‘行政書士の仕事’ タグ

行政書士の仕事って、やりがいありますか?

「国家資格者の地位ゲットと、独立開業の夢が叶う。」それが行政書士だと思っています。

行政書士について、皆さんの「知りたい!」を満たすことができたでしょうか?
勉強法については、周りの人にも話を聞いたりしたのですが、結局は私の合格体験記になってしまいました。
でも、リアルな情報なので参考にはしていただけるのではないかと思います。

行政書士の資格は、ひとことで言うと、
「国家資格者の地位ゲットと、独立開業の夢が叶う。」 それが実感です。
目標が違う人もいるかもしれませんが、多くの人が最終的には独立開業を目指しています。一国一城の主ですからね。自由に働きたい人もいれば、ずいぶんと稼ぎたい人もいます。私の場合は独立、自立という働き方にあこがれて資格取得を決めました。

最後にこれから行政書士を目指す皆さんにメッセージを送ります。
それは、資格のための資格じゃないし、資格はブームで取るものではないということです。

どういうことかというと、なんとなく最近資格が流行っているようで、ノリで勉強を始める人が多いみたいなので。それ自体は悪いことではありませんが、少なくない人が途中でドロップアウトしてしまうのだそうです。
それは、時間とお金の無駄です。きちんと行政書士の仕事を知って欲しいし、その上で目標をもって勉強に打ち込んでもらいたいのです。
余計なお世話と思われるでしょうが、それがやっぱり成功への道の歩み方なのです。

行政書士になるにはどうすればよいですか?

行政書士になるには、行政書士試験に合格することが必要です。行政書士の受験資格は特にないので、誰でも受けられ、試験に受かれば誰でも行政書士になることができます。

これは、実はとても重要なことです。
資格の中には、社労士のように試験自体の受験資格が学歴や実務経験などで制限されていたり、宅建のように試験に受かっても実務経験などの条件が揃わないと宅建主任者として働けなかったりするものがあります。その点、行政書士はシンプルです。

行政書士として働くには、自分で行政書士事務所を開業する、法律事務所・行政書士事務所に就職する、2つのパターンがあります。
多くの人は独立開業を目指しますが、社会人経験のない人や仕事の仕方のわからない人は、いったん就職して、ある程度、力をつけてから開業するという人もいます。

就職するメリットは、仕事を教わることができる、収入が安定する、大きな案件が扱える、この3つが考えられます。特に独立開業にこだわらない人は、就職でもかまわないでしょうね。
もちろん、求人情報を見る限り、需要はたくさんあります。ただし、大きく稼ぐ可能性は低いかもしれません。どこかのタイミングで、「独立したらもっと稼げるかも」という瞬間が訪れるのではないでしょうか。そのときは、独立という選択肢が生まれますね。

細かいメリット・デメリットはいろいろあるでしょうが、私の場合は自立して仕事をしていくということが目的で資格を取得しましたから、はじめから独立開業を視野に入れていました。
普通に考えれば、収入が安定しない、営業ができない、仕事の仕方がわからないなど、不安なことも多くありますが、それでもやはり開業は魅力的です。
社交性があったり、お酒が飲めたり、夜出かけることができたり、連絡がまめだったり、そういう人は独立していくのに強いかもしれませんね。

行政書士と他の国家資格の違いは何ですか?

行政書士と他の国家資格の違いは、いろんな切り口で説明することができます。

まずは、系統分けです。
だいたい大きく2つに分けられます。会計系と法律系です。
会計系の資格には、公認会計士、税理士、ファイナンシャルプランナー(FP)があります。お金に関する仕事ですね。
行政書士は、もう一方の法律系の資格に入ります。行政書士のほかには、弁護士、司法書士、弁理士、社労士、宅建主任者などがあります。

次に、役所に書類を提出するという業務内容からの切り口です。
上記の例では、税理士、司法書士、弁理士、社労士も、行政書士と同じように書類を作成します。
 税理士→税務関係
 司法書士→登記関係
 弁理士→特許関係
 社労士→社会保険、年金関係
 行政書士→それ以外の全て
このように、資格によって行える業務が決まっています。行政書士は、「行政書士にしか扱えない」という独占業務はありませんが、業務の範囲はもっとも広くなっています。その分、チャンスも無限大です。

参考までに、試験の難易度についてもご紹介しておきましょう。難易度はあくまでも一般論です。
また、難易度と年収は必ずしも関連性があるわけではないようです。やはり、経営センスがものをいうわけですね。
 超難関→弁護士(司法試験)、司法書士、公認会計士
 難関→税理士、弁理士
 やや難関→社労士
 やや容易→行政書士
 容易→宅建、ファイナンシャルプランナー(FP)

数ある国家資格の中における行政書士の位置づけとしては、「取得が比較的容易で、高年収の見込みも低くない。」そういった感じでしょうか。
もちろん、国家資格はどれも取得が大変です。あくまでも比較論ですので、誤解のないようにお願いします。
行政書士は、法律系の資格の入門編とも言われていて、さらに上の資格をとる通過点と考える人も多いようです。

行政書士の仕事はどんなものですか?

行政書士の仕事には、書類作成業務、相談業務、代理業務の3つがあります。

いずれもその名の通りの仕事ですが、中でも主な案件は書類作成業務です。相談のみ、代理のみというのはほとんどありません。相談を受けて書類をつくる、書類をつくって代理で提出する、などとなります。

報酬体系は、一案件いくらというものと、期間契約でいくら(年間いくら、ひと月いくらなど)というものと、この両方、3タイプが主なものです。
一案件いくらというのは、だいたい相場が決まっています。
報酬の低いものだと、自動車の登録申請のようなもので1~2万円くらい、高いものだと、社会福祉法人設立認可申請などで70万円~100万くらいです。かなりの開きがありますよね。

通常、行政書士として働く場合は、法律事務所か行政書士事務所を開業します(もちろん、就職する人もいます)。
規模が大きくなれば多方面の案件を扱うようになりますが、個人事業レベルでは対応できません。ですから、何かの分野に特化して業務を行います。

先ほど例にあげた、自動車の登録申請に特化した場合は、ある程度のスピードで件数をこなしていかなくてはなりません。
では、社会福祉法人設立認可申請に特化すればよいのかといえば、報酬は高くても案件が多くありません。
つまり、案件が多く簡単なものほど薄利多売で儲からない、単価が高くても案件が少なければまた儲からない。
うまく人がやらなくて需要がある分野を見つけることが成功の秘訣です。

最近注目の分野としては、外国人関係、遺産相続関係があります。
いずれも今の社会を見渡してみると、なるほどという感じですね。単価はそれほど高くありませんが、案件はたくさんありそうです。時代を読む力も要求されるのかもしれません。

行政書士の年収の平均は650万円ほどと言われています。
でも、経営センスがよければ2000万円も夢じゃありませんし、逆にまったく平均に届かない人もいます。こればかりは、事業者として手腕が問われますよね。
人脈(コネ)、営業力、集客力、商品力(特化した分野)、いろんな力が必要です。

行政書士って何ですか?

行政書士とは、役所に提出する書類を作成するのをお仕事にしている人です。
単に書類を作成するといっても、世の中はあらゆる法律によって形作られていますから、法律知識がないと務まりません。
そういった知識を学び証明するために、行政書士の国家資格をとります。

たとえば、想像しやすいところで例をあげると、皆さんが個人事業を始めるとします。そのとき、どこに何を申請すればよいか知っていますか? 基本としては、国税局、地方税事務所に届出を出せばOKです。
これくらいの知識は、インターネットや書籍で簡単に知ることができます。
でも、事業の内容が化粧品の製造・販売だとします。そのときは、化粧品関係の法律、販売に関する法律などに則った申請をし、認可を得る必要があるでしょう。
このレベルの専門的な部分については、行政書士に依頼することがほとんどです。
そうでなければ、どこに、何を、どんな形式で、いつまでに、書類を提出する必要があるのがわかりませんよね? 当然のことながら、必要な手続きを踏まずに営業をすると、違法業者になってしまいます。

これはほんの一例ですが、目に見える部分はシンプルな社会でも、細かく複雑なルールの上に成り立っているのです。
行政書士は、そういった手続きのプロとも言えます。

ただし、行政書士しか扱えない案件があるわけではありません。
先ほど例としてあげた個人事業の開始申請は、個人でできることです。化粧品事業のことについてもそうです。行政書士を使わずとも手続きを行うことはできます。

では、行政書士は必要ないのでしょうか? そんなことはありません。
簡単に得られる知識であれば、自分で(個人でも会社でも)行う気になりますが、そうでなければ難しいのです。本業は化粧品の製造や販売なのに、手続きにばかり時間をかけていては仕事になりません。そのため、特に複雑な手続きを要する場合の多くは、行政書士を使うことになります。

このように、行政書士が独占的に活躍できる場があります。
また、書類作成業務のほかに、相談業務や代理業務を行う場合もあります。
契約書作成業務などを行うケースもあります。
行政書士の出番は非常に幅広く用意されています。

ステップアップと収入アップ

行政書士資格を取ると決めたとき、やはり気になった「行政書士の年収」も調べました。すると、同じ資格を持っていても年収はバラバラ。
平均的な数字としては4~500万円ぐらいで、稼ぐ人は1,000万円以上の年収も可能だということがわかりました。

行政書士の主な業務は書類の作成です。弁護士や司法書士、税理士、弁理士でなければダメという、各士業法で制限されるもの以外は行政書士の業務範囲であり、扱える書類の数は1万点以上あると言われています。
正直なところ行政書士として仕事をしていても、どこにどんな仕事が潜んでいるのか把握しきれてはいません。報酬についても裁量は任されていますから、「低単価の仕事を数多くこなして稼ぐ」か、「高単価の仕事を選んで稼ぐ」か、自分で自分の方針を決めることもできます。

ただ、アドバイスを聞いてなるほどと思ったのが、早めに専門分野を見つけたほうがいいということです。
例えば「起業のお手伝い」。会社設立に関われば、初期の手続きから事業開始後も長く付き合いが続きます。信頼を得れば、新規のオーナーと知り合う機会も増えて安定収入が見込めるわけです。扱える分野が広すぎるので、一人ですべてをこなすのは不可能です。専門分野をつくったほうがお客さんも呼びやすいし、長いお付き合いもできるんだよと聞いて、そのとおりだと思いました。

また、行政書士は独立開業型の資格ですが、全員が独立開業しているわけではありません。
意外なことに別の仕事(従来の仕事)の傍ら、アルバイトで仕事をこなしているケースがあるのです。ピンとこないかもしれませんが、資格取得直後からしばらくの間、先輩行政書士に弟子入りして稼ぐこともあります。
その間にスキルアップと営業努力も重ねれば、スムーズな独立開業ができる、というわけですね。

仕事内容の実例

数年前にテレビで放送されたドラマに『カバチタレ!』というものがありました。主人公が行政書士で、その仕事がドラマの題材になっていたのですが、ドラマの中で取り扱われたテーマが以下がこれらです(※ストーリーは省略します)。

  • 内容証明・緊急避難・違法性の阻却(第1回)
  • 競売(第2回)
  • 労災保険・示談(第3回)
  • 心裡留保(第4回)
  • 道路交通法(第5回)
  • 供託(第6回)
  • 債務不履行・因果関係(第7回)
  • 偽装離婚・私文書偽造罪・親族相盗例(第8回)
  • 親権・監護権・略取・誘拐罪(第9回)
  • 強制わいせつ罪・傷害罪・暴行罪・非弁行為(第10回)
  • 正当防衛・不法侵入・監禁罪(最終回)
普通にドラマを観ている人たちは、これら個々の法律について理解してはいないはずです。さらにドラマの中でも、どこまでが行政書士の仕事なのか、正確にわかるようにはなっていません。
ただ、何となく“人の暮らしがあればそこには行政書士が関わる場面がある”んだな、と感じられるようにはなっていたはずです。題材だけ見ると弁護士か刑事ドラマのようですが、行政書士が主役でも、こんなにテーマがあるのです。

仕事内容

行政書士の仕事とは、実際にはどのようなものなのか。
基本は大事ですから、オフィシャルなサイトを見てみましょう。『日本行政書士連合会』です。ここに記されている行政書士の定義というのは、「他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。」といった内容です。

どうです、わかりましたか? よくわかりませんよね(笑)

では、具体的な仕事はというと、最も身近なものでは車庫証明があります。
また、新興住宅地などでは、住宅に隣接して農地が点在していることがあります。例えば、地主さんが持っている農地を転用する際に必要な申請書類を作ったり、申請代行を行ったりするのも行政書士の仕事です。
他にも、飲食店や喫茶店の開店準備、廃棄物処理業や自動車解体開業を始める場合などに、複雑な申請手続きが必要となるものを代行することもあります。これらは「民」の立場で役に立つ(わからないことを代わりにやってくれる)ばかりでなく、「官」の側からも業務の効率化が図れる(素人に手続き方法を一から教える必要がない)ので、行政書士は重宝がられるんですね。
例えば、さまざまな活動を行うNPO法人が注目されていますが、その設立に関わることもありますし、株式会社や社会福祉法人、医療法人、学校、組合などの設立手続きの代理業務も重要な役目です。
市民と行政をつなぐジョイントとして、幅広い業務をこなすのが「行政書士」と言えます。

行政書士になるには

国家資格である行政書士。なるのは簡単ではありません。
行政書士になるための条件は下のように、いくつかあります。まずは年1回の試験に合格する①か、②以下の「いずれかに該当する者は、行政書士となる資格を有する。」というのが条件です。しかし、実は最も手っ取り早いのが①の資格試験です。

  1. 行政書士試験に合格した者
  2. 弁護士となる資格を有する者
  3. 弁理士となる資格を有する者
  4. 公認会計士となる資格を有する者
  5. 税理士となる資格を有する者
  6. 国又は地方公共団体の公務員として行政事務を担当した者(長期の実務経験が必要になります)
②~⑤はいわゆるダブルライセンス。これは、私のようなフリーターもどきには現実的ではありません。一つ目の資格を取らければ話になりませんから、行政書士を目標に設定して勉強した方がいいですね。⑥については、実際に公務員として行政の現場で長年働いた人が、行政書士として独立するようなイメージです。実はこれが一番大変かもしれません。

多くの人にとって目標となるのが行政書士試験ということになりますね。行政書士には受験資格というものがありません。年齢・学歴・国籍に関係なく、誰でも受験することができます。つまり、誰にでも開かれている職業とも言えます。そうわかった途端、やる気が湧いてきましたね。

開業のススメ

■行政書士は、開業するしか道がない!?
行政書士という資格は、独立開業型に分類されている資格です。
サラリーマンをしながら副業として開業するということが許されていないので、この資格を活かして働くとすれば、行政書士事務所に就職するか、会社を辞めて独立するしかないわけです。
行政書士事務所の求人がそれほど多いわけではありませんし、事務所に所属している人も、数年経験を積んだら独立することがほとんどのようです。ということは、苦労してこの資格を取得しても、独立開業しなければほとんど意味がないということになります。

そこで、ほとんどの行政書士さんが通る道、開業時の準備や当初の営業方法について、説明しておきましょう。
行政書士として開業する際のポイントとなるのは、以下の3つです。


●初期費用はできるだけ少なく抑えて乗り切る
開業時の一番の問題は、やはり収入面です。開業当初はまだ実務に慣れていませんし、仕事の依頼は皆無でしょう。当然、金銭的に厳しい状態に陥ることは必至です。
幸い行政書士という職種は、ほかの自営業と違って、材料の仕入れや人件費などの経費がほとんどかかりません。せいぜい事務所の家賃ぐらいでしょうか。
ということは、開業当初の1~2年ぐらいは、1件3万円程度の契約書の作成や内容証明郵便の作成などを地道にこなしていき、毎月30万円ぐらいの収入が得られれば、経費を引いても何とか生活費は確保できる計算になる、というところです。
ただしこれは、ごく初期の話。
これだけの収入では、毎月食べていくだけでやっとです。早く売り上げが上がるように、営業努力が必要になってきます。


●仕事内容を明記した名刺を必携して、いつでもどこでも営業を!
営業のポイントは、自分がどのような仕事をしているかを、いかに広く知ってもらえるか、というところにあります。
顧客側からすると、「行政書士」という肩書きを聞いただけでは、具体的にどんなことをしているのか分かりにくいものです。そこで、自分が主に行う業務を具体的に明記した名刺を用意して(自分の顔写真や事務所の地図なども入っているとよい)、出会う人すべてに渡すぐらいの気持ちで営業しましょう。
ご近所さんや友人、子供のクラスメイトの親など、名刺を配って仕事内容を広く普及しておけば、今まで行政書士に縁の無かったような人でも、ちょっとした相談事などを持ち込んできてくれるかも知れません。
合わせて、周辺の士業(弁護士・司法書士など)の先生にも、挨拶に行っておくと良いと言われています。意外なところでは、先輩の行政書士に挨拶しておいたら、得意分野以外の仕事を回してくれるようになった、という話も聞きます。


●自分の専門分野を確立せよ!
行政書士が扱う書類は1万種類。ジャンルは多岐に渡っています。
その中で、特に自分はどのジャンルの仕事を主にしていくのか、自分の専門分野を上手に絞り込めるかどうかが成功の鍵を握っています。
依頼主の立場から見れば分かるのですが、たくさんあるジャンルの“あれもこれも何でもやります”という行政書士より、“○○の分野にかけてはエキスパートです”という行政書士の方が、信頼できるような気がするでしょう?

専門を決定するにあたって、自分が開業する地域の特性や、自分の適性などから判断したり、これからニーズが高まるであろう分野を先読みする眼力も大切になってきます。
専門というからには、その分野の仕事をうまくこなすだけではなく、その分野について日々勉強を重ね、知識を重ねていく努力ができるかどうかが重要です。
生涯を通じで学んで生きたいと思う分野に出会えるかどうか、そこが行政書士として成功するためのポイントともなってくるでしょう。

気になる行政書士の収入

■意外と高額な報酬! 平均年収は600万円前後?
やはり一番気になるのは収入のことでしょうね。行政書士として開業すると、どれくらいの年収が得られるのでしょうか?

年収に関する疑問を解く前に、行政書士の仕事に対する報酬額について、少し解説しましょう。そこから計算すれば、およその収入が想像できますよね。
行政書士の報酬額というのは、各書士さんが自由に決めています。しかし、大体の相場というのが存在していますので、その額をご紹介します。

  • 飲食店営業許可申請   5万~10万円
  • 産業廃棄物業許可申請  10万~50万円
  • 建設業許可申請     10万~20万円
  • 風俗営業許可申請    10万~30万円
  • 医療法人設立許可申請  50万円前後
  • 財団法人設立許可申請  50万円前後
  • NPO法人設立認証申請 20万円前後
  • 在留資格取得許可申請  50万円前後
  • 遺言書の作成指導等   5万円前後
  • 契約書の作成      3万円前後
  • 内容証明郵便作成    1万~2万円前後

どうでしょう? 仕事の報酬は意外と高額だと思いませんか?
会社や法人設立のような大口の依頼はなかなか来ないとしても、契約書や内容証明の作成など、細かな仕事が毎日1件でもやってくるようなら、十分食べていけるだけの収入になるのです。
開業したての頃は難しいかもしれませんが、コンスタントに仕事が来るようになれば、細かな仕事の積み重ねだけでも毎月の利益は100万円を越えるようになってきます。行政書士として看板を掲げ、日々名刺を配って営業を怠らなければ、家族の一人や二人養うくらいは稼いでいけるでしょう。

あるデータによると、行政書士として登録している人にアンケートを取ってみたところ、平均年収は600万円前後という結果になったそうです。
皆さんご存知のように、この数字は平均値ですので、この中には年収1000万円以上の人も100万円以下の人も含まれています。
大きな事務所を構え、補助者を何人も使って営業している人も行政書士ですし、週末だけ小遣い稼ぎで開業している人も行政書士なのです。
さまざまなスタンスで働く人をひっくるめた数字としての600万円というのは、なかなか高い数字なのではないでしょうか。

資格としての魅力

■独立開業して狙うは年収1000万! 夢が膨らむ国家資格
行政書士という資格の魅力は、その仕事の多様性だけに限ったことではありません。働き方のスタイルや、もちろん収入の面からも、とても魅力的であると言えるでしょう。
その魅力と言えるポイントをいくつかご紹介します。


1.独立開業型の資格である
この資格を取得すれば独立開業できる、というのは最大のポイントでしょう。
サラリーマンのように、決まった休暇や決まった収入が得られるとは限りませんが、自分のペースで仕事ができる、一国一城の主になれる、というのは変えがたい魅力です。


2.資格を取得すれば、自宅で比較的簡単に開業することができる
行政書士として独立するには、地元の行政書士会に書類を提出し、入会金などを払って登録すればOKです。
あとはパソコンやプリンター、FAXなどの最低限の備品があれば、自宅でも簡単に開業できてしまいます。多大な設備投資が必要なく、身一つで開業できるところも、行政書士の魅力のひとつではないでしょうか。自宅で仕事ができるというのは、小さなお子さんを持つ女性などには嬉しいポイントでしょう。
しかし、将来的に補助者をたくさん雇って大きな専門事務所を立ち上げたいとか、あくまで高収入を目指したいという方には、自宅開業はあまりオススメしません。小さくとも、自宅以外の場所に事務所を構えるのが適当でしょう。


3.営業力しだいで収入を増やすことができる
これはあらゆる自営業の方に当てはまることですが、自らの営業努力によっていくらでも収入を増やすことができる、という点はサラリーマンにはない魅力です。
しかし、逆に言えば、営業力がなければ収入は生まれません…資格を取得したら、まず営業センスを磨くことから始めましょう!


4.ほかの法律系資格取得のための足がかりとなる
行政書士の資格は、法律系資格の登竜門と言われています。憲法や民法など、ほかの法律系資格の出題範囲と重なっている部分も多いので、行政書士試験で勉強した知識が、そのまま他の資格試験にも役立つというわけです。
さらに、資格試験を受験するための条件として、行政書士などの国家資格に合格していることが必要となることもあります。例えば社会保険労務士の場合、試験を受けるために4年制大学の一般教養程度の学力が問われていて、もし大学や短大卒ではない場合は、行政書士などの国家資格に合格していることなどが必要となっています。
行政書士は、さらに上のステップを狙うための最初の関門とも言えるでしょう。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら