‘難易度’ タグ

行政書士の試験はどんなものですか?難しいですか?

行政書士の試験の概要は下記の通りです。

受験資格:年齢、学歴、国籍等に関係なく、誰でも受験することができます
試験日程:11月第2日曜日 午後1時~午後4時まで
試験科目:法令等(46題)→択一式と記述式、一般知識等(14題)→択一式
合格基準:法令等46問244点満点中122点以上/一般知識等14問56点満点中24点以上/合計60問300点満中180点以上
試験場所:全国 (http://gyosei-shiken.or.jp/shiken/siken_place.htm参照)
申し込み:郵送またはインターネット。受付期限は8月末頃
受験料 :7,000円
合格発表:1月下旬頃


行政書士試験の合格率は下記の通りです。

平成16年度 → 5.33%
平成17年度 → 2.62%
平成18年度 → 4.79%
平成19年度 → 8.64%
平成20年度 → 6.47%
平成21年度 → 9.05%
平成22年度 → 6.60%
平成23年度 → 8.05%
平成24年度 → 9.19%
平成25年度 → 10.10%


行政書士試験は、少しだけ記述式問題がありますが、ほとんどが択一式問題で、内容は法律知識を問われるものです。行政書士が扱う書類の数は1万種類以上にも及ぶといわれていますが、書類作成の方法を学ぶわけではありません。あくまでも、法律を学びます。ですから、暗記が多いですよ。

択一式問題は、シンプルに○×を問うものもありますが、「正しいものの組み合わせはどれか」「間違っているものはいくつあるか」など、正解がひとつわかっただけでは解けないような問題も多く含まれています。大雑把な知識ではなく、細部まで正確な知識が要求されます。
過去問を見てみると早いですね((http://gyosei-shiken.or.jp/mondai/index.html)。

行政書士試験の難しさについては、大きく見ると難しい試験だと思います。
他の国家資格との比較では、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、弁理士、社労士よりは容易、宅建、ファイナンシャルプランナー(FP)よりは難関、そんな位置づけです。

法学を学んだことのある人は、あまり難しく感じないかもしれません。でも、まったく法律に接したことのない人は、はじめのうち戸惑うでしょう。
「法律とは?」みたいなものが理解できるようになれば、だいぶ楽に勉強を進めていくことができます。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

行政書士には法律の素人でもなれるんです

行政書士の試験問題は、やはり難易度が高いです。しかも取り扱われる範囲が広いですから、私のように法律になじんでこなかった普通の人たちにとっては、ひたすら「ハードルが高い!」としか感じられなくても無理はありません。
でも、合格しなければ行政書士になれません。
そして、行政書士の試験に合格しているのは、法令に通じている人たちばかりでもありません。行政書士を目指すと決心するまで、法律に目を向けたことがなかった人たちもいます。


■行政書士試験に受かる能力とただ深い知識・理解との違いに留意する
「法律を詳しく勉強して深い理解を得る」ことと、
「行政書士の試験に受かる能力を得る」ことは、実は完全にイコールだとはいえません。
「すごくまじめに法律を勉強しない合格しない!」というわけでもないのです。
(念のためにつけ加えますが、ただ「試験に手っ取り早く受かる方法を探そう!」と促しているわけではありませんからね!)

言い直しますと、「まじめに勉強していれば受かる」のでもありません。
実は、法律に関する国家試験はいずれもそうなのですが、テキストや法律の条文に書かれていることをただ熱心に読んで、じっくりと理解すればそれで良いというわけでもありません。
実際に各法令が条文通りに現実の社会で適用されているとも限りませんし、できるだけ深く理解しようとしていると時間が足りなくなります。


■行政書士の試験ではテキパキとした判断と解答が必須である
法令の記述式の問題のように、正確に書かないといけない問題も毎年出されています。そういう問題では、法令に書かれていることを忠実に勉強することも大事なのですが、選択問題を解くときには、よく読んで完全に理解してから解答するような時間はありません。

「次の記述の中で正しいものはいくつあるか」
「次の記述の中で誤っているものはどれか」
なんて問題を、試験本番ではたった数分で解かないといけないため、すばやく判断を下す能力が必須になります。


■行政書士試験は素人でも、的確なアドバイスを受ければ合格可能
行政書士の試験は確かに難しいものですが、過去の試験問題を研究するなどして手際よく解く能力を身につければ、法律の素人だった人でも十分に受かるものです。
私もそうでしたが、やはり素人が行政書士の試験を受けるなら、試験に関するアドバイスを綿密に受けることも意図して、評価の高い通学や通信の世話を受けたいですね。



>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

合格法は確立されています

行政書士の難易度を考えるにあたって、合格率や見た目の難しさにとらわれていてもよくありません。
しかし、行政書士の資格に関心を感じても、具体的な勉強をやる前にあきらめてしまう人も多いそうです。
テキストや問題集を開けてみて、「そこに並んでいる項目に関心が持てない」または「難しそうでついていけない」なんて理由であきらめる人もいるでしょう。


■行政書士試験の難易度は高くても、あきらめる必要はなし
確かに、実際にやることを見て、自分にできそうか判断するのは大切です。ただし、すべての人にとってそれが正しい判断方法だとはいえません。本当は受かる素質があるのにあきらめてしまう人もいるからです。

行政書士の試験問題の難易度を高くしてるのは、いろいろな要素がありますが、普通の人にとって試験問題や法律用語に馴染みがないことも大きいでしょう。
「大学で法学部専攻だった人」「法律事務所で働いた経験がある人」といった特殊な事情のある人を除外すると、最初はなかなかスムーズに入り込めなくても不思議ではありません。


■なぜ行政書士の試験問題は難易度が高そうに見えるのか
行政書士の試験問題は次のようになっています。

法令に関する問題:憲法、民法、行政法、商法、基礎法学
一般教養に関する問題:政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解
忘れてはいけないのは、平成17年度までは「法令に関する問題」に入っていた行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等…も、「一般教養に関する問題」として出題される可能性があることです。

こうしてみると、行政書士の試験問題は「難易度が高い」「親しみが持てない」という点もあるでしょうが、「勉強しないといけない範囲が広い」ことが一目瞭然ですね。
特に法令に関しては、こんなにたくさんの法律を勉強しないといけないのかと思うと気が遠くなってくるかもしれません。法学部等の出身者でもそれは同じでしょう。


■行政書士試験の難易度は高いが適切な勉強法を教われば可能性はある
しかし、現役の行政書士も最初から抵抗を感じなかった人ばかりではありません。
むしろ、プレッシャーを感じた人のほうが多いでしょう。
それでも、最初はテキストを読んでもほとんご頭に入ってこなかった事柄でも、正しい勉強法を続けることで、だんだんと順応し、試験で使えるレベルの知識に変えることはできます。多くの行政書士はそうやって受かってきたはずです。自力でそれを達成するのは難しくても、良い講師のいる学校や通信教育に頼れば、試験の難易度に圧倒されずに行政書士への道をうまくたどっていくことも不可能ではありません。


>>圧倒的な合格率を実現する勉強法

通信講座ランキング

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
私が実体験から選んだ
合格できる通信講座
ベスト3
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

【No.1】フォーサイト
◆カリキュラム・教材とも質の高さNo.1!
◆その結果の合格率の高さに注目!
◆コストパフォーマンスも人気の理由!

⇒無料資料請求はこちら
【No.2】TAC
◆豊富な教材と丁寧なカリキュラムが特徴!
◆学習量は多いが着実に合格に近づけるカリキュラム!

⇒無料資料請求はこちら
【No.3】LEC
◆授業料は高額だが、充実の講師陣とサポート体制が売り!

⇒無料資料請求はこちら