‘通信講座’ タグ

行政書士試験の科目と通信講座の有用性

行政書士は、大正3年から国家資格化されて以降、毎年、5万人以上の人が受験している人気の資格です。
人気の理由は、独立開業できる国家資格としての性質であることはもちろん、受験科目の汎用性も人気です。

行政書士の法律系試験科目は、憲法、行政法、民法、商法、基礎法学ですが、これらの科目は法学部の大学生にとっては必修科目であることも多く、法学部の授業と共に並行して勉強することができるわけです。
また、公務員試験の法律系の科目では憲法、民法、行政法、商法が同じ科目となっているので、同時に理解を深めることができます。
司法書士試験では憲法、民法、商法が同一科目、司法試験や司法試験予備試験、法科大学院(ロースクール)受験においても、憲法、民法、行政法、商法は受験科目となっているので、他の資格を目指しながらも行政書士の試験対策ができるので、受験者数が多く人気が続くのでしょう。

これは、逆から考えると将来的に公務員試験や法科大学院を検討している人や、法学部の学生にとっては、新たな科目を勉強することなく受験できるということでもあります。
行政書士の試験勉強をすることで、憲法や民法、商法、行政法といった科目の理解が深まり、他の資格試験や大学法学部の成績向上にもつながるのはもちろんです。ほかの資格や法科大学院を目指している人や、法学部の学生に行政書士試験の受験をおすすめしたい理由もここにあります。

基礎的勉強をしてきた人達は、えてして学校で使っている試験科目の教科書を買っていたり、すでにテキストを持っていたりすることがあります。すると、基本的理解があるのであれば、あとは問題に慣れれば大丈夫。通信講座では試験対策・問題演習を重点的に対策するコースもあるので、行政書士試験のために、予備校に通ったり家庭教師をつけたりするのは気が引けるという人、行政書士試験のために新しい教科書を買いたくないという人でも、今までの勉強の延長線上としてより試験科目の理解を深めるために、自宅で問題演習だけでもできる通信講座を利用してみるというのもいいかもしれません。

問題演習・答案練習をするだけで、問題の解き方がわかることはもちろん、苦手分野、苦手科目が見えてきます。
苦手なところが分かれば、その部分だけ勉強しなおせば行政書士だけでなく、大学の授業や他の資格試験にとっても有利になります。
これまで行政書士試験に興味のない人たちも、通信講座の試験対策から、苦手科目克服の足掛かりとするのもおすすめです。

行政書士の学習に掛かる費用と選択肢

法律に興味があって行政書士になってみたいが、お金を掛けたくない。
最も安い費用で行政書士になるには、どんな方法があるのでしょうか。

その方法を考えるために、まず行政書士法を紐解いてみましょう。
行政書士法2条各号には、行政書士となる資格を有するものが列挙されています。行政書士になれるものは、行政書士としての資格を有しなければなりません。行政書士法2条では、どんな者が行政書士になれるのかが、規定されています。
詳しくは条文を参照して読んでもらうとして、行政書士は法律系の資格だから、必ず難しい試験に受からなければならないと思っている人がいるかもしれません。でも、実は絶対という訳ではなく、特に公務員として長年勤務していた人たちは、無試験で行政書士になれることもあります。

しかし、一般的には元公務員が行政書士をしているのは少なく、行政書士となるために行政書士試験に合格した人がほとんどです。
やはり試験を受けるとなると、費用を抑えて受かるためにはどうすればいいのかを考えなければなりません。

独学、予備校への通学、家庭教師、通信講座などなど行政書士試験の為の教材には、沢山の選択肢があります。
もちろん、人それぞれ、自分に合った勉強法を選択するのがベストです。でも、費用・コストという観点から考えると、通信講座による勉強法が総合的に安いはずです。もちろん独学ならもっと安くすむ可能性はあるのですが、通信講座では、どの教科書で勉強すれば良いのか迷う必要もなく、これまでのノウハウが凝縮された教材が自宅までやってきます。
通学のための定期券代金も不要で、たくさんの教科書を買い込む必要も、本屋に行く必要もなく、自宅で勉強する環境が整う。コストとは、ただ支払う費用だけではなく、予備校やテキストを選ぶまでの時間や迷う精神的な負担、勉強に必要な時間も含まれます。通信講座であれば、苦手な科目だけ受講することも可能なので、本当に必要な科目だけ、必要な勉強量を自分で選択できます。
今から勉強をスタートする人も、苦手科目がある人も、勉強に行き詰っている人も、とりあえず少しだけでも通信講座を受講してみてはいかがでしょう。自分に合った新しい勉強方法が見つかるかもしれませんよ。

行政書士試験対策には効率のよい通信講座がおすすめ!

法律系の国家資格である行政書士は、就職や転職に有利なだけでなく、少ない資金で独立開業もできることから、大変人気がある資格の1つです。

行政書士になるためには、年に1回行われる行政書士試験に合格しなくてはなりません。
行政書士試験の試験科目は多く、範囲も広いために、効率よく勉強する必要があります。
効率よく勉強するための方法には、様々な方法がありますが、行政書士試験対策用の通信講座を利用するのもよいでしょう。

行政書士試験対策用の通信講座のメリットは大きく次の2つです。
(1)各科目ごとの要点が分かりやすく整理されている。
行政書士試験科目は、憲法や民法、行政法などの「法令」に加えて、行政書士としての必要な知識が問われる「一般知識」があり、これらの試験科目の範囲は非常に膨大です。
はじめて行政書士試験に挑戦される方は、どこから試験勉強に手を着けていいのかすら分かりませんし、どこが重要なポイントなのかも理解できずに頭を抱えてしまう、なんてケースは珍しくありません。しかし、通信講座を利用すればこのような問題はまず解消でき、効率よく勉強できます。

(2)自分のペース、都合で効率よく勉強を進めることができる。
通信講座なら、自分のペースや都合に合せて、空いているわずかなスキマ時間を利用して短時間でも効率よく勉強を進めることができます。

通信講座による行政書士試験対策は次のような方におすすめです。
・行政書士試験にはじめてチャレンジする法律初心者の方。
・自分の時間がなかなか取れない忙しいサラリーマンの方。
・子育てや家事に追われる主婦の方。

行政書士試験科目とカリキュラム

行政書士試験の試験科目は、行政書士の業務に関し必要な法令等の科目として、
憲法、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法、民法、商法、基礎法学が出題され、

行政書士業務に関連する一般知識科目として、
政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解の問題が出題されます。

このように試験科目は多岐にわたり、幅広い学習と試験対策が必要となる。また、学力と知識量だけでなく、法律科目の問題数は46問で、一般知識科目の問題数は14問で計60問を3時間で、集中力と時間計算とバランス感覚が必要となります。


法律系科目だけでも、9科目あり法律系の資格というだけで、法律の条文をすべて暗記しなければ合格できないと誤解している人がいます。でも、これは大きな間違いです。世の中のごく一部の天才を除いて、全ての法文・条文を暗記することなど不可能です。
憲法だけでも全103条、民法は全1044条、全ての条文を丸暗記することは不可能ですから。

では、合格者はどのようにして試験に受かっているのでしょう。
これは、繰り返し学習することにより、法律の趣旨や意味を理解することで、条文は暗記していなくても自然と問題が解けるようになる方法です。これは条文すべてを一言一句丸暗記するよりもはるかに簡単なことです。ただし、法律の仕組み・システム・趣旨・法律の意味を理解するには、段階的に学習する効率的なカリキュラムが必要なのです。
その為には自らの理解の度合いに沿って、繰り返し学習できる環境こそが大事で、一人一人のペースに合ったカリキュラムこそが合格への早道です。一人一人の理解のスピード、ペースは、個人によって異なるため、授業を通して全受講生に一斉に理解を求めるという方法は、教える側の論理であって、学ぶ者にとっては不便を強いられるものです。
それに比べて、通信講座では自分のペースで自分の好きな時間に自分の好きな範囲で繰り返し学習できるという環境が整っています。行政書士という自分で決めた目標に、自分のペースで、自分の力で合格を掴み取ることが、本当のスキルアップなのではないかと思っています。
そのために通信教育というカリキュラムで学習するということは合格のための手段・選択肢の一つとして、大きな可能性を秘めているのでしょう。

勉強を始める前にすべきこと

2回目の不合格に直面しても、私の決心は変わりませんでした。
でも、このまま独学で同じ勉強方法を続けていても、ずっと合格できないんじゃないかと感じました。まず、勉強方法から見直さないとダメだと。

もう一度インターネットを使って勉強法を調べるところから、3年目の挑戦を始めました。
どうすれば受かるのか。教材について検索すると、独学は難しいから、予備校に通うか、通信講座を受講するか、どちらかにしたほうが良いという意見が圧倒的でした。
予備校については考えたことがありましたが、会社を辞めないと通えません。合格するまでは会社は辞めたくなかったので、あきらめていました。
でも、通信講座については全く考えていませんでした。一度調べてみようと思い、見つかった通信教育の会社10社ほどについて、学費、教材の内容、フォロー体制、各講座の標準学習時間などを比較しました。ほとんど聞いたことのない会社ばかりだったから、それくらいやらないと何が良いのか、何が違うのか、わかりませんでした。

その後、良さそうな数社に資料請求をしました。資料が届くのを待つ間は、口コミをチェックしました。普段はあまり口コミは信用しませんが、行政書士については相談できる友人もいないので、自分の力で良し悪しを見極めなければならないと思いました。
資料が届いて、口コミもチェックして、行政書士の勉強のことや通信教育の会社について詳しくなりました。こんなにたくさんの通信講座があり、それぞれ特色のある教育を提供しているということに少し驚きました。こんなにニーズがあるということは、私のように独学で失敗している人がたくさんいるということなんでしょう。

送られてきた資料を比較して、私はフォーサイトという会社に決めました。

教材は、テキストのほかに、DVDとCDがついています。教材の内容は、講座選びの決め手になった項目のひとつでした。

3年目にしてようやく準備が整ったような気がしました。独学で勉強していたときとは全く気持ちが違います。
後は勉強するだけ、というような安心感を持ちました。独学だと、これを勉強すれば大丈夫だ、という気持ちになれなかったものですから…
あとは勉強時間の確保でした。やはり独学の間は勉強時間自体も足りていなかったらしく、今度は計画的にすすめなければなりません。送られてきた教材の中から、受講ガイドと試験の戦略について書かれた本を参考にして、計画を立てました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

勉強するための時間活用術<夜>

やはり勉強時間を増やすことから始めなければなりませんでした。
とはいえ、週末はともかく、平日は今のままでは時間を増やすことはできません。朝は苦手だし、夜はすでに勉強が習慣になっている。電車はいつも満員でテキストを開く余裕はないし、お昼休みは会社の人にランチに誘われることが多いから勉強できそうにない。どこで増やせばいいだろう…

まずは、仕事を早く終わらせて帰ることを考えました。いつもだらだら残業になってしまうので、それをやめれば、その時間で勉強ができるはずです。
会社で信頼している先輩の彩さんに時間活用の話を聞いたことがあるのを思い出しました。
仕事は、①重要で緊急のもの、②重要だが緊急ではないもの、③重要ではないが緊急のもの、④重要ではなく緊急でもないもの、4つの種類に分けられるという話。本来は、②に時間をかけるべきなのに、多くの人は①と③に追われているということでした。

事務や雑用の多いわたしは、指示された順番のままで処理して、緊急といわれたときだけ順番を入れ替えていました。まずはこの部分を改善しようと、自分の仕事の中でも、頭を使う仕事や時間がかかる仕事を優先して朝から取り掛かるようにしました。時間の決められたルーティンワークを除いて、急ぎでないものは後に回して、できるだけ途中で話しかけられないように、真剣に仕事をしているというオーラを出して。頭を使う必要がある、時間のかかる仕事が終わってしまえば、その他の小さな仕事をこなしていくだけです。次の日でも良いものは、次の日にまわしました。

これだけのことで、定時に帰れる日が増えました。私の仕事は正確さだけが求められていて、早ければ早いほど良いという内容ですから、残業を減らしても誰に迷惑をかけることもなく、効率がアップしてむしろ良い結果となりました。
それから、お昼休みの時間が無駄なように思えてきました。行政書士に合格したら会社は辞めるつもりでしたから、おしゃべりばかりしていられません。だから、食事をすませた後は、早めにデスクに戻って仕事をしました。
残念ながらというべきなのか、仕事の効率が上がったので上司にほめられましたが、だからといって重要な仕事を任されるわけではなく、少し雑用が増えただけでした。やはり、ずっとこの会社にいても仕方がないと思わされました。
18時半ころ職場を出て、急いで家に帰ります。家についたらまず90分勉強。それから食事をしながら一休みして、22時すぎくらいからまた90分勉強。お酒は外食のとき以外はやめました。
この習慣が定着すると、夜の時間帯だけで、1時間くらいは勉強時間が増えました。

勉強するための時間活用術<朝>

次は朝。やっぱり朝も勉強時間を作らないと…と思うようになりました。独学の時には考えませんでしが、通信講座なら進捗状況が分かるので、どうしても勉強時間を増やしたくなります。良い効果ですね。

私はもともと朝が弱くて、目覚ましがなってもなかなか起きられません。でも、朝の勉強時間も確保したい。受大学験のときには、朝型が良いと言われて実行していました。でいないはずはありません。

はじめに、朝5時に起きる練習をしてみました。起きたらテレビもつけず、とにかく机に向かってテキストを開きます。眠くてもまずは勉強しようとしてみることから。どうしても目が開かないときはシャワーを浴びました。はじめはボーっとしているけれど、字を追っていると頭が働くようになっていきました。
朝早いと、自然と夜は眠くなるので、夜の勉強が終わるとすぐにぐっすり眠ることができました。

これで朝の勉強時間を90分確保しました。夜の90分2セットと合わせて、平日4.5時間の勉強時間です。それまでは1日なんてあっという間で、勉強する時間なんてないと思っていたけれど、やる気になればこんなにたくさんの時間が生まれるんです。

朝の時間については、最初は自宅での勉強を習慣にしたのですが、そのうちに会社の近くのドトールで勉強することが多くなりました。理由は、早い時間は電車がすいていて、移動時間でもテキストを読めることに気づいたのと、家でやるより緊張感があること、会社に行くぎりぎりまで勉強できることです。

ちなみに、週末も同じ時刻に起きるように心がけました。せっかくの習慣が、週末ごとに乱されるのは良くないと思ったのと、週末だからと朝寝してしまうと、結局勉強時間が減ってしまうから。
ただ週末だけは、どうしても眠ければ少し昼寝もしました。もちろん、夜はいつもと同じくらいの時間に寝るようにして。一度自分のルールを決めてしまえば守るのは簡単で、逆にそれ以外の時間は自由という考えになります。

行政書士の勉強をしているということは、そんなに多くの人に話したわけではありませんが、それでも、「そこまでして…」という人もいました。確かに私自身、独学で勉強していたときには、ここまで時間を割くようになるとは思っていませんでした。
でも、絶対に合格したかった。人生にはメリハリが必要なんだと思います。だらだら過ごしていた日々だって、もちろん楽しかったんです。でもこの時は、行政書士になりたいという気持ちが強かったので、自分の時間が勉強一色になっても苦になりませんでした。

効果的な勉強法とは

私の場合、決めるのは苦手だけれど、順を追って調べたり、一度決めたことをやりきったりする力はあったみたいです。勉強時間の管理もかなり細かくできました。

勉強法についても同じで、私が利用したフォーサイトではカリキュラムの他に勉強法も紹介していたから、自分の時間と組み合わせて考えてみました。
すると、勉強は私の中で4つのパートに分かれました。
学ぶ、覚える、確かめる、過去問、の4つです。

行政書士の試験は、60%得点すれば合格できます(かつ各科目60%以上の得点が必要です)。
フォーサイトによると、要点をまとめた基本的な知識だけでも60%を狙えるということでした。だから、たくさんの難しい例題を解く勉強法はムダなこと。
独学だとどうしても問題集をたくさん解くことばかりに目が行ってしまいます。私の場合はそれで失敗していましたので、今度はフォーサイトを信じて手元にある教材を徹底的に頭に入れていくことにしました。フォーサイト以外の教材は使わないことにしました。当然のことながら、フォーサイトの教材は、フォーサイトのカリキュラムとセットになっているので、順番どおりに進めれば良いし、進捗状況もわかります。

フォーサイトの教材には、テキスト、DVDとCD(講義が収録されたもの)、過去問対策、がありました。そのほかに、確認テスト。
テキストは要点が凝縮されたもので、そんなに厚くありません。独学で必要になる分量とはもちろん、他社のものに比べても薄いと書いてありました。

資格試験で大事なのは合格することです。行政書士として専門家になるのは、そのあとで良い。だから、勉強法全体にいえることだけれど、試験で60%取れるだけの知識と解答力があれば良いんです。というよりも、それこそが大事。フォーサイトの教材は、数ヶ月かけて勉強することを考えると、少なく見えるくらいでした。でも、独学のときと違って、そこに書かれていることは全て重要だと思え、密度が違うと感じました。

私が考える勉強法で重要なことは、こつこつと、完璧に、着実に、システマティックに進めていくことです。そして、できる限り時間を有効に使うこと。この部分は、勉強法の基礎となるので、自分でやらなければいけません。フォーサイトがやってくれたのは、的確にどの勉強をどのタイミングで行えば良いのかという指示でした。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

通信講座学習法

私はフォーサイトという会社の行政書士講座を受講しました。教材も、カリキュラムも、考え方も、他社と比較して良いと感じたからです。通信だけど、メールを使って質問できるのも良いと思いました。
結果的に無事合格できました。だから、私にとっては良い選択だったと思っています。

これから行政書士の勉強をする人に、フォーサイトってどう? と聞かれたら、オススメだと言います。
そして、一言注意すると思います。フォーサイトを信頼して、教わったとおりに勉強を進めるようにしたほうがいいって。フォーサイトは、単に教材を販売している会社ではなくて、教材の中に、勉強のやり方、問題の解き方、戦略の立て方、モチベーションの保ち方、時間の見つけ方など、いろいろ含まれていました。フォーサイトそのものが先生のようでした。行政書士試験のために出会った講座ですが、学んだことは一生ものの経験となったと思います。

学費も高くないし、コストパフォーマンスも良いと思います。もちろん一番コストをおさえられるのは独学ですけど、私にはそれでは合格は無理でした。通信講座受講と独学は、1人で勉強するという点においては共通しているものの、通信講座なら、カリキュラムがあり、フォロー体制がありますから。今ならはっきり言えますが、通信講座の学費はそのためのコストと考えれば、ケチるほうがおかしいものです。

行政書士の勉強は、かなり地道な作業です。練習してテクニックを磨いたり、ディスカッションしたりなど、そういうアクティブなことは何一つありません。だから、勉強法も地味だし、通信講座の勉強法でも地道なことを根気よくやりぬくことの大切さを教えてくれます。

ただ、何が重要かもわからず、独学でひたすらやり続けるのではなく、重要なことを効率よく学ぶ方法を提供してくれるのは通信講座の強みですね。フォーサイトの考え方と教材がマッチしているから、結果的にトータルにサポートされたことになるんだと思います。

行政書士の通信講座勉強法は、良い会社の講座に出会い、その会社を信じて学習を進めるということです。
私にとってはそれがフォーサイトでした。
私はフォーサイトのおかげで行政書士に合格できたと思う。もちろん元彼への恨みも強かったんですが(笑)そんなもの、3度目の試験ではほとんど残っていませんでした。

今はまだ行政書士としてやっと一年たったところです。まだ自宅で仕事をしているけれど、ゆくゆくは事務所を構えたいと考えています。行政書士仲間とそんな夢を語っているところなので、自分の力でどこまでできるか、まだわかりません。これからの努力次第だと思っています。
資格試験を経験して、わたしは強くなりました。自分のことが情けなくて好きになれなかったときとは違います。自信もつきました、これからも勉強して、前に進んでいけると思っています。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

こうすれば合格できる! 私が成功した勉強法

私は行政書士の勉強を始めて2年間、多くの時間を費やして、猛勉強したのに合格できませんでした…
なんで独学では合格できないのか…
私はその原因を調べました。

主な原因は以下の3つ。

  • 参考書が多すぎて要点がわからない
  • 疑問点の解決に時間がかかる
  • 試験の傾向や分析ができない
私が2年間で購入した参考書や過去問題集は20冊以上にもなりました。
とにかくいろいろな参考書を読み、すべての情報を頭に叩き込むことが必要だと思っていたんです。それが逆効果になって、試験に出る重要点がどこかわからず、ただ時間だけ使って勉強していたのでした。
これは勉強する道案内が必要なんだ、間違った道を進んでしまうと、いくら時間をかけても合格なんてできないんだ。そう思って、独学での挑戦を諦め、通信講座を受講することに決めました。

そこで私が選んだのがフォーサイトでした。
フォーサイトの教材には、テキストやDVDなどのほかに「戦略立案編」という冊子が入っていました。
これは、合格=ゴールに向けて戦略を練る⇒学習スケジュールを立てるためのもの。この冊子を参考に、まずは道筋を定めました。
そして次にテキストを見ると、今まで私が参考書で見た内容がたくさん出ていました。きちんと覚えられてはいないけれど、見覚えのあるものばかり。でも、これまでの参考書と明らかに違うところは、試験で出る要点のみが載っているところでした。広く浅く学習していた私にとっては、どの部分も見覚えはあるものの、頭に入っている要点はありませんでした。

私はその要点を過去問と共に繰り返ししつこく復習していきました。そして、試験1ヶ月前の模擬試験では、
合格ラインを突破!
独学で勉強した2年間とは比べものにならないほど、自信を持って試験に臨むことができました。

結果は、もちろん合格!
ようやく3年間の苦労と努力が報われ、私は31歳にして、人生で初めて達成感を味わうことができたのです。
Kさんとの恋愛、同僚の裏切り、婚約破棄など、この5年間には本当に辛いことがたくさんありました。そして私自身も未熟でした。
でも、行政書士試験に合格し、自信が持てたことで、それからは過去は振り返らず、前向きに進んでいます。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

行政書士試験の勉強のコツ

行政書士に合格したいと思うなら、通信講座を受講する方が良いと思います。
独学よりも多少お金は余計にかかりますが、それで行政書士に合格できるなら十分に元は取れると思います。

それに今の通信講座は、通信専門校の講座ならば、5万円くらいで受講でき、講義・テキスト・問題集が含まれていて、さらに質問対応などもしてくれるので、安いものです。
それよりも、5万円くらいのお金を出し惜しんだことで、何年間も自分の大切な時間を浪費するほうが、結局はずっと高く付くと思います。
結局のところ、通信講座というのは、お金を出して時間を買うようなものです。
そのことを分からず、独学で頑張ろうとする人が多いから、行政書士に合格できないのです。

では、どのような行政書士の通信講座が良いのか。
基本は、全ての教材が揃っていて、できるだけ安いところが良いでしょう。

誤解のないようにあらかじめ言っておきますが、高ければ良いものであるという一般論は、通信講座の世界では通用しません。
なぜなら、受講料が高い通信講座でも、通学の教室を抱えている会社のものなどは、その費用を通信講座の受講者も負担することになっているからです。

では、全ての教材とはどういうものなのか。下記に上げてみます。

  • 講義が付いている(DVD、CD、WEBで視聴できる)
  • テキスト(フルカラーである)
  • 問題集が付いている
  • 質問に対応してくれる
  • インターネットの学習システムが付いている(E-ランニング)
最低でも上記の教材がすべてそろっている通信講座を受講して下さい。
そして、できれば通信講座専門の学校を受講するのがおすすめです。

なぜなら、通学を基本としている学校の通信講座ですと、教材の作りやカリキュラムが通信向きでないため、挫折する可能性が高いからです。
例えば、白黒のテキスト、教室講義をそのまま撮影した講義、試験の全範囲を学習するカリキュラムなどです。
そして何より、教室を抱えているため、受講料が高くなります。

行政書士を通信講座で勉強される方は、上記のポイントをしっかりと守って下さい。
それが通信講座で行政書士に合格するコツです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら