‘行政書士の年収’ タグ

行政書士の仕事はどんなものですか?

行政書士の仕事には、書類作成業務、相談業務、代理業務の3つがあります。

いずれもその名の通りの仕事ですが、中でも主な案件は書類作成業務です。相談のみ、代理のみというのはほとんどありません。相談を受けて書類をつくる、書類をつくって代理で提出する、などとなります。

報酬体系は、一案件いくらというものと、期間契約でいくら(年間いくら、ひと月いくらなど)というものと、この両方、3タイプが主なものです。
一案件いくらというのは、だいたい相場が決まっています。
報酬の低いものだと、自動車の登録申請のようなもので1~2万円くらい、高いものだと、社会福祉法人設立認可申請などで70万円~100万くらいです。かなりの開きがありますよね。

通常、行政書士として働く場合は、法律事務所か行政書士事務所を開業します(もちろん、就職する人もいます)。
規模が大きくなれば多方面の案件を扱うようになりますが、個人事業レベルでは対応できません。ですから、何かの分野に特化して業務を行います。

先ほど例にあげた、自動車の登録申請に特化した場合は、ある程度のスピードで件数をこなしていかなくてはなりません。
では、社会福祉法人設立認可申請に特化すればよいのかといえば、報酬は高くても案件が多くありません。
つまり、案件が多く簡単なものほど薄利多売で儲からない、単価が高くても案件が少なければまた儲からない。
うまく人がやらなくて需要がある分野を見つけることが成功の秘訣です。

最近注目の分野としては、外国人関係、遺産相続関係があります。
いずれも今の社会を見渡してみると、なるほどという感じですね。単価はそれほど高くありませんが、案件はたくさんありそうです。時代を読む力も要求されるのかもしれません。

行政書士の年収の平均は650万円ほどと言われています。
でも、経営センスがよければ2000万円も夢じゃありませんし、逆にまったく平均に届かない人もいます。こればかりは、事業者として手腕が問われますよね。
人脈(コネ)、営業力、集客力、商品力(特化した分野)、いろんな力が必要です。

ステップアップと収入アップ

行政書士資格を取ると決めたとき、やはり気になった「行政書士の年収」も調べました。すると、同じ資格を持っていても年収はバラバラ。
平均的な数字としては4~500万円ぐらいで、稼ぐ人は1,000万円以上の年収も可能だということがわかりました。

行政書士の主な業務は書類の作成です。弁護士や司法書士、税理士、弁理士でなければダメという、各士業法で制限されるもの以外は行政書士の業務範囲であり、扱える書類の数は1万点以上あると言われています。
正直なところ行政書士として仕事をしていても、どこにどんな仕事が潜んでいるのか把握しきれてはいません。報酬についても裁量は任されていますから、「低単価の仕事を数多くこなして稼ぐ」か、「高単価の仕事を選んで稼ぐ」か、自分で自分の方針を決めることもできます。

ただ、アドバイスを聞いてなるほどと思ったのが、早めに専門分野を見つけたほうがいいということです。
例えば「起業のお手伝い」。会社設立に関われば、初期の手続きから事業開始後も長く付き合いが続きます。信頼を得れば、新規のオーナーと知り合う機会も増えて安定収入が見込めるわけです。扱える分野が広すぎるので、一人ですべてをこなすのは不可能です。専門分野をつくったほうがお客さんも呼びやすいし、長いお付き合いもできるんだよと聞いて、そのとおりだと思いました。

また、行政書士は独立開業型の資格ですが、全員が独立開業しているわけではありません。
意外なことに別の仕事(従来の仕事)の傍ら、アルバイトで仕事をこなしているケースがあるのです。ピンとこないかもしれませんが、資格取得直後からしばらくの間、先輩行政書士に弟子入りして稼ぐこともあります。
その間にスキルアップと営業努力も重ねれば、スムーズな独立開業ができる、というわけですね。

気になる行政書士の収入

■意外と高額な報酬! 平均年収は600万円前後?
やはり一番気になるのは収入のことでしょうね。行政書士として開業すると、どれくらいの年収が得られるのでしょうか?

年収に関する疑問を解く前に、行政書士の仕事に対する報酬額について、少し解説しましょう。そこから計算すれば、およその収入が想像できますよね。
行政書士の報酬額というのは、各書士さんが自由に決めています。しかし、大体の相場というのが存在していますので、その額をご紹介します。

  • 飲食店営業許可申請   5万~10万円
  • 産業廃棄物業許可申請  10万~50万円
  • 建設業許可申請     10万~20万円
  • 風俗営業許可申請    10万~30万円
  • 医療法人設立許可申請  50万円前後
  • 財団法人設立許可申請  50万円前後
  • NPO法人設立認証申請 20万円前後
  • 在留資格取得許可申請  50万円前後
  • 遺言書の作成指導等   5万円前後
  • 契約書の作成      3万円前後
  • 内容証明郵便作成    1万~2万円前後

どうでしょう? 仕事の報酬は意外と高額だと思いませんか?
会社や法人設立のような大口の依頼はなかなか来ないとしても、契約書や内容証明の作成など、細かな仕事が毎日1件でもやってくるようなら、十分食べていけるだけの収入になるのです。
開業したての頃は難しいかもしれませんが、コンスタントに仕事が来るようになれば、細かな仕事の積み重ねだけでも毎月の利益は100万円を越えるようになってきます。行政書士として看板を掲げ、日々名刺を配って営業を怠らなければ、家族の一人や二人養うくらいは稼いでいけるでしょう。

あるデータによると、行政書士として登録している人にアンケートを取ってみたところ、平均年収は600万円前後という結果になったそうです。
皆さんご存知のように、この数字は平均値ですので、この中には年収1000万円以上の人も100万円以下の人も含まれています。
大きな事務所を構え、補助者を何人も使って営業している人も行政書士ですし、週末だけ小遣い稼ぎで開業している人も行政書士なのです。
さまざまなスタンスで働く人をひっくるめた数字としての600万円というのは、なかなか高い数字なのではないでしょうか。

資格としての魅力

■独立開業して狙うは年収1000万! 夢が膨らむ国家資格
行政書士という資格の魅力は、その仕事の多様性だけに限ったことではありません。働き方のスタイルや、もちろん収入の面からも、とても魅力的であると言えるでしょう。
その魅力と言えるポイントをいくつかご紹介します。


1.独立開業型の資格である
この資格を取得すれば独立開業できる、というのは最大のポイントでしょう。
サラリーマンのように、決まった休暇や決まった収入が得られるとは限りませんが、自分のペースで仕事ができる、一国一城の主になれる、というのは変えがたい魅力です。


2.資格を取得すれば、自宅で比較的簡単に開業することができる
行政書士として独立するには、地元の行政書士会に書類を提出し、入会金などを払って登録すればOKです。
あとはパソコンやプリンター、FAXなどの最低限の備品があれば、自宅でも簡単に開業できてしまいます。多大な設備投資が必要なく、身一つで開業できるところも、行政書士の魅力のひとつではないでしょうか。自宅で仕事ができるというのは、小さなお子さんを持つ女性などには嬉しいポイントでしょう。
しかし、将来的に補助者をたくさん雇って大きな専門事務所を立ち上げたいとか、あくまで高収入を目指したいという方には、自宅開業はあまりオススメしません。小さくとも、自宅以外の場所に事務所を構えるのが適当でしょう。


3.営業力しだいで収入を増やすことができる
これはあらゆる自営業の方に当てはまることですが、自らの営業努力によっていくらでも収入を増やすことができる、という点はサラリーマンにはない魅力です。
しかし、逆に言えば、営業力がなければ収入は生まれません…資格を取得したら、まず営業センスを磨くことから始めましょう!


4.ほかの法律系資格取得のための足がかりとなる
行政書士の資格は、法律系資格の登竜門と言われています。憲法や民法など、ほかの法律系資格の出題範囲と重なっている部分も多いので、行政書士試験で勉強した知識が、そのまま他の資格試験にも役立つというわけです。
さらに、資格試験を受験するための条件として、行政書士などの国家資格に合格していることが必要となることもあります。例えば社会保険労務士の場合、試験を受けるために4年制大学の一般教養程度の学力が問われていて、もし大学や短大卒ではない場合は、行政書士などの国家資格に合格していることなどが必要となっています。
行政書士は、さらに上のステップを狙うための最初の関門とも言えるでしょう。

行政書士で稼げる人と稼げない人

行政書士も他の仕事と同じく、稼げる人もいれば、稼げない人もいます。

では、なぜ稼げないのでしょうか?
理由は色々あります。開業して間もない行政書士は顧客がいませんから、いきなり稼げるほど甘くはありません。自宅で開業している主婦の方は、子育てや家事に追われて仕事が思うようにできず、副業みたいに仕事をしているので稼げはしない、などという理由もあります。

しかし一番の理由はやはり、資格を持っていればお客様が勝手にきてくれると思い込んでしまっているのが原因ということが多いと考えられます。
資格を持っているというのは、その仕事をする権利を得たというだけなので、誰もあなたのことは知りません。
こちらからお客様にアプローチしなくては、仕事がもらえるところか、存在そのものにも気づいてくれないのです。
だから、マーケティングや営業力、人脈が必要になってきます。
年収数千万円と稼いでいる人は、そのことを良く知っています。

例えばホームページやチラシを作るにしても、どうすればターゲットとなる見込み客に見てもらえるのか? どうすれば仕事を依頼してもらえるのか? 常日頃から研究しなければなりません。
また、昔の人脈を生かし、様々な人と常にコンタクトを取って、何かあれば仕事がもらえるようにも心がけています。
このように、こちらからアクションをかけて、はじめて仕事の依頼がくるようになります。

行政書士は合格率の低い資格ですが、毎年合格者が出ているのですから、行政書士が増えているという事は間違いありません。
そうなれば当然、行政書士間でお客様の取り合いになります。
ですから、マーケティングや営業力、人脈を意識するのはもちろんですが、まだ市場が開拓されていない専門分野を見つけていく事も重要です。それには普段の勉強はもちろん、経験も必要になります。

しかし逆に言えば、そのようなことで、誰にでも稼げる可能性があるということです。

今はインターネットという大変便利なツールがあります。
一昔前なら新聞や雑誌、折り込みチラシなど高いお金と時間をかけなくてはいけなかった宣伝が、今ではインターネットを使い数千円~数万円で多くの人にアピールできるようになりました。
そのインターネットを自由に使いこなせる今がチャンスなのです。 後はあなたの工夫次第で、いくらでも稼ぐ事ができます。

これから行政書士を受験する方には、まだ先の話と感じられるかもしれませんが、今からイメージしながら勉強していると良いと思いますよ。

稼げる可能性が高い行政書士

行政書士を目指す皆さんにとって、開業後の収入は大いに気になることですよね。

きちんとした公共機関が調査したものはないので、実際のところの年収はわかりません。平均で年収300万とか、500万とか、700万円以上とか、いろいろな調査結果が発表されています。
実際のところ、私の印象でも、非常に幅が広そうだということは言えます。さすがに私も、大きな事務所を持っている行政書士さんに収入を聞けるほど仲良くなれていませんので(笑)

しかし、1つだけいえるのは、稼げる可能性が高い、ということです。

というのも、行政書士のお客様になる対象は、個人・法人を問いません。
その上、取り扱える書類の数は1万以上あり、仕事は無数に存在します。
つまり、需要がたくさんあるのです。

実際に稼いでいる行政書士は、その特徴を理解しているので、競合がまだ少ない自分の専門分野を発掘して仕事をしている人が多いようです。他の人には頼めない分野があれば、それはもう独占ですからね。
さらに、行政書士の報酬は好きなように設定できます。大体1つの書類作成で10万円くらいが相場です。
しかも原価はほとんどかからないので、その報酬がそのまま自分の収入となります。
結果、年収が1千万円以上の人はそんなに珍しくなく、中には2千万、3千万稼いでいる人も多くいます。
オーバーに聞こえるかもしれませんがそれが行政書士の実態です。

行政書士は稼げないと耳にすることもありますが、そんなことはありません(笑)
もちろん稼げない人もいますが…しっかりと稼いでいる行政書士がたくさんいることも本当です。

どんな業界でも、稼いでいる人もいれば、稼げない人もいます。
一時期はバブルとまで言われたインターネットの世界でさえ、実際に稼げている人は1割程度といわれています。
これは資本主義の原理なので仕方のない事です。ただ、行政書士は稼ぐと言う意味では、他の業界に比べてハードルが低く、誰にでもチャンスがあるのは間違いないと思います。

あとは、どうやったら年収を上げられるか、しっかりと考える事です。
資格を取得しただけではお客様は寄ってこないので、そこは個人の努力次第なのでしょう。

いざ独立開業! でも決断は慎重に…

行政書士は「独立開業型」の資格だと言われています。
私もそこに惹かれて行政書士を目指したんです。独立って、かっこいいですもんね。

でも、試験に合格すればすぐに行政書士になれますが、なったからといってすぐに安定した収入が得られるわけではありません。年収をUPできるかどうかは本人しだい。たとえ資格を得たとしても、それだけで稼げるかどうかはわからないのです。

どんな仕事でも同じですが、営業努力は欠かせません。
最初に日本行政書士会連合会が備える行政書士名簿への登録を済ませなければ、行政書士としての仕事はできません。各都道府県の行政書士会へ赴いて登録を行いますが、まずはそこが営業活動の出発点です。
情報収集やアドバイスをもらいながら、人脈を広げたり、顔を売ったりして業務を請け負っていきます。
「行政書士」の年収は、平均的な数字として4~500万円。
キャリアを積んで、事業拡張が順調にいけば、年収1,000万円以上という人が多いようです。

私自身は、これから独立開業のタイミングを見極めたいと思っているところです。
やはりスキルアップは不可欠ですし、何よりも営業のコツがつかめていません。人脈づくりは待っていていても進みませんから、行政書士会を通じて先輩の行政書士を紹介してもらうようにしています。あとは私だけの専門性が欲しいですね。

今はベテランの行政書士の方のお手伝いをしています。いまでは何人ものスタッフを使って、幅広くお仕事をしているこの方も、最初は単価が低い仕事を数多くこなしたそうです。そうして多くの人たちの信頼を得て、紹介を受けながら営業力が身についていったそうです。

何事も目標を掲げて努力を続けることが大切なんですね。
フォーサイトの通信講座で学んでいる時も、そう教わっていました。みなさんも最後まで諦めてはいけません。
継続は力なり、この言葉を信じて頑張ってください。一足飛びに実現しなくても、コツコツ努力することが大切ですね。お互いに頑張りましょう。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら