‘通学’ タグ

予備校に通学するべきか

行政書士の試験を受けるに当たり、予備校に通学するべきか迷うところだと思います。
受講料が高い上、時間も拘束されるので、リスクも非常に高いので迷ってしまいますよね。それでも確実に合格する可能性を上げたいのなら、予備校も検討してよいと思います。

ただし、予備校が行っている通信講座は避けたほうが良いと思います。予備校を受講するなら、必ず通学して、生の講義を聞かなければ効果が薄いと思います。

というのも、予備校は通学の生徒を合格させるノウハウがあっても、通信の生徒を合格させるノウハウはないからです。なぜなら、予備校は講義が中心となり、多少教材が悪かったとしてもそれで成り立ってしまうので、教材の質がそれほど高くないのです。
例えば、テキストは白黒で文字が中心となり、DVD講義にしても撮影方法が悪く、それを長時間見て勉強することは困難です。

さらに受講料は通学と同等の金額設定をしているので、通信講座専門の学校と比べ、非常に高くなります。
これにも理由があります。予備校というのは学校を持っていて、しかも駅前の好立地にあるので賃料が高く、講師も常駐させなければいけないので人件費もかかります。そうなってくると、通信の受講料を安くしてしまえば、そちらに生徒が流れ、通学してくれなくなり、経営が成り立たなくなります。だから受講料が高いのです。
一般的には、高ければ良いもの、安ければそれなりのもの、というイメージがありますが、資格学校の世界ではその常識は通用しないようです。予備校を利用する場合は、必ず通学しなければ期待するだけの効果はありません。

また、もう一つ注意してほしいのが、生の講義を聞けるかということです。
学校や通学する時間帯によってはビデオ講義しか受けられないところもあり、それでは高いお金を払って通学している意味はなくなります。
必ず、受講する前に生の講義が聞けるか確認して下さい。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

行政書士試験の勉強はどのようにすればよいですか?

行政書士試験の勉強は、教育機関(通学、通信)を使うか、独学か、2つの方法があります。

教育機関を使う場合は、通学の講座を受講するか、通信の講座を受講するか、いずれかだと思います。
通学は、時間が拘束される上に受講料が高いので、最近はあまり人気がありません。通学しないと合格できないというほどの試験ではないことも理由です。
一方、通信については人気が高まっています。通信といっても学校なので、優良な教材が手に入るという通学同様のよい部分をそのままに、時間は自由、受講料も手頃という、通信のメリットがウケているようです。
独学でも合格できる人が少しだけいます。実は私の周りには一人もいないのですが、勉強を始める前にインターネットで調べたときには何件か口コミを見つけました。世の中には皆無ではありません。

でも、行政書士仲間同士で話をすると、独学で挑戦してだめだったから学校に行った(もしくは通信講座を受講した)という人がたくさんいました。
私もそうでした。独学ではまったくどうしようもなくて、通信講座で勉強しました。そのため、私のおすすめと言われると、通信講座になります。

受験される方の立場にもよると思うのですが、わたしの場合は会社員でした。
仕事をしながらの勉強は、かなりきつかったです。でも、通信なら勉強時間が固定されないので、自分なりのルールで勉強を進めることができました。
通学講座も少しだけ検討してみましたが、通うことが続けられないだろうと思い、断念しました。
独学は、私には無理でした。独学で合格を目指すのは、ずいぶんな遠回りになるような気がします。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

無理なく最後まで続けられる勉強法が最良

行政書士を目指している人たちに、効率の良い勉強法ってどういうものでしょう、と聞かれることがあります。
そんなときに私が答えるのは、無理なく最後まで続けられるやり方が一番、ということです。
答えになっていないのかもしれませんが、つまりは合格するまで続けられればいいんです。とはいえ、私の場合は独学で二度失敗しているので、その間は決して効率よく勉強できてはいなかったわけです。やはり資格の勉強って、合格してからが本番ですから、効率よく勉強したいですよね。

勉強法を大きく分けると「独学」「通学」「通信」という3つが定番です。
「独学」は孤独に耐えながらコツコツ合格を目指す勉強法。
「通学」はみんなで机を並べれば、何となく上手くいくと思い込んでしまう勉強法。
「通学」はほどよくリラックスしながら、マイペースで合格をつかみ取る勉強法。

かなり私情を挟んでいますが、どれも経験したことがある私の感想です。

「独学」はキツイです。
怠け者の私には無理でした。早朝に勉強を1時間、お昼休みに30分でも勉強。帰宅後は頑張って2時間は勉強時間を確保するはずでした。が、早起きは大の苦手で、お昼は少しでも休息したい。夜はついテレビを観てしまう。ならば休日にまとめてやればいいや、と思ったら、友人たちの誘いを断れず、という状態になってしまいました。そのままいつのまにか試験がどんどん近づいてきて…というのを二度もやってしまったんです。
しかも、勉強時間が取れない(取らない?)ことよりも、テキストや問題集が選べないことの方が問題でした。本屋さんに行けば参考書も問題集もたくさんあります。でも、どれを使えばいいのか判断できないのです。
どれも一緒、と言われるかもしれませんが、1つだけは選べないし、そんなにたくさん選んでも手が回らなくなるだけだし…
「独学」がいいのは、お金がかからないことでしょう。教材を購入しても、数万円で済むはずです。計画性があり、周りに流されない意志の強い方、そして自分でテキスト選びができる方なら、大丈夫なんだろうと思います。

私は独学で失敗して、通信講座でやり直すことに決めました。
テキスト類は届きますし、学習スケジュールも立ててもらったようなものです。勉強を進めていく間も、さまざまな情報が届くので、孤独感はまったくありませんでした。マイペースでできたのが良かったです。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

通学と通信を比べてみたら

行政書士の資格を目指し、準備を始めました。
勉強法はいろいろあると聞いていたので、まずは試してみることに。
最初は「独学」でしたが、結果は失敗。私には合っていませんでした。

次に考えたのは「通学」です。
専門学校(予備校)に通えるなら、一番効果的に学べると思ったのです。時間的に仕事との兼ね合いは難しそうだという印象はありましたが、講座が開講されている学校があったので見学をお願いしました。

仕事を早めに切り上げ、緊張しながら教室を覗いたのですが。期待はずれというか、こんな感じなのかなと少しがっかりでした。緊張していのは私だけで、講師が一方的に話しているだけという雰囲気。淡々と講義は進み、終わったら皆がそそくさと帰宅して行きました。
その後、担当者から熱心に勧められたものの、あまり前向きな気持ちにはなりませんでした。しかも、資料にあった受講料は予想以上に高かった。もちろん、自分にしっかり勉強するという気概があれば問題ないでしょう。直接講師と話せますから、質問もその場でできます。ただ、決まった時間に通うことは難しく、受講料のことを考えると二の足を踏んでしまいました。
仲間がいれば励まし合えるとも考えましたが、残念ながらそういう雰囲気は期待できない印象でした。 

そして、最後に望みを託したのが「通信」。ちょっと大げさですが、私には切実な問題でした。独学では挫折して、通学は無理そう、もう通信しかないのかな、という気持ちです。
仕事をしながら資格を目指す場合、短時間で効率良く、メキメキ実力が付く勉強法が何よりですからね。実は、資格を持っている人たちにも「通信」がいいとアドバイスを受けていました。
ただ、TVコマーシャルや雑誌広告などで目にしていた通信講座がどうもイメージ先行という気がしてしまって、熱心に調べていなかったんです。資格を目指すのは自分の一生にかかわることですから、カッコいいとか楽そうというだけでは済まないと意識していましたので。

ところが、フォーサイトのことを知ってから、「通信」に対する考え方が変わりました。
広告を観たことがなかったので、きっかけは口コミ。何人もの合格者と出会いましたが、フォーサイトがいいよ、と聞くにつれて自分も通信講座で頑張ってみようかなと思ったのです。
漠然と「通信」なら勉強できるだろうとイメージは膨らみましたが、知れば知るほど自分に合っていると確信し、フォーサイトの通信講座を受講しようと決めました。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

独学でも受かるという話もありますが…

行政書士試験の難易度は、(見方によって変わりますが)総合的に見れば、高い方だと思います。
試験内容や勉強する範囲を知れば知るほど、行政書士の試験に受かる自信を持てなくなる人が増えるかもしれません。よく出る質問に、「どんな勉強法が良いのか」「独学で受かるか」等があります。
実際のところ、行政書士の試験では、独学はおすすめしにくいと思います。私が独学で失敗したからというわけではなく(笑)
まず、独学以外の方法から行政書士になりやすいかどうかを探っていきましょう。


■いちばん無難な勉強法「通学」
もともと、行政書士の勉強内容には疎い人のほうが圧倒的に多いわけです。そんな人のためにこそ、学校があるともいえます。
多くの人たちに確実におすすめできるのはやはり学校です。アンケートを現役の行政書士に取ったら、独学ではなく通学や通信をすすめる声が多いはずです。きちんと勉強できるイメージがありますし、実際に用意される授業内容に不足はないでしょう。
学校の問題は、誰でも行けるとは限らないことです。自分の行動エリアに良い学校がないという人は多いでしょう。それに、費用はかかります。時間的にも、通学に必要な時間の他、講義に合わせなければならないというスケジュールの問題もありますね。


■通学よりもリーズナブルな「通信」
学校よりも広い範囲の人におすすめしやすいのが通信教育です。
通信教育は、学校に行けない人にも、学校に匹敵するレベルの指導を提供してくれるサービスです。時間や費用の面では学校よりずっと融通が利きますし、独学よりはるかに勉強が進んでくれます。専門的な指導を受けながらDVDのような教材で耳や目を通して(ほとんど学校と同じように)勉強できることも多くなりました。


■一番費用対効果が高そうな「独学」で行政書士を受ける是非
通学に比べたら、通信教育は(販売元によりますが)高い出費になるわけでもなく、事実上好きなときに勉強ができる方法なのですが、もちろん独学のほうがもっと安くすみます。
ただ、独学の場合、誰にも教わらずに、すべて自分の力だけで合格しなければなりません。

これは正直なところおすすめはできません。今まで独学で受かった人たちにも会ってきましたが、やはり「他の法律の資格の勉強をした経験がある」という例が多く、最初からすべて独学で、という私のようなタイプでは郷学例を見たことがありません…私だけが勉強できなかったわけじゃないんですよ、やっぱり独学で行政書士に受かるのは至難の業だったんです。
私の意見ですが、結局独学で受からなければ時間も無駄になりますし、一時的にお金はかかってもプロの教えにしたがえば効率がまったく違います。私のように二度も独学で失敗することを思えば、通信講座にかかる費用なんて大したものじゃありません。

どうしても独学で挑戦したいという人は、学校や通信講座のカリキュラムを参考にしてスケジュールを組むべきでしょう。勉強そのものは一人でできても、カリキュラムの面まで自分で考えるのは大変ですから。そして、うまくいかなくなってきたら通学や通信が提供している教材や講座を利用していくような、柔軟な独学をする方向で行政書士の勉強に打ち込むべきでしょう。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

短期合格を目指すなら通信講座!

短期で合格したいのなら、通信講座が一番のおすすめです。

通学は、確かに確実に実力をつけていく勉強をする事はできるのでしょうけれど、その一方で受講料が非常に高くなってしまいます。一見それほどでもなさそうでも、細かい講座がたくさん用意されているので、順番にひととおり受けると、結局は20万円くらいにはなってしまうという印象です。
それに、授業の時間に学校に行かなければならないので、時間が指定されてしまいます。拘束時間が生まれるのは、働きながら勉強しようという人には大きなマイナスになってしまいますね。

一方、通信講座は受講料が5万円前後で、テキスト、問題集、質問受付など、必要な教材をそろえることができます。カリキュラムも用意されているので、効率的な勉強法も指導してくれますし、さらに現在は、DVDで講義を視聴することもできるので、もうあまり通学と変わらない質になっています。

もちろん通信講座にも欠点があります。
よく言われるのは、モチベーションが上がらないということです。
確かに通信講座は一人で勉強していくので、独学と同じになってしまいます。通学のように、互いにモチベーションを保つ相手がいません。

しかし、モチベーションが上がらない一番の原因は、相互関係ではなく、勉強がわからないからでしょう。
勉強はわかれば楽しいのですが、わからなくなることで楽しくなくなり、やる気も失せます。
私もそうでした。独学で勉強していたときには、テキストだけの勉強で法律を理解していくので、とても難しくなり、それでモチベーションが下がっていきました。

でも、私が受講した通信講座では、テレビ番組のような見やすい画面でDVD講義を視聴できたので、勉強がわかりやすくなっていて、理解も深まるし、DVDなので何度も見返す事もできて、復習にも便利でした。

通信講座は駄目だという人がいますが、それは通信講座選びに失敗している人なんだろうと思います。
例えば、私が二度の独学での失敗の後で受講した、フォーサイトという通信講座専門の学校があります。
ここなら、DVD講義やCD講義など講座内容が充実していて、価格も5万円くらいです。
このようなしっかりした学校のものなら、通信講座も大変良いものだと思います。


>>独学で失敗した私が合格した通信講座

通学講座に通う必要はあるか

ここまでは、DVD講義を使い、通信講座で勉強することを仮定して話を進めてきましたが、DVD講義を使わなくても、資格学校に通学できればライブの講義を聞くことができます。
私も通学講座を検討して、見学に行ったこともあります。では、行政書士の勉強をする上で、通学講座は効果的なのか説明してみたいと思います。

行政書士に合格するため、一番早い方法は通学講座だと考えている人も多いと思います。
それは私も否定しません。実際にそうかもしれません。
通信講座と比べても、ライブで講義が聞けますし、疑問があった場合にもその場で解決できるメリットがあります。

しかし、資格学校の場合、学習塾のようにいかない欠点があります。
それは、実際に開講しているのは都心だということです。

学習塾だと東京に限らず地方でも有名な学校は多数あり、住宅地にも点在しているので、地理的な欠点は少なくなっています。しかし資格学校の場合、ほとんどは都心に集まり、地方で開講していることは少ないようです。
地方では学校があったとしても、講師がいないので、ビデオ講義を行っているところもあります。実は都心でも、時間帯によってはビデオ講義になっている学校もあるようです。
それなら、高額な受講料を払って通学しなくても、ハイビジョン撮影して映像のノウハウがある通信講座を受講したほうが良いだろうということになりますよね。

また、社会人などは、時間的な都合で通学できないケースも考えられます。
例えば、通常の会社員が帰社できるのは、早くても19時くらいだと思います。そこから移動時間や準備を済ませて、学校で勉強できるようになるのは20時位ではないでしょうか。
その時間帯に開講している学校は少ないので、なかなか授業にでることができません。
受講料が20万円ほどという費用面もデメリットでしょう。


確かに通学講座を利用すれば、勉強の効率を上げる可能性も増えますが、本当に自分がかけるお金と時間のコストに見合った成果を得ることができるか、しっかり計算してみなければなりません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

行政書士をスクールで勉強することの真実

通学するタイプのスクールでの勉強も、行政書士試験のための一つの道です。

通信講座と同様、スクールに通学して受講する場合にも、重要なのは学校選びです。
ただ、スクールの場合、外からでは善し悪しが判断できないので、良いスクールの見分け方を説明できません。
スクールを受講される方は、体験入学をして、スクールの雰囲気を確かめて下さい。

そして、スクールを受講する方に理解して欲しい事があります。
それは、行政書士に合格するためには、スクールでの勉強だけではなく、自宅でも勉強しなければいけないということです。

スクールに受講しただけで合格できると思っている方がいます。
それは誤解です。
スクールは、あくまでも基礎知識や学習ポイントを教えてくれる場所です。実際に力をつけるためには、スクール以外でも自分で勉強しなければなりません。

学生時代を思い出してもらえば分かると思いますが、学校だけの勉強では足りません。自宅でも勉強しなければ、高校や大学に合格できなかったと思います。

資格の勉強は受験勉強と変わりありません。
なぜだか、多くの方は、資格試験は別だと感じてしまうようです。しかし、資格の勉強も非常に大変です。
特に行政書士試験は、かなり難易度が高くなっています。
決して、行政書士の勉強を軽く見ないでください。

中には、インターネットの信憑性のない情報に惑わされて、簡単に合格できると錯覚してしまう人がいます。
例えば、質問サイトで、私は行政書士に独学で合格できたので、あなたも簡単にできると言われれば、そう思い込んでしまうのです。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。通信講座やスクールが必要になります。
なお、現在では、高いお金を出してスクールに通学するより、自宅で講義が見られて、質問にも答えてくれる通信講座のほうが人気が高まっています。

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら