‘独学と通信講座の差’ カテゴリー

通学講座に通う必要はあるか

ここまでは、DVD講義を使い、通信講座で勉強することを仮定して話を進めてきましたが、DVD講義を使わなくても、資格学校に通学できればライブの講義を聞くことができます。
私も通学講座を検討して、見学に行ったこともあります。では、行政書士の勉強をする上で、通学講座は効果的なのか説明してみたいと思います。

行政書士に合格するため、一番早い方法は通学講座だと考えている人も多いと思います。
それは私も否定しません。実際にそうかもしれません。
通信講座と比べても、ライブで講義が聞けますし、疑問があった場合にもその場で解決できるメリットがあります。

しかし、資格学校の場合、学習塾のようにいかない欠点があります。
それは、実際に開講しているのは都心だということです。

学習塾だと東京に限らず地方でも有名な学校は多数あり、住宅地にも点在しているので、地理的な欠点は少なくなっています。しかし資格学校の場合、ほとんどは都心に集まり、地方で開講していることは少ないようです。
地方では学校があったとしても、講師がいないので、ビデオ講義を行っているところもあります。実は都心でも、時間帯によってはビデオ講義になっている学校もあるようです。
それなら、高額な受講料を払って通学しなくても、ハイビジョン撮影して映像のノウハウがある通信講座を受講したほうが良いだろうということになりますよね。

また、社会人などは、時間的な都合で通学できないケースも考えられます。
例えば、通常の会社員が帰社できるのは、早くても19時くらいだと思います。そこから移動時間や準備を済ませて、学校で勉強できるようになるのは20時位ではないでしょうか。
その時間帯に開講している学校は少ないので、なかなか授業にでることができません。
受講料が20万円ほどという費用面もデメリットでしょう。


確かに通学講座を利用すれば、勉強の効率を上げる可能性も増えますが、本当に自分がかけるお金と時間のコストに見合った成果を得ることができるか、しっかり計算してみなければなりません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

DVD講義は必要不可欠

DVD講義は行政書士の勉強に必要不可欠です。しかし、DVD講義だけで全て完結できるわけではありません。
あくまでもDVD講義は、テキストや問題集と同様の教材の一つにすぎません。DVD講義だけではなくテキストと問題集も用意する必要があります。

ここで、簡単にDVD講義の役割を説明しましょう。
DVDに限らず、講義というものはテキストに沿ってすすめられます。DVD講義というのは、テキストに書いていることを、深く、早く理解していくツールということですね。

つまり、教材の基本は、テキストと問題集です。
だからと言って、テキストと問題集だけで合格できるかと言われれば、それもまた難しいでしょう。
特に法律関係は、難解な用語や解釈が存在しますので、テキストだけで理解するのにも無理があります。だから、法律をわかりやすく説明してくれるDVD講義が必要なんです。

それと、もう一つ重要なポイントがあります。
DVD講義、テキスト、問題集は、全て内容が統一されていなくてはいけません。
バラバラのものを揃えてしまうと、それぞれ内容が異なってしまうので、効果的な勉強ができなくなります。

例えば、DVD講義の説明とテキストの説明が違うので、頭が混乱してしまう、
テキストで覚えた事を問題集で勉強しようと思っても、対応している問題がない、などとということになりかねません。
勉強の基本は、DVD講義を聞きながら、テキストをみて、そして理解できるか、問題集で確認する。この一連の勉強をつないで行わなくてはなりません。

ただし例外もあります。
それは、ある程度実力がついた後ですが、力試しに模擬試験を受ける場合です。模擬試験はいろいろな学校が行っているので、自分が受講していない学校のものも受けてみるといいでしょう。ですが、それは、試験前の仕上げの段階の勉強です。

あくまでも、テキスト、DVD講義、問題集は同一のものを選んでください。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

行政書士に合格するためのDVD講義とは

良いDVD講義とはどのようなものかと聞かれれば、多くの人は、講義の内容がわかりやすいものだと答えるでしょう。でも、購入前に講義がわかりやすいか、わかりにくいか見分けるのは困難ですよね。
なぜなら、講義は実際に勉強してその良さがわかるものですし、ホームページ上などで確認できる講義は数分くらいのものですから。なかなか良し悪しを判断できません。

では、どのように見極めれば良いのでしょう?
その答えは、DVD講義と資格学校での講義の差を理解する必要があります。

当たり前の話ではありますが、資格学校は講義を生で聞け、DVD講義だと画面を通じて聞くことになります。
そこで生まれてくる違いは講義の迫力です。
これが最も大きな差になってしまうのです。
どんなにDVD講義の精度が高くても実際のライブ講義には勝てません。やはり迫力ある講義を聞くほうが勉強する上での理解度が変わってくる部分があります。
逆に、例えどんなに講義が上手かったとしても、迫力がなければ勉強に飽きがでてしまい、挫折する原因にもなります。
つまり、良いDVD講義を選ぶ際に必要なことは、映像の迫力と言う事になります。

それでは、迫力のある映像とはどのような物か。
それは、専用スタジオでハイビジョン撮影しているDVD講義です。簡単に言えば、皆さんが普段見ているテレビと同じような撮影方法だと考えればいいでしょう。
DVD講義のほとんどは、家庭用のデジタルカメラを一台講師の前に置いて撮影しているくらいの物です。たとえカメラが良いものだとしても、固定されていては、画面全体、特に背景が動かないので、長時間見るのは困難です。動きが少なすぎると飽きてしまうので集中力が持ちません。

ですから、これからDVD講義を選ぶ際は、専用スタジオでカメラを数台使い、ハイビジョン撮影している物を探してください。
そうすれば、画面全体に迫力と動きがある、臨場感のある講義を聞くことができます。ぜひ、気になるDVD講義を販売しているホームページで、撮影内容を確認してください。
もしホームページに記載がなければ、サンプル講義を見て、電子黒板になっているか確認してください。通常の黒板のところは大抵ハイビジョン撮影ではありません。通常の黒板だと板書の音や時間がストレスになり、板書中の間が退屈になってしまうので、勉強をスムーズに進めることができません。これも重要なポイントです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

良いDVD講義を見つけるには

ここで、合格に必要な教材についてまとめておきましょう。

テキスト、問題集、DVD講義を用意し、内容を統一させること。
DVD講義は、ハイビジョン撮影していること。


では、次にその2点をそろえるためにはどうするか考える必要があります。
結論から言うと、一番簡単で確実なのは、通信講座です。

独学では、本屋さんに行って教材を選びますが、良いDVD講義は販売されていません。DVD講義を販売している教材屋さんもありますが、内容の統一されたテキストと問題集を揃えることはできません。
つまり、必然的に通信講座になってしまうのです。

しかし、通信講座といってもさまざま、ちょっと問題のあるものもあります…
正直なところ、大手と言われているとこでも、実際は合格するには程遠い内容のところがあります。誇大なキャッチフレーズでユーザを刺激して、実際の講座の内容はお粗末なところもたくさんあります。
そこで、ここで良い通信講座を選ぶためのポイントを説明していきましょう。


■DVD・CD講義は付いているか?
良いDVD講義を選ぶポイントはすでに解説しましたので、ここでは省きます。
それ以前にDVD講義がついていない通信講座もあるので、必ず確認してください。また、DVDだけではなく、CD講義も出来るだけ用意して下さい。

というのも、CD講義は音声だけになるので、DVD講義に比べて法律の理解が劣ってしまいます。
しかし、通信講座を利用する人の多くは、勉強時間をあまり自由に取ることができないでしょう。そのため、時間を有効に使う必要がありますので、通勤電車や外出先でも聞くことができる CD講義も必要となるのです。


■テキストはフルカラーになっているか?
ほとんどのテキストは、わかりやすくするために図表を多用していると説明されています。しかし実際にテキストを見てみると、疑問符をつけたくなるような内容のものがたくさんあります。
でも、実際に手にとって見ることのできない通信講座では、購入前に確認のしようがありません。そこで、テキストの質を見分けることができる簡単な方法があります。
フルカラーになっているかどうかです。

フルカラーになっていれば、実際にお金をかけてテキストをつくり込んでいるということですので、良い通信講座だと想像できます。もちろん良さはそれだけではありません。フルカラーになっていれば、重要項目ごとに色分けされているので、何を重点的に学習すれば良いか一目瞭然ですし、脳に刺激を与えることができるので、記憶力もアップします。


■パソコンや携帯電話でも学習システムを取り入れているか?
通信講座は、自主的に学習することになるので、飽させない工夫をしなければなりません。
しかし残念ながら、行政書士のような法律の勉強は、正直言って楽しくない部分がたくさんあります。そんな中で、テキストや問題集だけの勉強になってしまうと圧迫感があり、手が進まないこともあると思います。そこで、パソコンや携帯電話で学習ができると、普段から常に接しているツールですので、気軽に勉強することができます。


■質問には対応してくれるか?
勉強を続けていくと孤独に苛まれ、わからない問題が出れば途中で投げ出したくなることもあります。そんな時に講師に質問できれば、わからない問題も解決でき、励ましの言葉をもらえることがあるので、モチベーションを上げる事ができます。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

段階に応じて確実に勉強していく

ところで、皆さんが勉強する際に気をつけていることはなんでしょうか?
「復習は欠かさない」「書きながら覚える」「時間を意識して問題を解く」など、色々あると思います。
そうした勉強法は大切ですし、合格するためには必要です。

ですが、その他にも意識して欲しいのが、段階に応じた勉強です。
独学では特に、カリキュラムも自分で決める必要がありますので、きちんと考える必要があります。ついつい段階を飛ばして、難しいことをやってしまうことがあるんです。

基礎を固めてから応用に入るといった基本的な勉強法は、当たり前と言えば当たり前ですが、意外とできないんですよね。


■まずは、大まかな流れを把握する(基礎知識編)
はじめは、DVD講義とテキストを使って一通り目を通し、各科目の流れや、どういったことを勉強するのかm全体像を把握します。内容がよく理解できなくても大丈夫です。細かな項目を気にせず、どんどん先へ読み進めてください。
DVD講義があれば、一度目を通しただけで、全体の流れをを掴むことくらいはできます。


■細かなところまで注意しながら理解する(基礎知識編)
一度目を通すことができたら、次は細かな法律を理解していって下さい。
用語の意味することや制度、各項目の目的など、DVD講義の説明を聞きながらテキストに目を通し、一つ一つ丁寧に確認して下さい。
もちろんこの段階で完璧になることはありませんが、自分なりに理解できたと思うまで勉強します。


■問題集を使い基礎固めをする(基礎知識編)
次は、問題集を使い、実際に勉強したことが理解できているか確認します。
この時、注意して欲しいのが過去問を使わない事です。過去問は応用問題が多く、基礎が固まっていない段階で勉強しても解けません。無理にこの段階で過去問を解いてしまえば、勉強が難しく、挫折してしまう事も考えられます。
ですから、この段階では簡単な基礎問題集を使い、ここまでやってきた勉強の確認に徹して下さい。もし、わからない問題や理解できない問題が出てきたら、DVD講義とテキストに戻ってもう一度確認します。


■過去問演習
ここで、ようやく過去問に入ります。 過去問は、10年分くらい用意して、最低でも3回は勉強してください。 一番大変で、一番時間を使う勉強ですが、過去問を解けるようになれば、合格レベルに達することができます。毎年過去問から類似問題が多数出題され、その上、出題範囲もある程度絞ることができるので、どこを重点的に勉強すれば良いか理解できてくるからです。
過去問が行政書士の勉強の中心になると言えますので、何度も繰り返し解いてください。


■模擬試験を受ける
模擬試験の目的は、今までに勉強したことがどれだけ身になっているか、力試しをすることです。
模擬試験を受けることで、客観的な今の弱点を把握することができ、試験までの残り時間を弱点克服の勉強に充てることができます。自分に足りないところを集中して埋めることになりますので、短期間の間に劇的に力をつけることができます。

とにかく勉強時間を捻出する!

私は、行政書士に合格するために一番必要なことは何かと聞かれれば、迷わず勉強時間を捻出することだと答えます。
当たり前と思うかも知れませんが、勉強時間を作れないために不合格になる人は、皆さんの想像以上に多いと思います。特に資格試験というのは、社会人が中心となるため、思うように勉強できない人が多いはずです。

まず勉強時間を捻出するということをクリアーしなければ、どんなに良い通信講座を受講しても、効果的な勉強法があっても、何の意味もありません。
自分が行政書士を目指すとすれば、毎日何時間くらい勉強できるか想像してみてください。
もし、毎日が忙しく勉強時間を確保できそうもないなら、これから説明する勉強時間の捻出方法を読んで下さい。

自分の生活を見渡してみれば、必ずどこかに空いている時間があります。
何も自宅でなくても構いません。外出先でもいいのです。
例えば通勤電車や待ち合わせで空いた時間、昼休み、トイレに入っている時間など、いわゆる隙間時間というのは誰にでもあります。その時にテキストを読んだり、CD講義を聞いたり、携帯学習をしたりすることができます。それぞれの時間は短いですが、それでも全然違うと思います。

ただし、それだけでは到底足りません。自宅で机に向かって勉強する時間も必要です。
その場合は、出勤前の朝がおすすめです。夜だと仕事の疲れや、時には会社の同僚や先輩、接待などでお酒が入ることもあると思います。なかなか勉強できないことも多いでしょう。
しかし、朝なら自分ひとりになれる時間が作れますし、勉強したことも記憶にも残りやすいので、一番のおすすめです。早起きは大変かもしれませんが、これも将来行政書士の資格を取得して、自分が飛躍するための投資と考えれば頑張れると思います。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら