‘開業時の注意点’ カテゴリー

行政書士には法律の素人でもなれるんです

行政書士の試験問題は、やはり難易度が高いです。しかも取り扱われる範囲が広いですから、私のように法律になじんでこなかった普通の人たちにとっては、ひたすら「ハードルが高い!」としか感じられなくても無理はありません。
でも、合格しなければ行政書士になれません。
そして、行政書士の試験に合格しているのは、法令に通じている人たちばかりでもありません。行政書士を目指すと決心するまで、法律に目を向けたことがなかった人たちもいます。


■行政書士試験に受かる能力とただ深い知識・理解との違いに留意する
「法律を詳しく勉強して深い理解を得る」ことと、
「行政書士の試験に受かる能力を得る」ことは、実は完全にイコールだとはいえません。
「すごくまじめに法律を勉強しない合格しない!」というわけでもないのです。
(念のためにつけ加えますが、ただ「試験に手っ取り早く受かる方法を探そう!」と促しているわけではありませんからね!)

言い直しますと、「まじめに勉強していれば受かる」のでもありません。
実は、法律に関する国家試験はいずれもそうなのですが、テキストや法律の条文に書かれていることをただ熱心に読んで、じっくりと理解すればそれで良いというわけでもありません。
実際に各法令が条文通りに現実の社会で適用されているとも限りませんし、できるだけ深く理解しようとしていると時間が足りなくなります。


■行政書士の試験ではテキパキとした判断と解答が必須である
法令の記述式の問題のように、正確に書かないといけない問題も毎年出されています。そういう問題では、法令に書かれていることを忠実に勉強することも大事なのですが、選択問題を解くときには、よく読んで完全に理解してから解答するような時間はありません。

「次の記述の中で正しいものはいくつあるか」
「次の記述の中で誤っているものはどれか」
なんて問題を、試験本番ではたった数分で解かないといけないため、すばやく判断を下す能力が必須になります。


■行政書士試験は素人でも、的確なアドバイスを受ければ合格可能
行政書士の試験は確かに難しいものですが、過去の試験問題を研究するなどして手際よく解く能力を身につければ、法律の素人だった人でも十分に受かるものです。
私もそうでしたが、やはり素人が行政書士の試験を受けるなら、試験に関するアドバイスを綿密に受けることも意図して、評価の高い通学や通信の世話を受けたいですね。



>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

独学でも受かるという話もありますが…

行政書士試験の難易度は、(見方によって変わりますが)総合的に見れば、高い方だと思います。
試験内容や勉強する範囲を知れば知るほど、行政書士の試験に受かる自信を持てなくなる人が増えるかもしれません。よく出る質問に、「どんな勉強法が良いのか」「独学で受かるか」等があります。
実際のところ、行政書士の試験では、独学はおすすめしにくいと思います。私が独学で失敗したからというわけではなく(笑)
まず、独学以外の方法から行政書士になりやすいかどうかを探っていきましょう。


■いちばん無難な勉強法「通学」
もともと、行政書士の勉強内容には疎い人のほうが圧倒的に多いわけです。そんな人のためにこそ、学校があるともいえます。
多くの人たちに確実におすすめできるのはやはり学校です。アンケートを現役の行政書士に取ったら、独学ではなく通学や通信をすすめる声が多いはずです。きちんと勉強できるイメージがありますし、実際に用意される授業内容に不足はないでしょう。
学校の問題は、誰でも行けるとは限らないことです。自分の行動エリアに良い学校がないという人は多いでしょう。それに、費用はかかります。時間的にも、通学に必要な時間の他、講義に合わせなければならないというスケジュールの問題もありますね。


■通学よりもリーズナブルな「通信」
学校よりも広い範囲の人におすすめしやすいのが通信教育です。
通信教育は、学校に行けない人にも、学校に匹敵するレベルの指導を提供してくれるサービスです。時間や費用の面では学校よりずっと融通が利きますし、独学よりはるかに勉強が進んでくれます。専門的な指導を受けながらDVDのような教材で耳や目を通して(ほとんど学校と同じように)勉強できることも多くなりました。


■一番費用対効果が高そうな「独学」で行政書士を受ける是非
通学に比べたら、通信教育は(販売元によりますが)高い出費になるわけでもなく、事実上好きなときに勉強ができる方法なのですが、もちろん独学のほうがもっと安くすみます。
ただ、独学の場合、誰にも教わらずに、すべて自分の力だけで合格しなければなりません。

これは正直なところおすすめはできません。今まで独学で受かった人たちにも会ってきましたが、やはり「他の法律の資格の勉強をした経験がある」という例が多く、最初からすべて独学で、という私のようなタイプでは郷学例を見たことがありません…私だけが勉強できなかったわけじゃないんですよ、やっぱり独学で行政書士に受かるのは至難の業だったんです。
私の意見ですが、結局独学で受からなければ時間も無駄になりますし、一時的にお金はかかってもプロの教えにしたがえば効率がまったく違います。私のように二度も独学で失敗することを思えば、通信講座にかかる費用なんて大したものじゃありません。

どうしても独学で挑戦したいという人は、学校や通信講座のカリキュラムを参考にしてスケジュールを組むべきでしょう。勉強そのものは一人でできても、カリキュラムの面まで自分で考えるのは大変ですから。そして、うまくいかなくなってきたら通学や通信が提供している教材や講座を利用していくような、柔軟な独学をする方向で行政書士の勉強に打ち込むべきでしょう。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

行政書士試験の合格のカギは過去問の使い方にあり!

行政書士の勉強では、とにかく過去問を手に入れてやり込むことが大事です。
独学でも過去問は手に入りますし、しっかり勉強することができます。学校や通信でも、きちんとしている運営元であれば、過去問に関してしっかりした指示があるでしょう。


■行政書士受験では過去問プラス数種類の教材を入手しよう
もっとも、過去問以外にも当然、行政書士のための教材が数種類必要ですね。
メインで使うテキストと過去問のほかに、予想問題集や行政書士六法、そして時事用語集や法律用語解説本が考えられます。


■行政書士の、過去問以外の教材はこう選ぼう
この中で、時事用語集や法律用語解説本は、参考書程度の必要性があります。買ったほうがいいのですが、優先度でいえば過去問やテキストのほうが重要です。
それでも、時事用語集は一般教養対策での必要性が高く、法律用語解説本も分からない箇所がでてきたときには六法とセットで使いたいものです。
なお行政書士六法は、判例がたっぷりと載っているものでないといけません。憲法や民法は判例を読まないと覚えにくいですし、判例がそのまま試験に出されることもあるからです。


■過去問は行政書士受験では必須の教材/繰り返し解こう
過去問は最低でも5年、できれば10年分、さかのぼって手に入れないといけません。そして重要なのが解説です。解説の内容が「法令の条文から掘り下げて説明しているもの」でないと、おそらく役に立ちません。それに加えて、例年の出題の特徴まで解析しているものがベストです。

過去問も予想問題集も、どんなに時間がない場合でも最低3~4回は繰り返して解くべきだと思います。
特に選択問題については、どうしてそれが正答で、どうしてそれが誤答なのか、ちゃんと考えながらやっていくことが大事です。


■過去問と同様に、行政書士試験の予行演習ができる「模擬試験」
試験に適応するという意味では、模擬試験も大事です。
9月くらいになると毎年各地の学校で本番の試験と同じ要領で実施されます。学校に通っていなくとも、これを受けないといけません。どれくらいのペースで解答を書かないといけないのか、どれくらい体力が必要なのか、体験しなければわからないことがたくさんありますから。


行政書士受験に必要な教材はこれくらいになるかと思います。
でも私の場合、独学で勉強しているときには、これらをすべて入手できていたわけではありませんでした。通信講座に切り替えてから、送られてくる教材に含まれていて、ああ、こういうものも必要だったんだ…と初めて気づくものがたくさんありました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

開業と就職に関する注意点

行政書士の難易度といったら、普通は試験の難易度のことをイメージしますよね。
でも、行政書士の試験を受ける目的は何でしょうか。
普通は、行政書士の資格を得て働くことでしょうし、働くからには成功する行政書士になりたいでしょう。
少なくとも、前職より収入も増えて、やりがいもあって、自分で働いている実感を得られるような仕事にしたいはずです。私の場合はそうでした。

そのため、行政書士試験に合格した後のこと、求人等の実態も考えておかなければいけません。

■行政書士の求人や開業の難易度も低くはないことに注意
行政書士に受かるまでもハードですが、実は資格を得てからも意外とハードです。行政書士の年収がときどき話題になっていますが、思いのほか低かったりします…資格を上手く活用できていないケースが多いのです。
行政書士の資格を検討するときは、試験の難易度のほかに合格後の人生の歩み方の難易度も検討してみたほうが良いかもしれません。

■行政書士に登録後、求人や独立の手立ては多いか少ないか?
試験合格後に行政書士の資格を正式に得るためには、各都道府県の行政書士会に登録する必要があります。
その手続きが終われば行政書士と名乗ることができますが、その後はどうやって仕事をすれば良いのでしょうか。

他の資格を眺めていくと、「企業内で働いて、その知識を活かせる仕事をする」という例が多いようです。
でも行政書士の場合、あまりその手が有効ではありません。

  1. 求人を見て、行政書士の資格や能力を活かせる仕事を一般企業で探す場合
  2. どこかの行政書士事務所で職を探す場合
いずれも簡単だとはいえませんが、もともと「社内行政書士」というものは認められていないのです(登録をしないで、行政書士に受かったことだけをPRして採用されれば、それも良いのですが)。
しかし、どこかの行政書士事務所に就職したいと思っても、他の行政書士を雇うような仕事量のある事務所はそれほど多いとは考えられません。


■行政書士は、求人よりも独立を早くから考えた方がよい資格
以上のような事情があるため、行政書士は独立向きの資格だと言われます。
いきなり独立をするのはなかなか勇気がいることかもしれませんが、行政書士の資格を狙う場合、日本の現状(特に、行政書士の求人が増える見込みがないという現状)を考えると、独立・開業が主なゴールになるということを頭に刻み付けておいたほうがよいでしょう。

学校や通信講座では、合格した人の体験談や、実際に行政書士として仕事をしている人の話が多くでてきますので、それらを参考にして、イメージを膨らませながら勉強も進めていければ良いと思います。

行政書士の年収は自分で上げる余地が大きくあります

行政書士の年収にはいろいろな噂が流れています。
具体的な年収について行政書士会等の組織もときどき統計を実施しているようですが、何が正確かわかりにくく、調査規模もまちまちなので、外側の人にとっては真相をつかみにくいみたいですね。私も、そんなにはっきりと多くの人の収入を知っているわけではありませんので、推測の部分もありますが。


■行政書士の年収は平均ではパッとしない!?
行政書士の平均的な年収は、おそらくたいした金額にはならないでしょう。データによっては「10人に1人の割合で年収1000万円以上」なんて結果になることもありますし、逆に「7割くらいが年収500万円以下」なんていう結果になっていることもあります。そうかと思うと、「平均で年収500万円以上」という人もいます。

これじゃ、実際のところが全くわかりませんよね…
行政書士の年収のデータがバラバラになる理由は、正確な統計、回答数の多い統計を実施しにくいからです。また、資格を取得してから開業資金を稼ぐために他の仕事をしている若い人の例や、主婦が資格を得てから子育てがひと段落するまで仕事をしないでいる例などがあります。副業だから少ししか稼がなくて良いという人も、行政書士の場合は少なくありません。だから平均が低くなったり、調査結果がばらばらになったりすることがあるんですね。
でも逆に言えば、一生続く資格ですし、年をとってからでも独立するチャンス、年収を増やすチャンスが行政書士にはあるということです。


■行政書士の年収には、もともと幅ができて当然
実は、行政書士の報酬は行政書士自身で自由に決めることができるのです。
ただし、行政書士には報酬の金額や体系を顧客に向けて明示する義務がありますから、事務所を開いたら、わかりやすい場所に掲げておかなくてはいけません。

このため、同じ業務でも、行政書士によっては1万円もかからない業務が、他の事務所では何十万円もすることだってあります。もちろん、価格競争はありますから、高すぎると顧客に敬遠されるでしょうけれど。
報酬に幅があるということは、結局は本人の力量次第の部分が多いわけです。
たくさんの顧客を持つこと、高い報酬でも依頼が続くような評価を確立することで、収入は上がっていきます。
私はまだまだ駆け出しなので、他の行政書士がどうやっているのか参考にしながら、独自の行政書士としてのキャリアアップ(と年収アップ)を狙って勉強を続けています。

行政書士の取り扱える仕事の範囲

行政書士は、多岐に渡った幅広い仕事を請け負えます。
行政書士の仕事は、お客様からの依頼を受けて、役所に提出する書類作成をおこなうことが主になります。具体的には、遺言書を作成したい、会社を設立したい、喫茶店を開業したいなど。取り扱える書類の種類は1万を超えると言われています。

その代表的な書類の例は…

  • 建設業許可
  • 会社設立
  • 自動車登録・車庫証明
  • 風俗営業許可
  • 相続・遺言関係
  • 契約書関連
  • 交通事故損害賠償関係
これはほんの一部ですが、例えば上記のような法律的な書類作成をしています。
しかし、何も書類作成だけが仕事ではありません。実際にはお客様と何度も打ち合わせを繰り返し、要望を聞き入れ、世の中の動向に合わせながら、許可申請をしていくようになります。

そのためには関連する様々な情報を集めることも必要ですし、自分自身も勉強しなくてはいけません。時には、業務と直接関係なくとも法律的なアドバイスをすることだってあります。
例えば自動車メーカーなら、自動車を開発する前に競合他社の製品、お客様のニーズ、部品、デザインなど様々なリサーチをしてから、はじめて開発する事ができるでしょう。行政書士もそれと同じ事で、本来の仕事の周りに、たくさんの必要な業務が生まれるのです。
要するに、書類作成は報酬を得るためのツールで、実際にはその事前準備に相当な労力が必要なのです。だからその分やりがいも感じるのかもしれません。

さらに将来性も大いに感じます。
規制緩和の流れで新しい法律ができて、その分だけ様々な手続きが必要になり、行政書士の取り扱える書類の数も増えてきています。法律もどんどん改正されて複雑になってくるので、専門的知識を有した行政書士がもっと必要になるはずです。
今後も行政とのやり取りがなくなる事はありませんので、安定した仕事の需要があるはずです。
行政書士のやりがい、需要、将来性も、試験勉強の一つの励みになると良いのですが。

行政書士で稼げる人と稼げない人

行政書士も他の仕事と同じく、稼げる人もいれば、稼げない人もいます。

では、なぜ稼げないのでしょうか?
理由は色々あります。開業して間もない行政書士は顧客がいませんから、いきなり稼げるほど甘くはありません。自宅で開業している主婦の方は、子育てや家事に追われて仕事が思うようにできず、副業みたいに仕事をしているので稼げはしない、などという理由もあります。

しかし一番の理由はやはり、資格を持っていればお客様が勝手にきてくれると思い込んでしまっているのが原因ということが多いと考えられます。
資格を持っているというのは、その仕事をする権利を得たというだけなので、誰もあなたのことは知りません。
こちらからお客様にアプローチしなくては、仕事がもらえるところか、存在そのものにも気づいてくれないのです。
だから、マーケティングや営業力、人脈が必要になってきます。
年収数千万円と稼いでいる人は、そのことを良く知っています。

例えばホームページやチラシを作るにしても、どうすればターゲットとなる見込み客に見てもらえるのか? どうすれば仕事を依頼してもらえるのか? 常日頃から研究しなければなりません。
また、昔の人脈を生かし、様々な人と常にコンタクトを取って、何かあれば仕事がもらえるようにも心がけています。
このように、こちらからアクションをかけて、はじめて仕事の依頼がくるようになります。

行政書士は合格率の低い資格ですが、毎年合格者が出ているのですから、行政書士が増えているという事は間違いありません。
そうなれば当然、行政書士間でお客様の取り合いになります。
ですから、マーケティングや営業力、人脈を意識するのはもちろんですが、まだ市場が開拓されていない専門分野を見つけていく事も重要です。それには普段の勉強はもちろん、経験も必要になります。

しかし逆に言えば、そのようなことで、誰にでも稼げる可能性があるということです。

今はインターネットという大変便利なツールがあります。
一昔前なら新聞や雑誌、折り込みチラシなど高いお金と時間をかけなくてはいけなかった宣伝が、今ではインターネットを使い数千円~数万円で多くの人にアピールできるようになりました。
そのインターネットを自由に使いこなせる今がチャンスなのです。 後はあなたの工夫次第で、いくらでも稼ぐ事ができます。

これから行政書士を受験する方には、まだ先の話と感じられるかもしれませんが、今からイメージしながら勉強していると良いと思いますよ。

稼げる可能性が高い行政書士

行政書士を目指す皆さんにとって、開業後の収入は大いに気になることですよね。

きちんとした公共機関が調査したものはないので、実際のところの年収はわかりません。平均で年収300万とか、500万とか、700万円以上とか、いろいろな調査結果が発表されています。
実際のところ、私の印象でも、非常に幅が広そうだということは言えます。さすがに私も、大きな事務所を持っている行政書士さんに収入を聞けるほど仲良くなれていませんので(笑)

しかし、1つだけいえるのは、稼げる可能性が高い、ということです。

というのも、行政書士のお客様になる対象は、個人・法人を問いません。
その上、取り扱える書類の数は1万以上あり、仕事は無数に存在します。
つまり、需要がたくさんあるのです。

実際に稼いでいる行政書士は、その特徴を理解しているので、競合がまだ少ない自分の専門分野を発掘して仕事をしている人が多いようです。他の人には頼めない分野があれば、それはもう独占ですからね。
さらに、行政書士の報酬は好きなように設定できます。大体1つの書類作成で10万円くらいが相場です。
しかも原価はほとんどかからないので、その報酬がそのまま自分の収入となります。
結果、年収が1千万円以上の人はそんなに珍しくなく、中には2千万、3千万稼いでいる人も多くいます。
オーバーに聞こえるかもしれませんがそれが行政書士の実態です。

行政書士は稼げないと耳にすることもありますが、そんなことはありません(笑)
もちろん稼げない人もいますが…しっかりと稼いでいる行政書士がたくさんいることも本当です。

どんな業界でも、稼いでいる人もいれば、稼げない人もいます。
一時期はバブルとまで言われたインターネットの世界でさえ、実際に稼げている人は1割程度といわれています。
これは資本主義の原理なので仕方のない事です。ただ、行政書士は稼ぐと言う意味では、他の業界に比べてハードルが低く、誰にでもチャンスがあるのは間違いないと思います。

あとは、どうやったら年収を上げられるか、しっかりと考える事です。
資格を取得しただけではお客様は寄ってこないので、そこは個人の努力次第なのでしょう。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら