‘講義DVD’ タグ

DVD講義は必要不可欠

DVD講義は行政書士の勉強に必要不可欠です。しかし、DVD講義だけで全て完結できるわけではありません。
あくまでもDVD講義は、テキストや問題集と同様の教材の一つにすぎません。DVD講義だけではなくテキストと問題集も用意する必要があります。

ここで、簡単にDVD講義の役割を説明しましょう。
DVDに限らず、講義というものはテキストに沿ってすすめられます。DVD講義というのは、テキストに書いていることを、深く、早く理解していくツールということですね。

つまり、教材の基本は、テキストと問題集です。
だからと言って、テキストと問題集だけで合格できるかと言われれば、それもまた難しいでしょう。
特に法律関係は、難解な用語や解釈が存在しますので、テキストだけで理解するのにも無理があります。だから、法律をわかりやすく説明してくれるDVD講義が必要なんです。

それと、もう一つ重要なポイントがあります。
DVD講義、テキスト、問題集は、全て内容が統一されていなくてはいけません。
バラバラのものを揃えてしまうと、それぞれ内容が異なってしまうので、効果的な勉強ができなくなります。

例えば、DVD講義の説明とテキストの説明が違うので、頭が混乱してしまう、
テキストで覚えた事を問題集で勉強しようと思っても、対応している問題がない、などとということになりかねません。
勉強の基本は、DVD講義を聞きながら、テキストをみて、そして理解できるか、問題集で確認する。この一連の勉強をつないで行わなくてはなりません。

ただし例外もあります。
それは、ある程度実力がついた後ですが、力試しに模擬試験を受ける場合です。模擬試験はいろいろな学校が行っているので、自分が受講していない学校のものも受けてみるといいでしょう。ですが、それは、試験前の仕上げの段階の勉強です。

あくまでも、テキスト、DVD講義、問題集は同一のものを選んでください。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

行政書士に合格するためのDVD講義とは

良いDVD講義とはどのようなものかと聞かれれば、多くの人は、講義の内容がわかりやすいものだと答えるでしょう。でも、購入前に講義がわかりやすいか、わかりにくいか見分けるのは困難ですよね。
なぜなら、講義は実際に勉強してその良さがわかるものですし、ホームページ上などで確認できる講義は数分くらいのものですから。なかなか良し悪しを判断できません。

では、どのように見極めれば良いのでしょう?
その答えは、DVD講義と資格学校での講義の差を理解する必要があります。

当たり前の話ではありますが、資格学校は講義を生で聞け、DVD講義だと画面を通じて聞くことになります。
そこで生まれてくる違いは講義の迫力です。
これが最も大きな差になってしまうのです。
どんなにDVD講義の精度が高くても実際のライブ講義には勝てません。やはり迫力ある講義を聞くほうが勉強する上での理解度が変わってくる部分があります。
逆に、例えどんなに講義が上手かったとしても、迫力がなければ勉強に飽きがでてしまい、挫折する原因にもなります。
つまり、良いDVD講義を選ぶ際に必要なことは、映像の迫力と言う事になります。

それでは、迫力のある映像とはどのような物か。
それは、専用スタジオでハイビジョン撮影しているDVD講義です。簡単に言えば、皆さんが普段見ているテレビと同じような撮影方法だと考えればいいでしょう。
DVD講義のほとんどは、家庭用のデジタルカメラを一台講師の前に置いて撮影しているくらいの物です。たとえカメラが良いものだとしても、固定されていては、画面全体、特に背景が動かないので、長時間見るのは困難です。動きが少なすぎると飽きてしまうので集中力が持ちません。

ですから、これからDVD講義を選ぶ際は、専用スタジオでカメラを数台使い、ハイビジョン撮影している物を探してください。
そうすれば、画面全体に迫力と動きがある、臨場感のある講義を聞くことができます。ぜひ、気になるDVD講義を販売しているホームページで、撮影内容を確認してください。
もしホームページに記載がなければ、サンプル講義を見て、電子黒板になっているか確認してください。通常の黒板のところは大抵ハイビジョン撮影ではありません。通常の黒板だと板書の音や時間がストレスになり、板書中の間が退屈になってしまうので、勉強をスムーズに進めることができません。これも重要なポイントです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

効果的な勉強法とは

私の場合、決めるのは苦手だけれど、順を追って調べたり、一度決めたことをやりきったりする力はあったみたいです。勉強時間の管理もかなり細かくできました。

勉強法についても同じで、私が利用したフォーサイトではカリキュラムの他に勉強法も紹介していたから、自分の時間と組み合わせて考えてみました。
すると、勉強は私の中で4つのパートに分かれました。
学ぶ、覚える、確かめる、過去問、の4つです。

行政書士の試験は、60%得点すれば合格できます(かつ各科目60%以上の得点が必要です)。
フォーサイトによると、要点をまとめた基本的な知識だけでも60%を狙えるということでした。だから、たくさんの難しい例題を解く勉強法はムダなこと。
独学だとどうしても問題集をたくさん解くことばかりに目が行ってしまいます。私の場合はそれで失敗していましたので、今度はフォーサイトを信じて手元にある教材を徹底的に頭に入れていくことにしました。フォーサイト以外の教材は使わないことにしました。当然のことながら、フォーサイトの教材は、フォーサイトのカリキュラムとセットになっているので、順番どおりに進めれば良いし、進捗状況もわかります。

フォーサイトの教材には、テキスト、DVDとCD(講義が収録されたもの)、過去問対策、がありました。そのほかに、確認テスト。
テキストは要点が凝縮されたもので、そんなに厚くありません。独学で必要になる分量とはもちろん、他社のものに比べても薄いと書いてありました。

資格試験で大事なのは合格することです。行政書士として専門家になるのは、そのあとで良い。だから、勉強法全体にいえることだけれど、試験で60%取れるだけの知識と解答力があれば良いんです。というよりも、それこそが大事。フォーサイトの教材は、数ヶ月かけて勉強することを考えると、少なく見えるくらいでした。でも、独学のときと違って、そこに書かれていることは全て重要だと思え、密度が違うと感じました。

私が考える勉強法で重要なことは、こつこつと、完璧に、着実に、システマティックに進めていくことです。そして、できる限り時間を有効に使うこと。この部分は、勉強法の基礎となるので、自分でやらなければいけません。フォーサイトがやってくれたのは、的確にどの勉強をどのタイミングで行えば良いのかという指示でした。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら