格しなくてはなりません。
行政書士試験の試験科目は多く、範囲も広いために、効率よく勉強する必要があります。
効率よく勉強するための方法には、様々な方法がありますが、行政書士試験対策用の通信講座を利用するのもよいでしょう。

行政書士試験対策用の通信講座のメリットは大きく次の2つです。
(1)各科目ごとの要点が分かりやすく整理されている。
行政書士試験科目は、憲法や民法、行政法などの「法令」に加えて、行政書士としての必要な知識が問われる「一般知識」があり、これらの試験科目の範囲は非常に膨大です。
はじめて行政書士試験に挑戦される方は、どこから試験勉強に手を着けていいのかすら分かりませんし、どこが重要なポイントなのかも理解できずに頭を抱えてしまう、なんてケースは珍しくありません。しかし、通信講座を利用すればこのような問題はまず解消でき、効率よく勉強できます。

(2)自分のペース、都合で効率よく勉強を進めることができる。
通信講座なら、自分のペースや都合に合せて、空いているわずかなスキマ時間を利用して短時間でも効率よく勉強を進めることができます。

通信講座による行政書士試験対策は次のような方におすすめです。
・行政書士試験にはじめてチャレンジする法律初心者の方。
・自分の時間がなかなか取れない忙しいサラリーマンの方。
・子育てや家事に追われる主婦の方。

行政書士試験科目とカリキュラム

行政書士試験の試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等の科目として、
憲法、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法、民法、商法、基礎法学が出題され、

行政書士業務に関連する一般知識科目として、
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解の問題が出題されます。

このように試験科目は多岐にわたり、幅広い学習と試験対策が必要となる。また、学力と知識量だけでなく、法律科目の問題数は46問で、一般知識科目の問題数は14問で計60問を3時間で、集中力と時間計算とバランス感覚が必要となります。


法律系科目だけでも、9科目あり法律系の資格というだけで、法律の条文をすべて暗記しなければ合格できないと誤解している人がいます。でも、これは大きな間違いです。世の中のごく一部の天才を除いて、全ての法文・条文を暗記することなど不可能です。
憲法だけでも全103条、民法は全1044条、全ての条文を丸暗記することは不可能ですから。

では、合格者はどのようにして試験に受かっているのでしょう。
これは、繰り返し学習することにより、法律の趣旨や意味を理解することで、条文は暗記していなくても自然と問題が解けるようになる方法です。これは条文すべてを一言一句丸暗記するよりもはるかに簡単なことです。ただし、法律の仕組み・システム・趣旨・法律の意味を理解するには、段階的に学習する効率的なカリキュラムが必要なのです。
その為には自らの理解の度合いに沿って、繰り返し学習できる環境こそが大事で、一人一人のペースに合ったカリキュラムこそが合格への早道です。一人一人の理解のスピード、ペースは、個人によって異なるため、授業を通して全受講生に一斉に理解を求めるという方法は、教える側の論理であって、学ぶ者にとっては不便を強いられるものです。
それに比べて、通信講座では自分のペースで自分の好きな時間に自分の好きな範囲で繰り返し学習できるという環境が整っています。行政書士という自分で決めた目標に、自分のペースで、自分の力で合格を掴み取ることが、本当のスキルアップなのではないかと思っています。
そのために通信教育というカリキュラムで学習するということは合格のための手段・選択肢の一つとして、大きな可能性を秘めているのでしょう。

スキルアップと行政書士

7月に入り、新年度・新学期も3か月が経過して、新しい職場環境や研修、学校環境にも慣れてきた頃ではないでしょうか。
新しい役職や新学年としての驚きに慣れ、自覚が出てきたり、後輩や先輩との歓迎会も一息ついた頃だと思います。

さて、数ヶ月前、1月の新年や3月の年度末、4月の新年度の開始当初に、「今年こそ、今年度こそ資格取得・スキルアップ」と誓った人は多いと思います。
ただ、仕事や学校が始まり、慣れない環境や普段より忙しい新年度の中でどうしても、自らの勉強やスキルアップには時間を割けない、仕事を覚えたり、新生活に慣れるので精一杯だったというのが多くの人の現状だと思います。

当初の誓いとやる気から、予備校や塾、授業タイプの講座などに申し込んだものの、残業や友人や職場・学校関係の付き合いから行けず休みがちになっている人、一度授業を休むと行き難くなり、結局それっきり途中で行かなくなってしまった人、やる気はあったのにスタートが遅れてしまって始めるきっかけを逃してしまったという人、「今年こそ」と誓いを立てたにもかかわらず結局いつも通りの多忙な日々を過ごしまった人、何かを始めたいが何をすれば良いかが決められないという残念な人の声を、この時期、チラホラと聞くようになってきました。

そんな人こそ、通信講座での行政書士資格取得のチャレンジを強くお薦めします。
就職や転職に役立つだけでなく、独立開業も可能な人気の法律系資格“行政書士”は、通信講座だけでなく、予備校などでも人気の講座です。
「法律系の資格ということで難しいのではないか」と身構える必要は全くありません。行政書士は、法律系の資格では最も簡単で合格しやすく、国家資格として独立開業も可能な身近で人気の資格です。

通信講座なら、すぐに0からスタートできて、空いた時間に自分のペースで勉強できる。
そして人気の行政書士資格を取得して今年こそスキルアップを実現しませんか。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら