‘独学’ タグ

独学で行政書士試験に挑戦!

確かにKさんとY子の言うとおり、親のコネで入社した会社です。私は本当に“気楽なお嬢様”だったんです。

何かやらなくては! 自分で仕事をしたい!
そうだ、ずっと働ける資格を取って、あいつらを見返してやりたい!

そんな思いで、いろいろな資格についてインターネットで調べました。
そこで目にとまったのが「行政書士」でした。難しい資格だから、私が合格したらみんな驚くだろうし、なにより独立して自分で仕事をしていける。これをとって会社を辞めようと決心しました。

次回の試験までは約半年、本屋さんにいって参考書を買ってきて、勉強を始めました。
法律知識ゼロの私は、まず入門書から始め、法律の専門用語に慣れてから、基本の参考書に入りました。そして過去問の演習に取り掛かり、間違えた箇所や暗記が十分でないところは、また参考書に戻り復習、という流れ。
試験の1ヶ月前に模擬試験を受けようと思いましたが、まだまだ準備は十分とは言えませんし、ここで悪い点数だと落ち込んでしまうと思い、模試は受けずに本試験日を迎えてしまいました。

結果は…ボロボロでした。
試験日まで勉強が足りていないという不安を消すことができず、それが結果として出たのです。

(やっぱり中途半端だった。でも悔しい、合格するまでやり続ける。ここでやめたら、私の人生なにも変わらないじゃない!)
と、再チャレンジを誓い、さらに新しく参考書を10冊ほど購入しました。
そしてまた勉強を続け、2年目の試験。その結果も…また不合格でした…

勉強を始める前にすべきこと

2回目の不合格に直面しても、私の決心は変わりませんでした。
でも、このまま独学で同じ勉強方法を続けていても、ずっと合格できないんじゃないかと感じました。まず、勉強方法から見直さないとダメだと。

もう一度インターネットを使って勉強法を調べるところから、3年目の挑戦を始めました。
どうすれば受かるのか。教材について検索すると、独学は難しいから、予備校に通うか、通信講座を受講するか、どちらかにしたほうが良いという意見が圧倒的でした。
予備校については考えたことがありましたが、会社を辞めないと通えません。合格するまでは会社は辞めたくなかったので、あきらめていました。
でも、通信講座については全く考えていませんでした。一度調べてみようと思い、見つかった通信教育の会社10社ほどについて、学費、教材の内容、フォロー体制、各講座の標準学習時間などを比較しました。ほとんど聞いたことのない会社ばかりだったから、それくらいやらないと何が良いのか、何が違うのか、わかりませんでした。

その後、良さそうな数社に資料請求をしました。資料が届くのを待つ間は、口コミをチェックしました。普段はあまり口コミは信用しませんが、行政書士については相談できる友人もいないので、自分の力で良し悪しを見極めなければならないと思いました。
資料が届いて、口コミもチェックして、行政書士の勉強のことや通信教育の会社について詳しくなりました。こんなにたくさんの通信講座があり、それぞれ特色のある教育を提供しているということに少し驚きました。こんなにニーズがあるということは、私のように独学で失敗している人がたくさんいるということなんでしょう。

送られてきた資料を比較して、私はフォーサイトという会社に決めました。

教材は、テキストのほかに、DVDとCDがついています。教材の内容は、講座選びの決め手になった項目のひとつでした。

3年目にしてようやく準備が整ったような気がしました。独学で勉強していたときとは全く気持ちが違います。
後は勉強するだけ、というような安心感を持ちました。独学だと、これを勉強すれば大丈夫だ、という気持ちになれなかったものですから…
あとは勉強時間の確保でした。やはり独学の間は勉強時間自体も足りていなかったらしく、今度は計画的にすすめなければなりません。送られてきた教材の中から、受講ガイドと試験の戦略について書かれた本を参考にして、計画を立てました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

勉強するための時間活用術<朝>

次は朝。やっぱり朝も勉強時間を作らないと…と思うようになりました。独学の時には考えませんでしが、通信講座なら進捗状況が分かるので、どうしても勉強時間を増やしたくなります。良い効果ですね。

私はもともと朝が弱くて、目覚ましがなってもなかなか起きられません。でも、朝の勉強時間も確保したい。受大学験のときには、朝型が良いと言われて実行していました。でいないはずはありません。

はじめに、朝5時に起きる練習をしてみました。起きたらテレビもつけず、とにかく机に向かってテキストを開きます。眠くてもまずは勉強しようとしてみることから。どうしても目が開かないときはシャワーを浴びました。はじめはボーっとしているけれど、字を追っていると頭が働くようになっていきました。
朝早いと、自然と夜は眠くなるので、夜の勉強が終わるとすぐにぐっすり眠ることができました。

これで朝の勉強時間を90分確保しました。夜の90分2セットと合わせて、平日4.5時間の勉強時間です。それまでは1日なんてあっという間で、勉強する時間なんてないと思っていたけれど、やる気になればこんなにたくさんの時間が生まれるんです。

朝の時間については、最初は自宅での勉強を習慣にしたのですが、そのうちに会社の近くのドトールで勉強することが多くなりました。理由は、早い時間は電車がすいていて、移動時間でもテキストを読めることに気づいたのと、家でやるより緊張感があること、会社に行くぎりぎりまで勉強できることです。

ちなみに、週末も同じ時刻に起きるように心がけました。せっかくの習慣が、週末ごとに乱されるのは良くないと思ったのと、週末だからと朝寝してしまうと、結局勉強時間が減ってしまうから。
ただ週末だけは、どうしても眠ければ少し昼寝もしました。もちろん、夜はいつもと同じくらいの時間に寝るようにして。一度自分のルールを決めてしまえば守るのは簡単で、逆にそれ以外の時間は自由という考えになります。

行政書士の勉強をしているということは、そんなに多くの人に話したわけではありませんが、それでも、「そこまでして…」という人もいました。確かに私自身、独学で勉強していたときには、ここまで時間を割くようになるとは思っていませんでした。
でも、絶対に合格したかった。人生にはメリハリが必要なんだと思います。だらだら過ごしていた日々だって、もちろん楽しかったんです。でもこの時は、行政書士になりたいという気持ちが強かったので、自分の時間が勉強一色になっても苦になりませんでした。

こうすれば合格できる! 私が成功した勉強法

私は行政書士の勉強を始めて2年間、多くの時間を費やして、猛勉強したのに合格できませんでした…
なんで独学では合格できないのか…
私はその原因を調べました。

主な原因は以下の3つ。

  • 参考書が多すぎて要点がわからない
  • 疑問点の解決に時間がかかる
  • 試験の傾向や分析ができない
私が2年間で購入した参考書や過去問題集は20冊以上にもなりました。
とにかくいろいろな参考書を読み、すべての情報を頭に叩き込むことが必要だと思っていたんです。それが逆効果になって、試験に出る重要点がどこかわからず、ただ時間だけ使って勉強していたのでした。
これは勉強する道案内が必要なんだ、間違った道を進んでしまうと、いくら時間をかけても合格なんてできないんだ。そう思って、独学での挑戦を諦め、通信講座を受講することに決めました。

そこで私が選んだのがフォーサイトでした。
フォーサイトの教材には、テキストやDVDなどのほかに「戦略立案編」という冊子が入っていました。
これは、合格=ゴールに向けて戦略を練る⇒学習スケジュールを立てるためのもの。この冊子を参考に、まずは道筋を定めました。
そして次にテキストを見ると、今まで私が参考書で見た内容がたくさん出ていました。きちんと覚えられてはいないけれど、見覚えのあるものばかり。でも、これまでの参考書と明らかに違うところは、試験で出る要点のみが載っているところでした。広く浅く学習していた私にとっては、どの部分も見覚えはあるものの、頭に入っている要点はありませんでした。

私はその要点を過去問と共に繰り返ししつこく復習していきました。そして、試験1ヶ月前の模擬試験では、
合格ラインを突破!
独学で勉強した2年間とは比べものにならないほど、自信を持って試験に臨むことができました。

結果は、もちろん合格!
ようやく3年間の苦労と努力が報われ、私は31歳にして、人生で初めて達成感を味わうことができたのです。
Kさんとの恋愛、同僚の裏切り、婚約破棄など、この5年間には本当に辛いことがたくさんありました。そして私自身も未熟でした。
でも、行政書士試験に合格し、自信が持てたことで、それからは過去は振り返らず、前向きに進んでいます。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

行政書士独学の実態

このサイトを見てくれている方の多くは、独学で勉強しようとしていることでしょう。
そこで、行政書士に独学で勉強した場合の実態を説明していこうと思います。

まず、行政書士に独学で勉強する方の多くが勘違いしていることがあります。
それは、市販されているテキストや過去問を理解すれば、合格できると思っていることです。
しかし、残念ながら市販教材では限界があります。

秘密があるんです。
一般に販売されている行政書士の教材は、誰が作っているかわかりますか?
その多くは、資格学校が発行していますね。

よく考えれば分かると思いますが、資格学校は、受講者に通学してもらって、はじめて学校経営がなりたちます。
それにも関わらず、自ら発行している教材で合格者をバンバン輩出してしまったら、教材を発行している意味はありません。学校経営にとってもマイナスになってしまいます。

勘の良い方なら分かると思いますが、市販されている教材は、あくまでも宣伝を目的としているものです。
それを使って勉強する人たちを合格させるためのものではありません。
もっと言ってしまえば、市販の教材だけでは合格できないと分かっているのです。ですから、あれらの教材の中身は、簡単な基礎知識だけになっています。細かなテクニックや学習法は載せていません。というよりも、ページ数や文字数の関係で全て載せることはできないのです。

そのような理由から内容が薄くなっている教材であるために、逆にそれを分かりやすい感じて、その教材を良いと思い込んでしまう人も多いようです。しかし、その教材で勉強しても、ほとんど合格できません。


そもそも、独学で勉強する事がどれだけ大変か、多くの方は理解できていないと思います。
例えるなら、国立大学に、塾や学校にも行かず、テキストだけで合格するようなものです。

このサイトを見てくれている皆さんは、これまで塾の講師や学校の先生から学びながら勉強していたはずですので、まったく独学で勉強した経験はないはずです。
それにもかかわらず、資格の勉強になると途端に独学で勉強しようとするのです。

それでも独学で合格しようとするなら、最低でも2年くらいは、仕事、食事、睡眠、お風呂といった生活に最低限必要な時間以外、すべて勉強するだけの覚悟が必要です。
ですが、大抵の人はそれに耐えられません。挫折してしまいます。
それが独学の実態です。

行政書士独学での教材選び

先ほどのページで、市販されている教材には限界があると説明しましたが、とはいえ、その中で少しでも良い教材を購入する必要があります。教材による学習効果の差は、思いのほか大きいものなんです。

まずはどのような行政書士の教材が良いのか、基本を抑えていきます。

  • 基礎中心のわかりやすいテキスト
  • 問題数が多い過去問
まず、勉強をはじめる際には、上記の2点だけ注意して購入すれば良いでしょう!

「基礎中心のわかりやすいテキスト」に関して言えば、
はじめて行政書士の勉強をする方にとっては、聞きなれない用語や難しい法律の解釈が出てきて、何のことだかさっぱりわからないと思います。
そのため、はじめから詳しい説明がたくさん載っているテキストを購入してしまうと、まったく理解できず、高い確率で挫折してしまいます。

はじめての行政書士の勉強で重要なのは、挫折しないで続けられる工夫をする事です。
はじめから、完璧に知識を覚えようとしても無理が生じます。
まず最初は基本を抑えられるテキストを購入して、ある程度のレベルまでいった後に、内容の濃いテキストを購入するのが合格するためのポイントです。

次の「問題数が多い過去問」については、
過去問の目的は、多くの問題に触れて出題パターンを理解することです。そのため、問題数が多いことが重要です。目安とすれば過去10年分くらいが網羅されている物が良いと思います。

ただ、はじめての段階では過去問は必要ありません。いきなり過去問に手を付けても逆効果です。
そのため、はじめから購入する必要はありません。とりあえずは、テキストに付随している問題で十分です。

もちろん、上記以外にも参考書や一般教養の問題集なども必要になります。

しかし、それに関してはあえて触れません。

何故なら、テキストを一冊終えている頃には、ある程度知識が付き、自分にはどのような教材が良いのか理解できるようになるからです。

教材で一番重要なのは、他人の評価ではなく、自分との相性です。ですので、必ず書店へ足を運び、自分の目で確かめて購入して下さい。それが最も良い教材を購入できるポイントです。

これらの教材は比較的良いと思っています。あくまでも個人的な意見なので、参考までにして下さいね。
  • うかる! 行政書士 総合テキスト
  • 出る順行政書士ウォーク問過去問題集

合格するために必要な勉強時間

どのようなスタイルで勉強するか決まれば、次に学習計画を立てなければいけません。

そこで必要になる情報が、合格するまでの勉強時間です。
トータルの勉強時間が決まれば、後はあなたの毎日のスケジュールに合わせて学習計画を立てれば良いので、おのずと、やることは詳細まで決まってきます。

問題は、何時間勉強すれば良いのか、ということです。

必要な勉強時間というのは、その人の学力・基礎となる知識量・モチベーション・勉強法などによって変わるので、一概に言うことができません。
仮にAさんとBさんがまったく同じ方法や環境で勉強したとしても、それにかかる勉強時間は異なります。
それを前提にあえていうなら、大体600時間~1000時間といったところでしょう。

これだけ勉強時間に開きがあるのは、学習スタイルによって必要な時間が変わってくるからです。
独学で勉強する方は多くの時間が必要になります。最低でも1000時間は必要でしょう。
通信講座で、しかも質の高いところを受講すれば、600時間でも合格する可能性が高くなります。

誤解しないでほしいのは、ここで説明した勉強時間はあくまでも目安の一つだということです。
これくらいの時間数勉強したからといって、確実に合格できるという保証はありません。

特に、独学で勉強される方は、1000時間勉強しても、合格できるか微妙なところです。
それよりも、多くの方はそこまで勉強することができず、挫折してしまうでしょう。
これは、独学全般に言えることで、はじめは誰でも一度決めた勉強時間を必ず達成しようと意気込むのですが、徐々にモチベーションが下がり、挫折してしまうのです。

通信やスクールならば、挫折しないための教材やカリキュラムが用意され、仲間がいるので問題ありません。
しかし、独学だとそうはいきません。

ですから、独学で勉強される方は、独自の挫折しない工夫が必要なのです。
例えば、一度紹介したように、簡単なテキストからはじめるとか、やさしい問題から解くとか、色々な手法が考えられます。
これくらい勉強すれば合格できるかもしれない、という目安の時間数はありますが、それよりも大切なのは、それだけの時間数勉強するかではなく、実際にそれだけ勉強できるかです。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら